<   2006年 10月 ( 23 )   > この月の画像一覧

コストコ買出しと、ホームセンタームサシ

日曜日は、冷蔵庫がすっからかんなのに気づき、定例の買出しにコストコまで行ってきました。

紙皿に大きめのピザの一片が乗っています。かなり大きいです。その上には厚手の紙コップにクラムチャウダーがたっぷり入っています。クラッカーもついています。。 着いてまず最初に腹ごしらえ
 いつもはホットドッグなのですが
 ちょっと飽きてきたのでこの日はピザ
 私はペパロニ、旦那様はコンボで
 クラムチャウダーだけは外せません
 これは飽きることなくご注文♪
 やっぱり美味しい。
 あさりが大きめで美味しいのです。
 定番の食材を買い込んで昼には
 ここを後にします。
 あまり遅く来ると混んで大変なんです
 朝一番に滑り込むのがコツ?ですね

買出しを終えて、ちょっとのんびりしたら、旦那様が障子を張り替えるとか言い出しました。
なんでまた?とか思ったら、お客様をお泊めすることになったから・・・・。やつも客か!?とか思った
けど、やる気になっているのでそっとしときました。
旦那様曰く、「若いお嬢さんをお泊めするのに、部屋がバッチーと可愛そうだ」とのこと。
たぶん、そう若くもないし、ましてや「お嬢さん」などという言葉に不似合いな・・・・以下省略。
まあ、私としては綺麗になることに異存はないので、ついでに襖の張替えもお薦めしといた。

そうとなれば早速見に行かねばということで、ホームセンタームサシへと再びお買い物へ。
ケーキが3つ。ひとつはシュークリーム、ひとつはスポンジ台に乗ったクリームと果物がたっぷり、そしてもうひとつは、チョコ色のスポンジの角切りと生クリームがひとつに纏まっています。 途中、パティスリーむらかみという
 お店の前を通りがかり、つい衝動買い
 シュークリームのカスタードクリームの
 ボリュームが物凄い。でも甘くないので
 入ってしまいます。
 後で調べたら、ここの定番ケーキは
 全部外して買って来たようなので
 ここはまた後日リベンジしたいと
 思います♪





で、ホームセンターでは、やたら道具にばかり目が行って・・・障子専用カッターとか、糊剥がしに
障子専用定規などを物色、いや私じゃなくて旦那様がです。
これじゃあ、材料代が嵩むばっかりだ!!道具じゃなくて、腕でやってくれーい!!とか叫びそうに
なりました。でも、うっかり妙な口を挟んで水を差すと、高まった士気もぺしゃんこになる恐れがある
ので、じーっと我慢の良い妻を演じ通しましたとさ。
帰り際にウロウロしてたら、裏を剥がして敷くだけの床材が売っていたので、ちょっと汚れの目だって
きた台所の床に貼り付けようと、それも購入。
いきなり我が家はリフォーム熱?が吹き荒れています。こういうことってやりだすと止まらなくなる
のよね~。ということで、本日私は腕が痛いです(笑)
でも台所の床は、綺麗になって気分の良い私です。もっと早くすれば良かった~♪


↓ ちゃんと続くのであります。

昨日と、一昨日夜の晩ご飯&それ以前のもね
by mamicha2 | 2006-10-17 18:55 | 日帰りお出かけ | Comments(7)

うどん専門店、小麦の実り

毎日がバラ色? バラ色!」のsettuyaさんが紹介していた、うどんを眺めていたら、どうしても
それが食べたくなってしまいました。
ネットで検索してみたら、この「小麦の実り」というお店は、なん店舗かあるようです。
うどんやさんの外観。うどんという大きな看板と、メニューが置かれていています。店の入り口には真っ赤な小さな暖簾が。屋根の部分は黒く塗られていて、小麦の実りという白い文字が貼り付けられています。 他の用事にもかこつけて、甲南店へ
 土曜日行ってきました。
 少し時間はずらして行ったのですが
 満員で外で待ってました。

 お店の裏に駐車場があって、8番が
 このお店の駐車場なのですがなんせ
 一台分のみ。
 空いてたらラッキーでしょうかね。
 隣にコインパーキングがあったので
 車はそこへ突っ込みました。

 やっと席が空いてワクワクしながら
 お店に入ります。
 カウンターのみのお店のようです。




黒い大きな器に、真っ白なうどん、大根おろしにゴマ、ネギ、レモンが入っています。その上には大きなエビが二本、尻尾を上に立ってます。大葉と芋の天ぷらも。  このお店の「名物」とメニューにも
 書かれているぶっかけ天を注文
 これ、天ぷらが実に美味しい♪
 まるで天ぷらやさんの天ぷらって感じ

 サクサクッとして、歯ごたえ抜群です
 うどんも、しっかり腰があるのに
 もちもちっとして、讃岐うどんはちょっと
 という人にも美味しく頂ける麺だと
 思います。
 案の定、我が家の旦那様は絶賛♪
 具と出汁と薬味とのバランスが最高
 天ぷら最高!900円。


澄んだスープの中に程よい太さのうどんが。かまぼこと、青ネギが浮かんでいます こちらは旦那様オーダーの
 温かいうどん。
 牛すじ煮込み丼とのセット700円
 いつも私はつめたいぶっかけを注文
 旦那様は、うどんは温かくあるべき派。
 どうも細かいことは常に不一致の
 私たちです。






白い小ぶりの丼に、ご飯、そしてその上に柔らかく煮込んだ大き目の牛すじが乗っています。やはり青ネギが散らしてあり、緑鮮やかな大葉がアクセントになってます こちらがセットについてきた丼
 牛すじが柔らかくて美味しかったです。
 こそっと味見しました♪










平たいお皿に、コンビニのおにぎりなら二個分はあろうかという三角おにぎりが、その上には艶やかな梅干が乗せられ、長方形の海苔の上に乗ってます。自分で巻いて食べるようになっているようです。端っこには沢庵の切れ端が。 妹注文のぶっかけおにぎり定食
 おにぎりがすごく大きくて・・・さすがの
 妹も、お腹いっぱいだ~と騒いでました
 600円とお得なランチの定食です。
 次は私もこれにしようっと♪
 あ、でも天ぷら捨てがたいなぁ・・・・







コンクリート壁の一部に窓がついていて、そこが注文と商品の販売所。窓の上には黄色い布の張り出しがあって、冷菓 鈴木商店と書かれてあります。 で、食後はデザートがつきものです
 このうどんやさんを南へ少々歩くと
 2号線、田中の交差点にぶつかります
 ここには名物のアイスキャンデー屋さん
 があります。名前は「鈴木商店
 昭和22年創業の古いお店です。







白い壁には、味覚の王座・ソフトクリーム・アイスキャンデー・鈴木商店と大きく書かれています。 ここはいつも行列が出来ています
 色気のある店構えではないのですが
 きっと子供の頃から慣れ親しんだ味
 なのでしょうね。
 私たちも、地元っ子ではありませんが
 ちょっと気分だけ味合わせて貰う事に

 私はやっぱりソフトクリーム
 旦那様と妹はアイスキャンデーを
 ここは決してアイスキャンディーでは
 ありません。
 誰が何と言ってもアイスキャンデーです



白地に真っ赤な枠組み、青い文字でアイスキャンデーと書かれた垂れ幕。白地に青に白の水玉の縁取り、赤い文字でソフトクリームと書かれた垂れ幕。こちらは小さなソフトクリームの絵も描かれています。

ぶら下がっていた布看板。ハンガー利用の手作りっぽさが素敵で思わずパチリ♪
洗濯ばさみが、なんとも微笑ましいではないですか!


ブルーのクロスに、赤い木製の銘々皿が3つ、その上に和菓子が乗せられて、真ん中に抹茶茶碗が置いてあります。 最後は、山手幹線沿いにある沙羅樹
 という和菓子屋さんへ。
 ちょっと気になっていたお店で、この日
 初めて入ってみました。
 高山堂という和菓子専門店の喫茶店
 神戸はケーキが美味しいところ
 なので和菓子って殆ど買ってません
 あれこれ一個ずつ買い込んで
 自宅で抹茶で味見となりました。



3つの和菓子の断面写真。左からコスモスを模ったお菓子。中にはあんこが。次は四角いきんつば、当然中は小豆たっぷり。右端は松茸を模ったお菓子、中には漉し餡が。それぞれ中味はこんな感じ。で他にもまだ残りがあるのですが誰も手を出しません。
ゲンキンな我が家の人々です(笑) 味は可も無く不可も無くってとこ? 期待し過ぎが災いしたのか?

近くに安売りのスーパー「ばんどう」というのがあって、そこで野菜などお買い物。レジでサイコロを
渡された!奇数か偶数か好きなほうを言って、振って当たれば一割引とのこと。
こういうことは妹任せ。むふふ、一割引ゲット~♪
あまり質は良いとは言えないが、ここはほんとにお安い。買い物籠ふたつ満杯に買い込んで
(とらふぐの皮1500円とかいうのも含めて)4500円位でした。恐るべし激安スーパー♪

終わりよければ全てよし、見本のような一日でした。
by mamicha2 | 2006-10-16 21:58 | カフェ&レストラン | Comments(23)

小豆島でのキャンプ 最終日と島の景観

最後の日、朝から最後の釣りへ出かけた旦那様。
もう呆れるばかりですね~。

木のテーブルの上に並んでいるのは、鍋ごとの玉子焼き、白いご飯、そして白いお皿に、きゅうりとツナのサラダ、その端っこにはらすの焼いたものが。お腹は空くので、私は勝手に朝ご飯
残り物総出演です。
でも、心地よい風の吹く中で食べる
外ご飯は最高です♪

あとの道具類の片づけを考えるとちょっとぞっとしましたけどね。

大き目のイシモチを釣ってきてそれは家まで持ち帰り、晩ご飯になりました。





蔵を覆うブロック塀に、マルキン醤油とかかれた文字が。蔵の白壁には赤い字で、丸の中に金の文字が。マルキンの屋号のようです。 白壁の前にずらっと並んだ醤油ダル。木目の大きな樽にもやはり丸の中に金の文字が赤く入れられています。












売店の前に真っ赤なベンチが置かれてあり、その前に屋根まで届くような大きな看板が。ソフトクリームの大きく描かれた看板です。小豆島の嬉しい味、しょうゆソフトクリームとのキャッチフレーズ付きです。

11時には全部後片付けも終えて、キャンプ場を後にしました。帰りがけ、すもものソフトクリームが美味しかったので、最初に道の駅に寄り片づけで乾いた喉を潤しました。次にマルキン醤油に再度寄って、美味しかった刺し身醤油をお土産にゲット。


フェリー乗り場のフェリー。オリーブラインと英文字が書いてあります。真っ白な船体に真っ赤な煙突がカワイイフェリーです。穏やかな海は鏡のようです。
一路フェリー乗り場である福田港へと向かい岐路につきました。



フェリーの客船部分です。明るいエンジ色の花柄の椅子やソファー。ちょっと見たらホテルのロビーのように見えます。天井のライトもシャンデリアが下がっている部分もありました。行きは連休のせいもあってかなりの
混雑でしたが、帰りはガラガラ。
ほとんどのシートは空いたまま。
やっぱり平日に移動は鉄則だなと思った次第。
このフェリーの中で、北朝鮮の核実験が行われたことを初めて知ることとなり、浦島気分を堪能。
たった4日間なのに、メディアと接しない生活ってこういう事なのねと
改めて実感しました。




で、消えたローストビーフの行方なんですが、犯人がやっと解ったのです。
帰りのフェリー乗り場の前の土産物屋さんで、お昼のおにぎりなどを買い込んで、そこのお婆さんとちょっと雑談。そしたら猿の被害を訴えて・・・・・。畑の作物を根こそぎ食べてしまうのだとか・・・。
猿ねぇ、確かに猿ならアルミホイルを綺麗に剥いて、中味だけ器用に取り出しますね。
小豆島には、お猿の国という場所がって、観光スポットになっています。私たちは前を通っただけで中に入ることはしませんでしたが、中ではモンキーショーなども行われているようです。

道路に群れて出てくる猿たち。顔が真っ赤なお猿たちです。この島の猿の特徴なのでしょうか、本土の猿より一段顔が赤いですね。
道端に出てきたお猿たち。ローストビーフを持ち去ったのはお前か!?と質問してみましたが聞かざる、言わざるを決め込んで、挙句に「猿モノハ追わず」と目で諭されました・・・・とさ(笑)


こうして4日間のキャンプは、最高の天気に恵まれ終了。帰りの車の中で、次の小豆島行きはいつにしようか話し合いながら帰ってきました。それくらい風光明媚な素敵な島でした。
キャンプは淡路島へ数度行っているのですが、ここに来るまでは、淡路島に別荘でもあったらいいわね~とか言っていたことなんかさっぱり忘れて、やっぱり小豆島に別荘が欲しいよね~(笑)夢を見るのはタダでございます♪


続きは、小豆島の写真です。綺麗なのでぜひ見てやって下さいませ♪


小豆島の景色 エンジェルロード など
by mamicha2 | 2006-10-15 16:04 | 釣り・キャンプ | Comments(11)

小豆島でのキャンプ 3日目

キャンプも3日目、私たち夫婦は最後の夜をここで迎えます。そしておにぎりさんご夫妻は、夜の
フェリーで一足先に帰路につきます。
仕事の都合でもう一日休むことは出来ずに、後ろ髪を惹かれる気分での最終日です。

まずは朝ごはん、昨日の残りのローストビーフを、ピタパンに挟んでかぶりつく・・・予定だったのですが
なんと朝起きたら、ローストビーフが行方不明。寝る前にクーラーボックスに仕舞い忘れ、流し台の
上にアルミホイルに包んだまま放置してしまった。
でも、アルミホイルで厳重に包み込んであったし(最後は直火に放り込んで、ワイルドに焼いたので)
熱を持ったままだといけないと、そのまま置いてしまったのでした。
ホイルの包み紙は、破り捨てた様子も無く、そっくりしていたので、最初は旦那様が、暖めてでも
いるのだろうかと思ったのですが、確認すると「知らない」という返事。
ホイルだけか流し台の下に落ちていたそうなのである。

ベーコンに引き続き、ローストビーフまでか!?
「犯人」を想定するも、なかなかしっくりする「やつ」が思い浮かばない。
猫にしては、あまりにも常態が良すぎる。ホイルに牙の痕が全く見受けられない。それにかなりの量。
全部食べきるのは無理に違いないのだが・・・・。
では野良犬?それもやっぱりあまりにも綺麗にホイルを剥ぎ取りすぎ。考えられない。

そんなことを話し合っていると、おにぎりさんご夫妻の登場。
ローストビーフのサンドイッチを楽しみにしていたようで、無いのが解るとビックリ・ガックリ。
昨日と同じハムの挟んだピタパンを食べて、仕方なく釣り支度です。
女性陣は、昨日焼いておいた、はらすをご飯に乗っけて、出汁をかけたお茶漬けで朝ごはん!
これが美味しくて、消えたローストビーフのことは、すっかり頭から消え去りました。

青い海の向こうに、半島の先端が見えます。そして島の手前には小さなボートが漂って。個人用の漁船かも知れません。穏やかな静かな海です。 朝食後は、全員揃って釣りにGO!
 場所は、昨日うろついて見つけておいた
 観光客の全くいない小さな小さな港です

 海岸のすぐそばまで車で行くことが出来
 ここはちょっと穴場かもね。
 しばし釣りは忘れて景色を堪能です






紺碧の海に突き出した突堤。地元の方でしょうおじさんが二人釣竿を出しています。一人の方は、今釣れたようで、魚から針を外す作業をしているようです。海の向こうには山間が広がって、のどかな海の風景です。
私たちより先に地元の方が竿を出していました。このお二人は、サヨリを狙っての釣りのようです。
時折、キラキラッと光るサヨリを引き上げていました。


突堤に係留されている二艘のボート。穏やかな綺麗な海にその姿を映しています。向こう側が岸辺のようで、小さなビーチが見えます。ビーチのその向こうには小高い丘が見え、まるで絵葉書の中のようです。
小さな港?何艘かのボートが係留されていて、ひとつは私たちが釣りをしている最中に出港。
そこらに釣りに行くようです。これを「見ていた旦那様、しきりとボートの免許を取るか~とぼやく。
あのね、ボートの免許は簡単に取れるだろうけど、ボートの維持は無理よ!まあ夢見るだけなら
タダだから、まいっか♪
とにかく、海は最高に綺麗で、自前のボートを飛ばせたら・・・・なんてやっぱり考えちゃうわよね~

釣り上げられた魚。白っぽい背中に二本の黒いラインが入った魚です。 で、釣りです、釣り。
 ビギナーズラックというのは、まさに
 こういうものだ!!という見本。
 おにぎりさんお一人、入れ食い状態

 仕掛けをして、餌をつけ、投げてあげて
 はい、と持たせると「あーーー!!!」
 との叫び声。
 これにはおにぎり夫はもうてんてこ舞い
 で、自分の竿にはさっぱり(笑)
 「これじゃあ俺が釣りできないよー」と
 嘆く、嘆く。

コバルトブルーの海の色に映えるカワハギ。釣られて無念?そうに目を剥いています。ちょっと大き目のカワハギです。 挙句にやりましたよ、おにぎりさん!
 ずっとベラばっかり釣り上げてたけど
 やや大ぶりのカワハギをゲット!!

 私もキスの大ぶりなのとか、同じく
 ベラなどを釣って、男性陣は殆ど
 ボウズ(笑)
 これじゃあ、大名釣りの私たちは楽
 だけど、さすがに男だけにしてあげようと
 私たちは、先にテントに引き返す。

 でも、その後は何も釣れず・・・・ぷっ


結局釣果は女性の竿のみの獲物。こんなことってあるんだな~と、苦笑いの男性陣でした。
で、釣りが終わればお腹が空くというものですね。小豆島の名産品、そうめんを食べに、いざ出発。
大き目の桶に入った素麺。彩りにきゅうりとさくらんぼ、千切り玉子焼きが一緒に。その左隣に焼きおにぎりが二個と、素麺の漬け汁、薬味が添えられています。ブルーの丼に入ったこびきうどん。具は揚げとわかめ、ネギと紅葉の麩が乗ってます。やはり隣に焼きおにぎりが2個添えられています。

素麺を作る途中「小引(こびき)」という工程で乾燥させたものを「こびきうどん」、そうめんを干す時に
できる上と下のくるっとした部分を「ふし」といい、これもまた素麺とは一味違うおいしさ。ということで
私はそうめんセット、旦那様はこびきうどんセットを注文。
そして、このお店で販売していた、すもものソフトクリームも堪能。このソフトとっても美味しい!
このほかに、小豆島は佃煮も名産。そしてそうとくれば佃煮のソフトクリームなるものも。
私はこれは味見しませんでしたが、おにぎりさんはちゃんと味見したそうです。
名産といえば、一番の有名どころはやっぱりオリーブですね。
当然、オリーブのソフトクリームも味見完了。これはしっとりとしてなかなか美味しいソフトでした。

古ぼけた味のある板看板。上には二十四の瞳、下には岬の分教場と文字が貼り付けられています。 この後、二十四の瞳の校舎へ出向き
 観光客らしい一日を過ごす私たち。
 あまり大きな建物ではなくて、ほんとに
 こじんまりとした校舎です。

 入場料300円を支払って中に入ると







いかにも昔懐かしい教室という風景。木の二人用のくっついた机に、木の椅子。古い黒板の上側に木の三角定規などが吊るしてあります。教壇も端っこの先生の机も黒光りした木製です。窓も木枠でガラスも昔風のガラスが。 こんな教室が・・・・。
 なんかとっても懐かしい。
 私の卒業した小学校の校舎は、2年生
 のときに火事で消失。その後近代的な
 鉄筋コンクリートの校舎になってしまい
 ましたが、それまでは、かなり古い木造
 の校舎。
 こんな風景が記憶の片隅に残ってます
 すっかり忘れていた、1,2年生の担任
 の先生の顔まで思い出して・・・・



先生の机の壁側に、子供たちの描いた絵が貼ってあります。時計や小道具類も昔のままで、ふと時を遡ってしまいます。ピアノではなく、オルガン。椅子も古ぼけた箱型の椅子が置かれています。扉が開けてあって譜面が乗せられています 













教室の前の端にかけてあった黒板。中には・・・田浦分校さようなら<br />
しょうわ四十六年三月二十四日・分校とおわかれの日が来ました。わがままなわたしたちを、いつもあたたかく見まもってくださった校しゃ校てい、やさしく、つよく、みちびいてくれた先生方、らいひんのみなさま、おとうさん、おかあさん、ありがとうございました。と書かれています。
タイムスリップした気分を味わいました。黒板にかかれたお別れの言葉に、自分の小学生の頃を
思い出し・・・・え?そんな頃あったのかって?・・・・・ありましたのよ、私にも(笑)

小さな港の風景。道路のすぐ脇に港が隣接しています。小さな漁船が何艘が係留されています。入り江の向こうには、岬の先端が。キラキラ水面が光って海というよりは湖のようです。
外へでたら男性陣がおりません。どこに?と思ったら目の前の港チェック。全くもう釣りの事しか
考えてないんだから・・・・・
それにしても、島の周りはどこもこんな雰囲気。穏やかで綺麗な海。ほんとに静かで良いところです
おにぎりさんの旦那様曰く、俺はここで暮らす!となってしまうのも、うなずけますよね~

トラ猫が何かを咥えて、背中を向けて向こうへ足早に歩いていく様子。咥えた獲物の大きさに満足なのか、その姿は威厳さえ感じられ・・・。 で、思わぬところでお魚咥えたどら猫
 発見!!
 必死でカメラを取り出し、狙いを・・・・
 うう、殺気を感じ取ったようでそそくさ
 逃げていってしまいました。
 あじの干物を咥えていましたよ。
 これを見た旦那様、おおよくやった!
 ・・・・・・・・・・
 去っていく背中に、我が家のロースト
 ビーフを盗ったのは、お前の仲間か?
 聞くも当然返事は無し。
 ・・・・・当たり前か・・・

ちょっと長くなるので、後半はまた後日に。小豆島の素敵な風景をご紹介しますね。

で、飛ばして、この日の晩ご飯。
夕方遅く、おにぎりさんご夫婦は、名残惜しそうに小豆島を後にしました。
囲炉裏端の風景です。燃える炭火の上に釣りされられた網、その上に黒光りしたダッチオーブンが。さてさて中味は? でもって、我が家の旦那様はまたもや
 釣りへ。
 今度は日没の釣りを楽しまれ・・・

 おいてきぼりの私は、一人で火を起こし
 残り野菜と、チキンをお鍋に放り込んで
 カレーを作成にかかりました。
 さすがに明日は平日。キャンプ場にも
 殆ど人影は見当たらずに、管理人さん
 までも、帰るとのこと。
 管理棟は無人となりました。

 昨日までの喧騒は嘘のよう、虫の声が
 大きく響く静かな夜となりました。





囲炉裏端に並べられたカレーライスと、カワハギのお刺し身の乗った真っ赤なプラスチックのプレート。ちゃんと肝と和えた漬け醤油も一緒になっています。 朝、おにぎりさんの釣ったカワハギは
 こうして前菜となり・・・
 カレーとはちょっと不釣合いでしたが
 美味しい晩ご飯となりました。

 でかしたぞ!おにぎりさん!!







網の上で串焼きにされている魚。一見鮎の塩焼き風に見えます。こんがり焼かれあめ色の焼き色がついています。 で、この日のデザートは、やっぱり
 おにぎりさんが山のように釣ったベラ
 軽く塩をして、鮎の塩焼きならぬ
 ベラの塩焼きにして頂きました。
 マルキン醤油でかった、さしみ醤油
 これがとっても美味しかったので
 勿論お魚にもかけて食べました♪

 残った魚の残骸は、野良猫の餌に放置
 朝見たら無くなっていたので、しっかり
 ご賞味になられたようですね。


釣りキチ君の日没の釣りは釣果ゼロ。寂しいキャンプ場に愛妻?を放置した事だけが、ずずーっと
これから先尾を引いて、たぶん思わぬしっぺ返しを食らうことになるに違いない・・・・
そんな恐れを抱いた目をしながら、小心な釣りキチ君は、最後の夜を串焼きの魚に齧り付きつつ
終えるのであった。
by mamicha2 | 2006-10-14 17:26 | 釣り・キャンプ | Comments(7)

小豆島でのキャンプ 2日目

ベーコンの件では、すっかり楽しんで頂けたようで、当初の目的とは全く違ってはいましたが、それはそれで、記事としては美味しかったかなと、ちょっと凹んだ気分も戻りつつあります。
傷口をえぐるような、また塩をすり込むような、皆さんの暖かいコメントに、絶望の淵から立ち直って、今日も元気にブログの更新が出来る私です。励まし(なってるか?)の言葉ありがとうございました!

ということで、キャンプの模様を引き続きご紹介です。
テントの中は、外の音がやたら響いて、やっぱり初日の夜は、ぐっすり眠ることは出来ませんね。それでも目覚めれば快晴!最高のキャンプ日和となりました。
男たちは、早起き?とはいかなかったものの、7時頃に身支度を整えて、餌の調達に釣竿かついで出かけて行きました。



白い紙皿に乗ったピタパン。顔を覗かせているのは、レタスと焼いた厚いハム。コーヒーとミルク、飲むヨーグルトも添えられています。私とおにぎりさんはゆっくり朝食です。焼いていったピタパンに、野菜やハムを挟んで、マヨネーズに粒入りマスタード。
外での食事って、美味しいね~と朝からしっかり2個も胃袋に収めました

本当は、ここにベーコンが・・・・ううっ
 





とりあえずと持って行った、厚切りのハムが大活躍してくれましたとさ。





流しのシンクの中に並べられた魚たち。一番大きいのがカワハギです。その次の大き目の魚がカサゴ、通称ガシラといいます。そして小魚が8匹ずらりと並んでいます。朝食も終わって、のんびり読書など
っていうか、ほとんど寝てた?(笑)
最高のお天気で、そよそよ吹く風に
寝不足がプラスされたら、もうする事はそんなことしかないですよね~

昼前に戻った男性陣。
これだけ?とか言われても、まあ釣れたので、それなりに嬉しそうでした。
 




で、カワハギが!! 
一匹じゃ仕方ないのでこれは追加のカワハギを仕入れに行くことに!




オレンジ色のプラスチックのお皿に、パスタが、その上に焼いたカサゴがでーんと乗ってます。粉チーズもたっぷり振りかかって、なんか美味しそうです。まずは、腹ごしらえからですよね
小さなお魚は、ぐつぐつ煮込んで出汁に。漉し器は持参したので、汁だけにして缶詰のトマト、あさり缶、野菜などを炒め結構本格的なパスタにしました。
ガシラを釣った人には、栄誉の丸乗っけ♪
パルミジャーノ・レッジャーノをたっぷり振り掛け、いっただきまーーす!!




いやあ、美味しかった♪
なんせ材料が新鮮ですもんね~
。これにだって、ほんとは入れたかったベーコン・・・・ううっ。



真っ赤な台形型を逆さにしたような変わった屋根をつけた小さめの山車を、男性が引いて歩いています。みな白い柔道着のような衣装を身につけて、黒い帯を締めています。一瞬見た目は中国の山車みたいに見えました。右隣の写真はそのアップ画像です。d0017632_17253728.jpg












食後、おにぎりさんご夫婦は、小豆島の山といえばここ「寒霞渓」に登るというので、私たちとは別行動。当初は往復徒歩で登山の計画をしていたようですが、時間的にそれは断念。行きはロープウェイで下山は徒歩のハイキングに切り替えました。
私たちは、カワハギの調達と、氷の買出しに、町をブラブラすることに。旦那様はそれは名目だけでドライブがてらに、明日の釣り場のチェックでしょ、とか思いながらのお出かけです。
町へ繰り出すと、こんな風景に出会いました。小豆島は祭りの時期のようでした。
海辺のラインは、本当に綺麗で、おお、ここで暮らしたい!と思わせるような景色ばかり。海も実に綺麗で、なんでもっと早く来なかったのかしら?とか、反省してしまうようなところです。
島の景色の紹介は、また後日しますので、今日はお話だけということで・・・。

スーパーでカワハギを探しましたが、ちょっとしかなく、地元の魚屋さんへ出向くことになりました。
探していたら、やっぱり小豆島名物のマルキン醤油を発見。





白壁に黒い屋根の、お醤油記念館の入り口風景です。蔵のような建物が後ろ側に見えています。黒い屋根瓦の上に、丸の中に金という文字がマークになっている、えんとつのような棟が建っています。大きな看板がお店の入り口に立ててあり、ソフトクリームの絵が。どうやらここは売店のようです。










しょうゆソフトクリームなる看板につられて、即味見♪ちょっとお醤油色のソフトクリーム。味はいかに?とか思ったけど、なかなか美味しかったですよ。
ここは、最後の日にまた寄ったので、詳しくはその時に。
ここで、地元の魚屋さんを聞いて、真っ直ぐそこへ向かいました。勿論カワハギゲットです。でも今朝釣った魚が一番新鮮でしたね。




アルミホイルの上に、大きな牛肉の塊。肉の周りにハーブのようなものが擦り付けてあります。さてさて、晩ご飯の準備です
この日のメインはローストビーフ。
塩コショウしてハーブをすり込んで
下準備は完了です。
これをじっくりダッチオーブンで焼き上げます♪
楽しみ~










オレンジ色のお皿に、白身の切り身が並べられています。切り身が並べられたオレンジのお皿の脇に、カワハギの肝のようなものが入ったカップが添えられています。肝とわさび醤油で和えたもののようです。











でもって、前菜は当然これですよね♪ カワハギのとも和え。
いつもブログで見ているだけだった、おにぎりさんご夫婦。もうこれには大感激。お酒が進みますね。
持って行ったワインは、当然のごとく女性に絶賛のこのスパークリングワイン
カワハギをおつまみに、喉を潤して・・・・・・・。



焼きあがったローストビーフが塊のままホイルの上に乗っています。周りには、一緒のお鍋で蒸し焼きになったじゃが芋とか玉葱も並べられています。もうちょっとよ、という声を無視して、勝手にテーブルに並べる旦那様
あなたは、ウェルダンしかダメなくせに!
まあね、私はヘーキだからいいけどね



切り口はというと・・・・







ローストビーフがスライスされ、切り口が見えています。中はピンク色で肉汁も染み出していて、美味しそう!


むふふ♪良い感じだわーー!!焼いたお鍋の残り汁を利用してソースも作成!
旦那様は良く焼けた端っこをせっせと切って頬張っていました。私たちはミディアムとおにぎりさんの旦那様は野性味たっぷりレアがご所望。それぞれが好きな部分を堪能。
いや~、食べた、食べた。でも残った(笑)
あ、この日は白いご飯を炊きました。お米調達委員のおにぎりさん、お米をお忘れになり、初日にスーパーへ直行。まあこうやってお腹に収まれば、どうってことないですね。ベーコンの一件から彼女はドジのレッテルから、うまく逃れることが出来ました。
あ、そだ、お米だけじゃないのよ!!家庭菜園のスイートバジルが山ほどあるっていうので、ペーストにして持参するように指令を出してたのにね、それも冷蔵庫へお忘れに。
ほんとは、ランチはジェノベーゼペーストを使ったパスタになる予定だったのよ。やっぱりこういう事はちゃんと記載しておかないとね~、私のドジばっかりが目だってしまうわ、おほほほ。




白いボウルに、真っ青なナスのお新香が。切り口の白さが青を一層際立てています。スーパーで調達したナスのお新香。
これがご飯と相性抜群で最高!
いや~ローストビーフも陰が薄くなるくらい、美味しかった♪
外でのご飯ってなんかもう素敵ね
病み付きになりそうです♡










真っ赤に燃えている炭火の網の上に、筍やらシャケのはらす、そしてこんがり焼けたチキンが乗っています。持ち込んだ食材は悪くならないうちに全部焼いてしまおうと炭火焼
シャケのはらすに、買って来た細筍
そしてチキンもぜんぶ焼き、焼き。

で、マルキン醤油屋さんで買って来たもろみも引っ張り出して、焼いた筍に塗って食べました。
 




この日はもう食べて飲んで、また食べて、満天の星空を仰ぎながらとりとめもない話に花が咲いて、こうしてキャンプ2日目の夜も更けてゆきました。

明日は全員揃って釣りに行こうと話がまとまり、大物をみな夢見ながら就寝です。

by mamicha2 | 2006-10-13 17:35 | 釣り・キャンプ | Comments(11)

ベーコン?(小豆島のキャンプにて)

さて、なんか多くの方の関心事、ベーコンについて、やはり書かねばならないのでしょうね。
こっちも、行く前にあんなに大々的に、ばら肉のアップなんか載せちゃったしね、そりゃあやっぱり気になるというもんですよね。

私は、旅行などにおいては、「君と一緒に行く旅行は楽でいいわ~」と旦那様に言わしめるくらいの完ぺき主義。事前にあれこれ準備をして、必要と思われる細々したものまで完璧に整えるほう。
勿論、現地の下調べ、旅館やホテルのチェックに予約、道順に現地での穴場情報などなど。
まあ旅の楽しみは行くまでが主と、私は思っているほうなので、かなり前からしっかり楽しんでいると言うわけですね。
そして、今回のようにキャンプであれば、食べることを楽しむのが主体、食材の準備も怠りません。
ベーコンに至っては、一週間前から塩漬け開始、前日には塩抜きして乾燥。
今回のベーコン作りは、今までの簡単バージョンではなく、本格的なベーコン作りに挑戦!とばかり、気合の入れ方も、格段に違っておりました。

で、早速ベーコン作り開始です。
ダッチオーブンに、桜チップを敷き詰めて、火を入れます。そしておもむろに下処理の完了したバラ肉を取り出し、お鍋の中へ投入です。じっくり時間をかけて、今回は2時間以上、弱火でたっぷり時間をかけて燻製にする予定。仕上がりのタイミングを計りながら、時間調整です。
晩ご飯はBBQに決定しているので、これがメインではありません。出来上がったベーコンは一日置いて食べるのが美味しいとされているので、翌朝のサンドイッチに入れるつもり、夜はあくまでも火のそばで作る工程を楽しむだけのもの。

では、お時間も宜しいようで・・・・・・と、おもむろに肉を取り出し
肉を取り出し・・・・・・
肉を・・・・・・
ん?





Σ(゚д゚lll)ガーン







肉が・・・・肉が・・・・・・肉が なーーーーい!!



動くアニメ。ひれ伏して片手を目に当てて、オイオイ泣いているアニメ画像です 何度も何度もクーラーボックスを引っ掻き回し、どうやら置き忘れてきたことが認識される。
 しばし呆然とした後の、なんという脱力感。全身の力がいっぺんに抜け落ちてしまった。
 クーラーボックスの中には、仕上がったベーコンに、塗りたくられるはずだった粒入りマスタードが、私をあざ笑うかのように、見つめていた。
周りに誰も人がいなかったら、このアニメのように泣き崩れていたに違いない・・・・・・。
吹き抜ける風と、「どうしてそれを忘れるかね~」と傷口に塩を塗りつけるような旦那様の優しい声に思わず殺意が芽生えたことは言うまでもないだろう。

私は完ぺき主義だ!誰が何と言っても完璧なのだ!
準備は120%怠り無い、それは常にそうである。でもどういう訳か家族の私に対する評価は

「ドジ」

必ずといっていいほど、何かひとつ忘れ物をする。
その忘れ物が全ての細々した準備や、事前の下調べを全て帳消しにしてしまうような「大事」なのである。これが些細なことだったら、きっと私の評価は格段に上がるに違いない。
数え上げたらきりが無いので止めておくが、まあ今回のこの肉の塊のようなもを忘れるので、印象が特に強くなってしまうのである。これが粒入りマスタードを忘れたって、誰も何も言わないだろう
それがよりにもよって、一番力の入ったベーコンの元を忘れてきたのである。
現地でお肉を調達したって、もうどうにもならない出来事。

さすがに、家に電話を入れて、妹に確認してもらった肉が、冷蔵庫にちゃんとありますよ~の返事を貰ったときは、思わず、これから届けに来い!とか無茶なことを言ってしまった私なのでありました。

ベーコンの一件を書いていたら、とたんに元気が無くなって・・・・本来なら2日目のキャンプの様子を紹介したいところだったのですが・・・・不貞寝する!!
by mamicha2 | 2006-10-12 15:27 | 些細な事・事件? | Comments(34)

小豆島でのキャンプ

私たちがキャンプをする際に、まず一番最初にチェックするのは、わんこ同伴可かどうか・・・。で、二番目にこれは欲しい!と思うのは、流し台があるかどうかのチェックです。食べることがメインで出かけるキャンプには、この流し台があるかないかで、やっぱり作業が大幅に違ってきます。
今回、選んだキャンプ場は、なんと至れり尽くせりのキャンプ場。小豆島ふるさと村というところ。



高床式に作られた木の土台の上に、テントが張られている様子。テントの色は、グリーンとベージュの2色の。そして組み立てられたテントの中には、エアマットが見えます。テントサイトには台が設置されていて、面倒な地ならしが要りません。
直に地べたにテントを張らずに済む
ので、最後のテントの干しも不必要
です。
これなら、エアマットも傷まないし
穴があいて、途中で凹んでしまう事もありませんでした。
寝心地は完璧のキャンプでした。







炊事場と、レンガが積み上げられたグリル炉が並んでいます。流し台にはキッチン用品が並べられていて、隣のグリル炉には、アウトドア用のコンロが設置されています。その下にはお鍋や小道具類が見えます。これが流し台です。
ここは、隣にBBQが出来るスペースまで設けられていました。
ガスコンロを設置する場所に利用です。そして、なんと驚いたことに、ここの水はちゃんと暖められていて、ぬるま湯程度の水が出るように配慮されています。これには驚き、そして洗い物のし易さに、もう感激でした。ただ、流し台の高さが低すぎて、腰を痛める寸前で帰還。





今もちょっと腰が「やばいぞ」状態です。子供も利用しやすい高さになっている
トイレとシャワールームの二つのドアが見える小さなコンクリート作りの棟。各区画に一個ずつ設置されています。勿論これのない区画もあります。のでしょうが、大人はぎっくり腰養成流し台。ちょっとこれだけは閉口しました
そして、やっぱり一番の驚きはこの
トイレとシャワールーム完備の快適さ。今までのキャンプは、懐中電灯を持って夜中にそこそこ遠くのトイレまで歩いていくのが普通。
それがなんと水洗洋式トイレ付き。
そして、シャワールームも完備なのです
勿論、個別についているので、完全にプライベート使用のトイレシャワーです
これはもうここで暮らせるよねって感じ。こんな至れり尽くせりの環境に慣れてしまったら、もうよそへは行けないよねなんて思ってしまいます。で、外灯も付いているので、夜の作業も格段にし易かった。
ここはいいな~。
さすがに料金は少し高めだけど、これなら納得の金額だと思います。




木で作られた、備え付けのテーブルとベンチのセット。6人まではなんとか座れる大きさです。テーブルの上には読みかけの本と、ペットボトル、ベンチの上にはわんこのベッドと、テーブルの向こう側には、わんこ専用の小さなテントも見えます。脇に木が生えていて、丁度木陰になって気持ち良さそうです。テント前には、備え付けのテーブルと椅子までついてます。
敷地も余裕があるので、タープは別な場所に立てましたが、この椅子を
すっぽり覆う形でタープを設置すれば寝室と、居間と、キッチンが一直線に繋がるように配置されているんですね。素敵なキャンプ場でした♪
リピーターになりますね、これなら!





居間用に設置したすっぽり覆う形のタープ。犬が出入り出きるように、下の方に隙間があります。この隙間のせいで、虫除けのタープが役立たずのタープになってますね。タープの中に椅子がいくつか見えてます。テーブルは持参したので、別な位置にタープを張りました。
ベンチの椅子は、背もたれがないですからね~。
やっぱり自前の椅子でリラックスですMyチェアーは、リクライニング式、やっぱり昼寝読書には背もたれは必需品でしょ♪
生意気にわんこも椅子をひとつ占有
するので持参の椅子は3つです。





民家が少々見えて、その屋根の向こうには海が広がっています。テントサイトは丘になっていますが、木々の間から穏やかな海を見ることが出来ます。
私たちのテントサイトから眺めた景色です。高台に作られたキャンプ場は、こんな景色を見ながらのんびりした時間を過ごすことが出来ます。
木陰に椅子を持ち出して、本を読みながら・・・・・読んでる暇なくウトウトでした。おほほ。




簡易式の2バーナーのガスコンロ。ボンベ缶を取り付けて使用します。コンパクトですが、自動点火の優れものです。コンロの上にはダッチオーブンが乗せられて、準備万端な様子です。さてと、晩ご飯の準備ですね。
まずはダッチオーブンに桜チップを
敷き詰めて、網を上に乗せて、準備
完了。
ここでは、じっくりベーコン作りを
する予定です。
お肉を乗せたら燻製の開始です。
その前に、BBQの準備もね








三角錐型の炭火コンロ。上から鎖が下がっていて、その先端に鍋とかをぶら下げて煮炊きできる、田舎の囲炉裏端の雰囲気が味わえます。その三角の足回りに、四角い囲いがしてあります。まるで本当の囲炉裏端の雰囲気が。三点から鎖で四角い網が吊り下げられて、その網の上には串に刺したお肉やら野菜が乗ってます。今回のキャンプ用に仕入れた焚き火用囲炉裏。
我が家のは三角形なので、これが、ちゃんと使えるかどうか悩みましたがなんとか設置完了。
早速炭を入れて、BBQの開始です

玉葱、肉、椎茸、肉、ナス、肉、そしてピーマンの順で串に刺して・・・・
各自好きなやけ具合で取り出し、タレに付けて齧り付きます。

今回はおにぎりさんご夫婦が同行。
いつもの簡素なキャンプと違って賑やかで楽しいディナータイムとなりました。
やっぱりキャンプは大勢が楽しいね







真っ赤に燃えてる炭火の上に網が張られ、その上にバーベキューの串が綺麗に並べられています。香ばしい匂いが漂ってきそうです。いや~、やっぱりキャンプにはBBQですよね~♪
お肉は、三田牛をもって行ったので
味わい深いBBQを堪能しましたよ。










網の上に枝豆とハム、そしてフランスパンの薄切りが炙られています。火の灯りが幻想的です。焚き火の雰囲気は、やっぱりキャンプには不可欠ですね。最後はビールのおつまみに、枝豆も乗っけて焼いたり、ハムを焼いたり、最後の締めはフランスパンを炙って、チーズをお鍋で溶かして即席チーズフォンデュ風に。
女性はもうBBQ辺りでお腹が一杯
ここらはただ眺めているだけに(笑)
でも、火って癒される~。
明日の予定を確認しあってこの日は
ご就寝となりました。





ん?ベーコン?焦らない、焦らない。それはまた明日のお楽しみってことで♪
満天の星と、一日遅れのお月見をしながら、キャンプ初日は終了となりました。風も時間と共におさまって、ちょっと冷える夜でしたが、ほぼ快適な初日を終えることが出来ました。やっぱ普段の行いがいいからか?(笑)
男たちは、明日の釣りへと思いは馳せて、お互いに密かに大物ゲットを夢みて寝付いたようです。では、残りはまた明日ということで・・・。

by mamicha2 | 2006-10-11 15:41 | 釣り・キャンプ | Comments(29)

明日から3泊4日でキャンプへ行ってきます

明日からキャンプです。
今日は一日準備に追われてしまいました。
何の準備かというと、そりゃまあ、食べること(笑)

大きな豚ばら肉の塊、ハーブが摺り込んであるのが見えます。塩漬けにしたせいか、肉の赤身の部分が一層綺麗な桜色になってます。 一週間塩漬けにした豚ばら肉。
 塩とハーブをすり込んであります。
 これをキャンプで燻製にします。










かなり大き目の平たいお鍋に、水が張ってあって、その中に上記のお肉の塊が沈んでいます。 本当は流水で塩抜きするのですが
 あれこれすることもいっぱいあるので
 浸け置き。
 流水で3時間の塩抜きとなっていたので
 4時間以上水を替えて塩抜きしました
 これが吉と出るか凶と出るかは
 明日のお楽しみです。
 自家製は、失敗も味のうち
 楽しんで作ってきます。




そのほかにしたことは、焼肉のタレ作りです。BBQソースを向こうで作ってもいいのですが、今回
BBQに使用するお肉は三田牛。ならば、タレも焼肉のタレで!と手作りです。

そのほかには、パンを焼きました。
普通の食パンだと、ぼろぼろ具がこぼれて食べにくい。アウトドアにならピタパンがぴったりでしょ♪
ということで、ピタパンを焼きました。これは現在も進行形。
オーブンに一度には入りきらないので、2回に分けて作っています。

食べることの準備に追われていたら、その他の着替えやら、わんこの餌やら、細々したことがまだ
何も出来ていません。
晩ご飯なんかは、もう面倒になってきたので、旦那様の四十肩通院のお迎えにかこつけて、外で
何か調達してこようと目論んでいます。

では、明日から4日間、お留守にしますので、皆さんも良い週末、連休をお過ごし下さい!

行ってきます!


↓ ちゃんとあります♪

昨夜の晩ご飯
by mamicha2 | 2006-10-06 17:40 | 日帰りお出かけ | Comments(21)

無駄に早い朝

昨日と今朝との連続で、5時台に起こされてしまった私。
なんかとっても不機嫌です。
原因は、ニワトリと異名を持つ、我が家の旦那様。
この方、朝はとにかく早いです。5時過ぎるとなにやら、ごそごそ、うろうろ。いつもは構わず私は寝て
いるのですが、昨日は鼻歌を歌いながら、あっち行ったり、こっち行ったり。「うるさい!もうちょっと
静かにしてよ!」と叫ぶ私に、「あれ、もう起きたの?」などと、能天気なご質問。
あのねえ、起きたんじゃなくて、起こされたの!!

結構真剣に文句をつけたのだけど、意に介さず。それ以上騒ぐと完全に目が冴えてしまうので、
無視して再度寝ようと頑張った。今度はわんこがすり寄って来る。
ここのところ、朝方は結構寒くなってきたので、暖を取るためなんだろうけど・・・・

ちょっと失礼します、あ・・・お気になさらないで、ちょっと暖まるだけなんです、お礼に朝の洗顔でも
お手伝いしましょうとばかりに、顔中を舐めだす。これには降参!
わんこをぐいっと胸元に引っ張り込んで「だめよ~、まだ眠いからね~、一緒にねんこしようね~」
と、なでなでしながら、とびっきり優しい声で諭す私。
それを聞きつけた旦那様「なあ、言いたくないんだが、なんで犬と俺とそこまで声色が違うねん!?」

言いたくないなら、言わんでよろしい!!とか思いながら
当然な回答 「わんこは可愛いけど、ちみは可愛くないから!」

これを聞きつけた旦那様 「失礼な話しだな~」とぼやくぼやく。
いいえ、失礼なのは早朝に、鼻歌なんか歌いながら徘徊することです!
挙句に調子っぱずれで・・・・・。

無視して寝ようと頑張った。
無理だった。むかつく頭の中で、「音痴の癖に鼻歌なんか歌うな!!」とか罵ったのはナイショです。

で、今朝もっと早かった。眠れないとかぼやいて、なんか早々起きている様子。
昨日妙な時間に起きたものだから、どうも身体が勘違いモード。
同じ時間帯に勝手に目が冴えてしまう。
先日買って来たキャンプ道具の「焚き火の囲炉裏」なるもの。我が家の三角ポッドには合わないかもと
危惧していた私に、「心配なら設置してみたらいいと思う!」とか一人早朝からハイテンション。
朝から納戸まで行って、荷物を取ってきて、ガチャン、ゴトンと組み立て開始。
こうなったらもう寝れません。
ベッドから這い出て、出来上がるのをぼーっと眺めていた。

あれこれ位置をずらしつつ・・・・まあ使えるようだ。これでわざわざ道具を買いに行かなくても済んだ
みたい。それは良かったけどね、なにも朝やらなくてもいいと思うのよ。
こういうことって、普通晩ご飯の後とか、そんな時間帯にするもんじゃない??
すっかり寝不足の連荘。
出勤する背中を眺めながら、そのままベッドに直行してやろうとか思っていたのだけど、なんか細々
したことやっていたら、もうお昼。昨日サボった買い物にも行かなければならないし、今ゲームの中で
レアアイテムがゲットできるイベントも進行中。そっちもちょっとやらねばならいし・・・・・
ということで、本日も寝不足更新中。

こうなったら、晩ご飯は作らず寝てやろうか・・・・・


↓ はい、本日も続きあります♪

昨夜の晩ご飯
by mamicha2 | 2006-10-05 18:20 | 疑問に思うこと | Comments(14)

なーんか忘れてる

すっきり爽やかに、衣替えが終わった!と豪語していたのですが・・・・
どうもタンスの中を見ると何かが足りない気がする。
私のも、旦那様のも、なーんか足りないような・・・・・?

今日はキャンプの買い忘れの買出しへ行こうと、お出かけ準備してたんですが、どうも一度気になり
だしたら落ち着かない。
さては?押入れの天袋に入れたダンボール!あれか!!
とか思い出したら、もう引っ張り出さないと気が済まない。
夜まで待って、旦那様に下ろして貰おうか、散々悩んだ挙句に、買い物は後回しで一人で決行。
そーなんです、腰にまだ違和感が残ったままなんですよね~。キャンプも控え、無理はしないように
そーっと過ごすここ数日。
かなーり気をつけながら、重いダンボールを引きずり出した。

必ずやここに違いない!そう思って、いそいそガムテープを勢いよく引き剥がす。
・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・
ない

もうこうなったら、完全に買い物なんかそっちのけ。どっかに仕舞い忘れていないか、必死になって
探しまくる。でも・・・全部引っ張り出して、既に入れ替え完了したものばっかり。
・・・・・・・・・・・・オカシイ。
絶対に何かが足りない。足りないことは解るのだが、それを特定することが出来ない。
ものすごーーく、もどかしい。
芸能人の顔ははっきり思い浮かぶのに、どうしても名前が出てこないあの気持ち悪さだ。
 (↑大抵は名前を思い出すことなんかないんですけどね~)  (←ボケか!と一人突っ込み)

もう一度と押ししれに顔を突っ込む。妹のギターケースの下に、ちらりと何かが・・・・・
あ!!
思い出した!我が家には小さめのスーツケースがもう一個あったのです。
それも私の愛用のスーツケース・・・・。これを完全に忘れていたわけか・・・・・
すんごいショックです。
もうひとつあるはずと思い出さなかった自分に、完璧メゲました。
買い物なんか行く気にもならなくなりました。

明日からまた任天堂DS、脳を鍛えるなんちゃら・・・・再開しよっかな。

結局買い物は、雨も降ってきて、明日に延期となりました・・・とさ。


↓ つづく

昨夜の晩ご飯
by mamicha2 | 2006-10-04 19:04 | あ~、無理 | Comments(12)


神戸に暮らし始めて14年、馴染むまで一役も二役も買ってくれた愛犬ラッキー。この街で一緒に年齢を重ねて今年で14歳に。一年でも多く一緒に過ごそうね。


by mamicha2

プロフィールを見る
画像一覧

記事ランキング

検索

最新のコメント

私、”毎度同じ弁当”でし..
by shallowsweed at 21:48
どれも食べたいですもん⤴..
by shallowsweed at 21:45
★marukosoltさ..
by mamicha2 at 13:08
★まーやへ 私は毎日お..
by mamicha2 at 13:04
こんにちは~! す..
by marukosolt at 17:32
おいなりさん弁当いいね(..
by mahyah2 at 15:02
★おおじさんへ 今回、..
by mamicha2 at 09:40
こんにちは ホテルトラ..
by おおじ at 15:52
★まーやへ うんうん、..
by mamicha2 at 12:14
うわぁ〜びっくりしたー!..
by mahyah2 at 21:27

最新の記事

ちがうだろーー‼︎ パート2
at 2018-02-13 23:30
ちがうだろーー‼︎
at 2018-02-04 13:58
またもや復活してしまったお弁..
at 2018-01-31 11:12
またもや復活してしまったお弁..
at 2018-01-31 10:33
お友達と、ささやかな新年会?..
at 2018-01-30 12:12
西日本最大級の商店街 湊川商..
at 2018-01-28 22:02
お買い初めは、イオンモールへ
at 2018-01-28 06:53
お正月の雰囲気を味わいに、ハ..
at 2018-01-27 06:21
飼い主を連れて初詣に行ったワン!
at 2018-01-06 11:32
元旦のディナーはお決まりのす..
at 2018-01-06 11:05

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ブログジャンル

近畿

フォロー中のブログ

ブーゲンビリアnote
おばば奇譚
結婚して西へ行くまで~西へ来た
毎日がバラ色? バラ色!
南横浜 潮風1丁目
気ままに。
南横浜 潮風3丁目
Cafe  すてきな時
マルコの気ままな日記
くま先生の滋賀が大好き!
NekoMinto
Lush Life
コモン・マーモセット(手...
おやぢふぁーむ菜園記
なのねこ夢気分
100yen*zakka
粉もん☆マニア
まるちゃんちの日常
革職人 TOSHI
My Dear Life...
そんなこんなで・・・
Life will be...
早蕨の京都暮らし
漁・猟師(直売有)の主人...

エキサイト&他ブログ

うさオトン日記
テンと愉快な仲間たち
レイコさんの鹿児島日記
飛び出せ Kitchen ♪
MUSUCARI DAYS
新 残夢三昧
片手にピストル心に花束
Puuのぼちぼち
休日style
Poco・a・poco 的 花子ママ
甘いしあわせ
しっぽのつぶやき
ばーさんがじーさんに作る食卓
玲舫's Blog!
【匠のデジタル工房・玄人専科】


我が家のもう一匹のペット
コモン・マーモセット(手のひらサイズのお猿)の成長記録


旅行のクチコミ・価格比較はトリップアドバイザー


------------------------
勧誘・商用・アダルトサイト等のコメント・TBは内容の如何に係わらず即削除させて頂きます。


※通知無く、半年以上の更新が無い場合は、一旦リンクを外させて頂いております。再開されましたらご連絡いただければ幸いに存じます。


※当ブログに掲載のお店やスポットは、あくまでもその当時のものです。
営業時間の変更や休日、また閉店、閉館等につきましても、改めて訂正は行っておりませんので、ご自身でご連絡の上ご確認下さいますよう、宜しくお願い致します。

画像一覧

カテゴリ

全体
日帰りお出かけ
神戸市内の紹介
関西の謎
最高だね
グルメのお話
ペットのお話
あ~、無理
趣味の世界?
疑問に思うこと
うちご飯
カフェ&レストラン
些細な事・事件?
西国33箇所巡り
占いやら暇つぶしなど
旅行
新西国霊場巡り
ご挨拶
釣り・キャンプ
ドッグカフェ&犬同伴可
おもてなし?
兵庫県内の紹介
旦那様のウンチク物語
四国88箇所参り
箱物施設など
近場お散歩
京都・大阪・奈良
お知らせ・情報
海外旅行
体験・見学
なんちゃってお料理教室
リフォーム&DIY
面白ネタ?
コンパクトキャンプ
ダンナご飯
コモンマーモセット
お弁当
近畿三十六不動尊霊場会
外ご飯
未分類

タグ

(1117)
(784)
(710)
(601)
(592)
(581)
(524)
(521)
(419)
(354)
(349)
(330)
(292)
(189)
(181)
(170)
(90)
(45)
(32)
(29)
(27)
(8)
(7)
(5)
(4)
(4)
(4)
(3)
(2)
(2)

以前の記事

2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
more...