<   2006年 10月 ( 23 )   > この月の画像一覧

友人が離婚!?

昨日は、ちょうどこのブログを更新しようかと思って、ネタの画像など準備していたその時に、電話が。
東京のお友達からでした。
急の電話にやや怪訝に思って、近況を尋ねたら「私、今別居してるの」と、驚愕の言葉が耳を・・・・・
だって、このご夫妻は子どもがいないせいか、とにかくいつも仲良しカップル。
去年はベランダで転倒して、足を折ってしまった奥様を、なーんもしなかった旦那様が、あれこれ
甲斐甲斐しく世話をしている様子や、その奥様の為に、足に良い温泉へ行こうと、この秋にはこちらへ
来る予定まで立てていたのですから。

それが突然別居!?
思わず「一体何があったの!?」と尋ねる声も高くなろうってもんです。
「彼は今一人暮らしをしてるから、電話してみて」と追い討ち。
「私たち暫くの間、別れて暮らすことにしたの」と、変に明るい声。かなり無理してるのか???
謎々ごっこはいいので、一体どうしたの?と問いただす私に、更なるショックが待ち受けていた

若い女性と駆け落ち???
それとも・・・・・妙な分野に目覚めてしまって・・・若い男性に・・・・・・?


いえいえ、なんとお友達の旦那様は独房病院へ投獄入院していたのです。
それも「悪性リンパ腫」だというではないですか・・・・ここで二度目のビックリ。
確かに、別居には違いないのだけど・・・・・・
悪性リンパ腫というのは、俗に言う白血病というもの、俳優の渡辺謙氏と同じような病気です。
完全寛解率(症状がなくなること)はおよそ50~80%と高い治癒度ではあると思いますが、やはり
癌は癌。最終的にお医者さんから「寛解しました」という言葉が聞けるまでは、不安が付きまといます。

個室に入ってるとのことなので、奥様との話しが済んだら、早速電話を入れて本人と会話。
いたって元気でありました。
若い看護婦さんが、いっぱいだ~とか喜んでいたので、まあいっか(笑)
現在の体調やら今後の治療やら、細かく聞き出して、退院後の温泉旅行を約束して通話終了。
きっと、この病名には本人が一番ビックリしたことでしょう。
でも、たまたま知人を介し、この病気専門の名医と言われる方に担当して頂いているとの事。
そして必ず治りますからと、力強い言葉も頂いていると本人も安心して任せているようなので、私も
ちょっと落ち着きました。

本当は病気の報告で驚愕しなければならなかったのでしょうが、最初の「別居」という台詞でそれ
以上に驚いてしまった私は、病気のほうの話は淡々と聞いておりました。
だって、この夫婦が別居し離婚するような事になるのなら、一体夫婦って何よ?とか思ってしまう程
仲良しのカップルなんです。夫婦仲が円満なら、病気くらい何でもないことだわ。


↓ 二晩分の晩ご飯ありますよ~

一昨日と昨日の晩ご飯
by mamicha2 | 2006-10-31 10:01 | 些細な事・事件? | Comments(16)

鯛ずくし

土曜は、勤務先の方が定年を向かえリタイア。その送別会ということで、ご本人の意向を重視して
釣りとBBQ大会が催されることになり、我が家の旦那様は、早々出かけて行きました。

前日の夜から、釣り道具の手入れをしたり、いそいそ着ていく服を準備したり、釣りと名前がつくもの
なら何でも嬉しいのね~と、遠くから眺めていました。
その夜は早々寝て、翌朝出掛けに、今夜の晩ご飯は釣って来るから、何も用意しなくていいと豪語。
よくよく聞いたら海の釣堀らしい。
そんなら、でっかい鯛をお願いねと、期待は全くせずに送り出す。

その後、ゲームをしたりわんこの添い寝(・・・逆じゃないかとわんこが抗議)をしたり、優雅な休日の
ひと時を過ごした私。
まあ、旦那様は車で出かけてしまったし、こんな事でもするしかなかった訳で・・と言い訳してみる(笑)

もっと遅くなるのかと思っていたら、3時ごろにはもう帰宅。お気楽主婦の休日はここでお終い。
戻ってきた旦那様の顔をチラッと見たら、浮かない顔。
本日の釣果は聞くまでも無く・・・・・・さて晩ご飯どうしよう?とか思ったら、「鯛を2匹持って帰った」と
あまり嬉しくもないような声でそう告げる。
さては、小さくておかずにならないようなのだなと、勝手に思い、クーラーボックスを開けてビックリ!

白いまな板の上に乗った大きな鯛二匹。しろりと睨んだ目が恨めしげです。
こーんな大きな鯛が2匹も入っているではないですか!
これで、なんで浮かない顔?さては驚かそうと芝居をしたか??とそこまで考えて、そんな技を使える
やつじゃないと、早々に否定。
で、浮かない顔の理由を聞いてみた。
そしたら、一匹はもれなく貰えるのだとか、そして大きめの方のもう一匹は、2匹釣り上げた人がいて
一匹頂いて帰ってきたのだとか・・・・・・なるほど、浮かない顔の理由はそこだったか。

釣堀と言えども、この大きさの鯛なら、相当強い引きがあったはず、それを体感できなかったことが
ことのほか悔しかったと見えて、浮かない顔しか出来なかったみたい。
でも・・・・私は勝手に別な理由を想像している。たぶん職場の若いお嬢さん方に、ええカッコ出来な
かったことがショックだったのではなかろうかと・・・・ネ。

炊き上がったばかりの炊飯器の蓋を開けた様子。こんぶと丸ごと鯛がほかほかの湯気の中に見えています。 で、晩ご飯は当然鯛ずくしですね
 まずは、先日吉本奥様がわざわざ
 届けて下さった、新潟のコシヒカリ。
 それも農家の方が自宅用に取り置き
 している、とっておきのお米。
 そのお米3合に、大きな鯛一匹。
 土鍋でとも思ったのですが、他にも
 することが沢山あったので、この日は
 炊飯器任せの鯛めし作成です。

 頭は鯛の粗汁用に落として炊きました


鯛めしと味噌汁、四角いグレーのお皿にたっぷり盛られたお刺し身、透明のグラスに入ったじゅんさい、トマトときゅうりが入った黒い角鉢。向こうに見えるのは甘酢生姜です。 出来上がった食卓
 メニュー
 *鯛めし
 *鯛の刺し身
 *鯛のアラ汁
 *じゅんさい
 *頂き物の焼き豚
 *妹作、アンチョビのサラダ
 *生姜の甘酢漬け






正方形の大きなグレーのお皿、中が丸く平たく凹んでいます。たっぷりのお刺し身が盛られています。一部皮付きのままの刺し身も。
大きな鯛の方は、お刺し身にしました。うろこと内臓は旦那様に取って貰ったのですが旦那様も
私も傷だらけ。鯛との格闘はいつもだけど大変です(←洒落じゃないです)

皮に焼き色がついています。炙って焦げ目を出してあるのが解ります。たっぷりの大根のツマと一緒に盛り付けられています。 脂の乗ったお腹の方の身は
 皮目をバーナーで炙って炙り鯛に
 どちらもとっても美味しい鯛でした
 そりゃ、新鮮ですもんね♪









黒っぽいお茶碗に、うっすら色の付いたご飯と、大きめの鯛の身が乗っています。 ご飯も美味しいので最高の
 鯛めしが出来上がりました。
 身もたっぷり入っているので豪華な
 鯛めし。
 薬味も何も入れずにシンプル鯛のみ
 翌日まで残ったご飯まで美味しかった
 これはやっぱりお米の力が大かも。
 美味しいお米って、翌日まで美味しい
 のよね♪




内側が赤い塗りの味噌汁椀。鯛のアラが見え隠れしています。表面には鯛の脂が浮いて、いかにもコクがありそうです。緑の三つ葉が浮いています。  鯛はこれが一番美味しい食べ方?
 そう旦那様に言わしめるアラ汁。
 これはほんとに美味しいですよね
 この汁をご飯にかけてざくざく
 猫飯。
 誰もいなけりゃ、これが最高のご馳走
 アラ汁を作った翌朝は、私の定番
 朝ごはんです♪





黒い長方形のお皿に並べられた焼き豚。 今回リタイアされる方の奥様作成の
 味噌、焼き豚、クッキーをそれぞれ
 そして健康体操の本を一冊。
 記念にと頂いてきたのです。焼き豚は
 あっさりした味わいで、健康に気を
 使っておられる事が伺えました。
 本といい、手作りの品といい、素敵な
 奥様ですね。

趣味が山登りというこのお方、現在スイスで山登りの事しか考えられず、何事もまずは山へ行ってから
と、再就職の働きかけもしてないのだとか。でも趣味を持っているというのは素敵な事ですよね。
直接にはお目にかかったことはありませんが、どうぞこれからも素敵な人生を!

鯛と格闘した旦那様、左指をざくっと切って鯛の勝ち。同じく、切り傷ひとつ、刺し傷ひとつ、大きな
傷ではないのだけど、いつまでもヒリヒリ感を抱える私、でこれも対の勝ち。
全員、対を食して、完敗。やっぱり鯛が圧勝した夜でした。
もらい物の鯛だろうが、釣ってきた鯛だろうが、私にはどっちでも良いので、やっぱめでたし?
by mamicha2 | 2006-10-29 13:00 | グルメのお話 | Comments(18)

蘇州園

最寄り駅は、阪急の御影駅。歩いて5分程度のところに、蘇州園はあります。
住宅街の中にひっそりと建っているので、ここにレストランがあることを気づかない人も多いと思います
ぐるっと、北側に正面入り口が設けられていて、外から見ただけでは、中の様子をうかがい知ることは出来ません。


日本庭園風な入り口。入り口の屋根付きの門を入ると、玄関まで白い玉砂利が敷き詰められていて、植木の緑を一層引き立てています。純和風な格子戸の玄関。入り口両脇に狛犬風なシーサーの置物が。










こうして外側から眺めているだけなら、静かな庭園のあるお屋敷?といった感じです。
シーサーのような置物のある引き戸を開けて中に入ると、そこはオリエンタルな空間が広がっていて受付の方が、丁寧に応対をしてくれます。
本当は3名で予約したランチだったのですが、一人の方が体調が思わしくなく、人数の減る旨電話でお伝えしたら、「どうぞお大事になさって下さい」との一言が添えられ、一人一人のスタッフの方々の配慮が行き届いているのだなと実感。たった一言添える添えないで、お店の印象は格段にアップしますね。ますますここが好きになりました。



真っ白なテーブルクロスに淡いピンク液体が入ったシャンパングラスが2つ。グラスのシルエットがテーブルクロスに映って、影が斜め右に傾いでいます。この日私たちの選んだコースは、2500円のランチです。
雰囲気と料理の内容を考えたら、かなりお得な値段設定だと思います。

まずは食前酒。お水でも良かったけど桃のソーダー割を注文。
そして乾杯!!
ん?何に? そりゃあキャンプの反省会ですわ♪
今日は蘇州園でランチだったと、朝声をあげたら、俺が働いている最中にそんないい事をするのか!?と旦那様。
んだ、しっかり働いてきてや~と、笑顔で送り出した私に、男っていったい何のために生きているんだろう?と呟き、にわか哲学者にでもなったようにうつむいて玄関を出て行きました(笑)



 すまぬ、二人分の出費は想定外なのだ

シルバーのカトラリー・レストに、細身のナイフ、フォーク、スプーン、そして箸が並べられていて、どの年代の方にもゆっくり食事して頂けるようにとの配慮が伺えます。白い角皿に焼きたてのパンがひとつ。丸い小皿に入っている黄色っぽい液体は、オリーブオイルです。最初に焼きたてのパンが、オリーブオイルとともに運ばれてきます。
パンはお代わり自由です












正方形の大きめのガラス製のお皿に、バランスよく並べられた4種類の前菜。楕円形の小さな小鉢に、温野菜、ブロッコリー・人参・ヤングコーンが見えています。お猪口のグラスには、エビのカクテル、とびっこ乗せ、地下置きに小さなトマト赤と黄色とモッツアレラチーズの盛り合わせ、そして皮をこんがり焼いたチキンには、黒いソースがかかっています。すぐに前菜4種盛り合わせが運ばれてきます。

温野菜のアンチョビソース、
エビのマヨネーズ、とびっこ乗せ
トマトと、モッツアレラチーズ、
チキンのバルサミコソース

どれも美味しかったです






白い丸皿の上に乗った白い丸い両手持ちのスープカップ。赤いスープの色が映えて綺麗です。色々な野菜が見えています。次はスープ
ミネストローネ
酸味が抑え目でサツマイモの角切りが甘みを添えて美味しかった♪











柔らかそうなお肉の切り身が並べられて、あめ色のソースが絡んでいます。言われなければビーフと思うような色合いです。添えられた野菜の葉の緑が綺麗です。メインは、魚か肉からチョイスでお肉を選択。
霧島豚のロースト ローズマリーの香り。このソースがとっても美味しくて、パンでお皿がピカピカになってしまいました♪
お肉も柔らかく、これが豚?と思うほど







丸い大きな白いお皿、真ん中に丸い窪みがあって、そこにデザートが。モンブランケーキのような色合いと風合いですトッピングにイチゴと細長く切られたチョコレートが立てられて飾ってあります。こちらがデザート
4種類の中から選べます。
私はマロンのアイスクリーム
濃厚で美味しかった

飲み物はコーヒーを選択しました。









白い長方形のお皿に、白いシャーベット、透明の小鉢に入った、ブドウのジュレ、そしてチョコレートパウダーのかかった、ティラミスが。おにぎりさんの選んだアミューズ
ティラミス・ブドウのジュレ・シャーベット
迷ったらこれがお得かも知れませんね








植木と木立の向こうに、大きな窓の建物が見えています。庭には背の高さくらいの位置にかがり火が燃えていて、雰囲気をかもし出しています。デザートまで堪能したらお腹パンパン。
帰り際に庭へ出て、外からの風景を写真に収め、また緑観賞。

木立の向こうに見える建物がレストラン、内部からの景色は最高ですよ。







同じく、植木や木立の向こうにテラスが見えて、白いパラソルの下には、それぞれテーブルが配置されています。テラスの木の柵の茶色が緑に映えています。お天気が良ければ、テラス席をお願いして、外でのランチもまた格別
外でランチを楽しまれている方も何組かありました。
ここは平日でもランチはいっぱい
予約をしないと入れないこともあります。お出かけの際は、必ず予約を!






こうして、キャンプ反省会の、はの字も出ることなく、私たちはお腹をしっかり膨らませて家に戻りましたとさ。めでたし、めでたし♪・・・いいのかそれで!?

この日の話題は、主に我が家で捏造された英単語?について。
例えば、ファーストイヤー(初耳) ウェッティーシルク(濡れ衣)絹じゃないのにという突っ込みつき。
時々いきなり開始される英語オンリータイム、この時に捏造される造語は、知性のかけらも無い酷いもの、そんな話を英語の得意なおにぎりさんに披露し、大爆笑。
上品なレストランの雰囲気が一気に・・・・・うぅ・・ごめんちゃい♪

とりあえず蘇州園の紹介でした。


↓ 続きま~す


昨夜の晩ご飯
by mamicha2 | 2006-10-27 18:43 | カフェ&レストラン | Comments(10)

ベーコン再び、カルボナーラ堪能会

先日紹介したベーコンと、それを使ったカルボナーラ。
「予約します!」とのコメントのあった、吉本奥様。
当日の電話で、既に行く気満々なんだけど、ほんとに行っていいのよね?としおらしい確認の電話が。
電話での口調は、断ったって行くわよ!と、何故か恐喝?めいていた。(笑)
挙句に、「私カルボナーラは大好物なの~、もうあれ見たらヨダレガ止まらなくって~」と、泣きまで
入りそうな声音。聞いてたら長くなりそうなので、待ってる旨伝えて早々に電話を切った。

到着時間、本当に涎を引きずりながら現れた吉本奥様。
お待たせしたら部屋の中がべとべとになりそうなので、慌てて仕上げにかかる
慌てすぎて、少々卵が固まりかけてしまった。・・・・・愛嬌で誤魔化す♪

テーブルの上に、カルボナーラの盛り付けられた白いお皿、両手持ちの小さめのスープカップ、サラダの小鉢、前菜のタコとエリンギの炒め物、それぞれ白い器に入っています。二人分のお皿が並んでいる状態。ピンクのバラの周りに紫の花をアレンジしてある小さめのテーブルブーケ。透明の冷酒のグラスに白っぽい液体が入っています。 本日のランチメニュー
 *タコとエリンギのガーリック炒め
 *ベーコンと白菜のスープ
 *野菜サラダ
 *カルボナーラ

 近くのスーパーで売っている
 お花のケーキ600円付き

 ライチサワー少々
 (車で来られた奥様にはアルコールが
 完全に抜けるまで滞在して頂きました)
  ↑
 アルコールは無くても同じ時間に
 なるんですけどね(笑)






タコとエリンギのガーリック炒め、スライスのガーリックも見えています。青いのはバジルの葉っぱでしょうか、タコの赤と緑が綺麗です。 タコとエリンギをアンチョビ・バジル
 ガーリック・塩・コショウで炒めた
 前菜です。










白いボウルにレタスや千切りキャベツ、その他色々な野菜が色とりどりに。ゴマの粒のように見えるドレッシングがかかっているようです キャベツ、レタス、その他のミックス野菜
 スーパーの袋売りのをそのまま使用
 市販の金のごまドレッシングを振り掛け
 簡単手抜きサラダの完成!









四角い受け皿に、丸い両手もちのスープカップ、小さなスープスプーンも添えられています。透明なスープに白菜と細切りにしたベーコンが浮かんでいます。 ベーコン、白菜、ザーサイのスープ
 ブイヨンを一個のみ、後はベーコンから
 出る旨みだけで美味しく出来ました。
 最後に味をみて塩コショウで整え完成
 美味しかった♪








粉チーズがたっぷり乗っかったカルボナーラ、見るからに濃厚そうです。粒コショウの黒が、くっきり映えています。 そして本命カルボナーラ。
 ちょこっとお喋りしながら作っていたら
 卵黄が固まりかけてしまった!!
 危ういところでフライパンを火から外し
 なんとか味には問題ない程度に食い止
 め、ハラハラしながらも完成!
 女性同士のお喋りは、微妙な火加減時
 には控えましょうという見本でした。

 次回はブルーチーズを混ぜて、もっと
 濃厚な爆発するようなカルボナーラに
 挑戦してみようと思った。

全て?完食して、超満足の私たち。食欲が満たされたら女性のすることは、後は決まっている。
一般的な選択肢は、旦那の暴露話かショッピング、この二つしかあるまい。
しかし上品さを心がける私たちは、旦那様の悪口を言い合うなんて事は、間違っても出来るはずも無く
そうなると残された道はショッピング。
でも、お腹が満タンでは外へ出て行く気にもなれない。

じゃーんと取り出したカタログの山。家にいても出来るんですよね~ショッピング♪
そのカタログを眺めた奥様、これ欲しい!!
あ、これもいい!

そうとなれば、こういうカタログ誌にはつきものの、お友達紹介キャンペーン!
ところが、ネットで注文することが多い私は、注文票とか邪魔なので捨ててしまっている。探したけど
やっぱり見つからない。直接奥様が電話をしてカタログ請求をして一件落着。

その後も、家具のカタログを隅々まで眺めて、レースたっぷり、フリルたっぷり、乙女チックなカーテン
寝具類に、一回はこういうのやってみたいかも・・て思わない?、思う!思う!と、年甲斐も無くはしゃぐ
天蓋つきのベッドやら、そこまで必要か?ドレープっていうくらいのカーテン、女性でも思わず頬を
赤らめてしまうかも知れないくらいの、お花がちりばめられ、フリルとレースまみれのベッドカバー。
ひとつひとつに、ダメ出ししたり、内装を変えた時の、旦那様の反応を想像し合ったり、男性が見てたら
なんでそんなことで、楽しんでいられるのかね~と、呆れるだろうが、女性はこれが楽しいのだ!

そんな事をしてたら、あっという間に夕方。時間に気づいて現実に引き戻された私たちは、慌てて
夢見る乙女の宴を解散したのだった。



↓ 今日は、続きあります♪

昨夜の晩ご飯(旦那様専用)
by mamicha2 | 2006-10-26 12:31 | おもてなし? | Comments(14)

久々の雨で思い出したこと

ずーっと好天が続いて、昨日は久々の雨でしたが、今日はすっきり晴れて青空が広がっています。
雨といえば、どうしても忘れられない事件が・・・・。
まだ20代そこそこの頃の話なのですが、週末にスニーカーをせっせと洗って干したのです。
お気に入りのスニーカーがかなり汚れてしまって、いわゆる「浸け置き洗い」とうのをしたんですね。
お風呂場で何度も何度も洗っても・・・・・なかなか泡が消えずに(どんだけ洗剤を入れたんだ?)
まあ、問題もないだろうと適当に切り上げて、ベランダに干しました。
完璧に乾いたスニーカーは、思いのほか綺麗に仕上がり、かな~り満足の私でした。

数日後、そのスニーカーを履いてバイトに出かけた私。朝はとっても良い天気で、帰りに雨になる
なんて事は、これっぽっちも考えてもいませんでした。
綺麗になったスニーカーにご機嫌で、ちょっとルンルン、いや誇らしげな気分。

行きはヨイヨイ、帰りは怖い・・・の歌のように、バイトが終わって外を見たら、なんと結構な雨が降って
いるじゃないですか。当然傘なんて持って出るはずもなく・・・。でも商店の軒下を潜り抜けて駅まで
行けば、そう酷くは濡れずに済むかな・・・なんて都合の良いことを考えて、外へ飛び出した私。

でも雨はどんどん激しくなってくる、本屋さんの前でビニ傘を買う決心をし、白い傘を買いました。
透明ではなく、白に拘ったのは、真っ白なスニーカーに合わせての事。
だって、ほんとに真っ白なんだもの!
なにもこんな日に雨が降らなくたっていいのに・・・と思いながら、傘を差して駅へと歩き出す。

「ん?・・・・・真っ白?」
「・・・なんで?」

ここで足元をよーく眺めてみた。真っ白だ。
挙句に少しスニーカーが大きくなった気がする・・・・。
いやまて、このスニーカーはグレーだぞ、薄いグレーだ! 何故真っ白なんだ???
前かがみになって、足元によーーく目を凝らしてみた。・・・・・やっぱ白い!!
スニーカーがなんかこう、ふわふわしてる・・・・気がする。

立ち止まったままでは不審人物と間違われるかもしれないので、怪訝な気持ちを抱えたまま
のろのろと駅へ向かってまた歩き出す。

すると!なんという事、こんな事があっていいのだろうか??スニーカーが増殖してるではないか!?
次の瞬間、はたと閃いた!

・・・・・せ、洗剤

そうなんです、たっぷり洗剤の染み込んだスニーカーは、雨に濡れて、ぶくぶくと泡を放出し始め
たのでありました。
一瞬顔から火が出るほど赤くなり、で少々パニック。
辺りをさりげなく見回すと、大きな水溜りが・・・・・
うろたえた頭で考えつく事は、所詮ろくでもない結果しか生まないことに決まっています。

ええ、やっちまいまいましたよ。
火に油を注いだんですねぇ。
にじみ出てきた洗剤を洗い落とそうと、水溜りでスニーカーを振り洗い。
その場は綺麗になったかに見えたのですが・・・・歩くたびにスニーカーは程よい洗濯機状態。
出てくる、出てくる、泡がぶくぶく、ぶくぶく、ぶくぶく・・・・・
100m程度歩いたら、なんともう足からシャボン玉が飛んでるではないですか・・・・・

後はもうどうやって家にたどり着くか、駅はもうすぐ目の前に・・・・でも一歩も歩けない状態。
こうなりゃ、もっと綺麗に洗ってしまうしかない!とばかりに、水溜りという水溜りを見つけては
ジャブジャブ。ジャブジャブ。
悲惨を絵に描いた状態というのはこんなもんです。
傍からこの様子を見てた人は、きっと発達障害の人だと思ったに違いない。そしてもっと注意力の
ある方が見たとしたら、きっとお腹を抱えて笑い転げたに違いない。
だって、水溜りから水溜りまでの間は、泡で出来た靴を履いて、オロオロしながら歩いているのだから
挙句に、シャボンを飛び散らせながら・・・・・

やっと駅までたどり着き、一直線にトイレに入った。バックの中からハンカチ、ティッシュ、対策になり
そうなものは全部駆使して、泡撲滅作戦に出た。
周りを綺麗に拭って、中にはティッシュをめいっぱい詰め込んで、なんとかちょっとは持つ状態にして
電車に乗り込んだ。
最寄り駅には自転車を置いてある。そこまで無事にたどり着ければ、後は人目を気にせず家まで
たどり着けるだろう。
この帰りの電車の中で、洗剤をきっちり洗い落とさなかった自分を、何度も何度も罵ったことは
言うまでもない。
by mamicha2 | 2006-10-24 15:39 | 些細な事・事件? | Comments(18)

兵庫県丹波市 氷上町清住のコスモス畑

雨さえ降っていなければ、どこかに出かけたい病の旦那様。いや、雨でもか・・・・・
朝からの「どっか行こうよ~」のコールに負けて、コスモス見に、丹波へ行くと言ってしまった私。
以前調べてお出かけリストに入れておいたのだが・・・・・
調べてみると、まだコスモスは咲いている様子。
丹波なら栗が買えるぞ!との旦那様のセリフに、重い腰も上がってしまった。
なんせ給料日前のお休みは、しんどいのだ・・・・・財布が

車に乗って、ナビに行き先を設定し、金額を見ると片道1750円。
風邪でもないのにちょっと身震いがしてきた。お財布の中味を思い浮かべ、・・・・まあ後3日だ。
飢え死にする前には買出しが出来るに違いない・・・・たぶん。(ここらは能天気っぷりを発揮)

幾つものトンネルを通り過ぎ、2時間近くかかってやっと到着。
赤、白、ピンクのコスモスの畑。畑の向こうに民家とそのまた奥に低めの山間が見えます。ちょっと薄曇なのかグレーの空が広がっています。


薄いピンクと濃いピンク、グラデーションのような花々のアップ画像です。緑に映えて綺麗です。


コスモスの中に人の頭だけが見えています。ずーっと続くコスモス畑。遠くに霞んだ山間が見えます。山の濃い緑と花の色の対比が綺麗です。


コスモスだけの写真。白から濃いピンクまでのグラデーション。これで終盤なら最盛期はさぞや綺麗に違いないですね。
綺麗なコスモスを見ることは出来ましたが、もう旬は過ぎてしまって、最後のコスモスなんです。
ここのコスモスは7ha.最盛期にはさぞや綺麗だったろうと、遅めの訪問をちょっと後悔。
来年はもっと早めに来なくっちゃと思ったのでした。

普通のよりやや粒の大きめな枝豆。枝についたままの状態のものが束ねられて、丹波の野菜というテープで括られています。 帰りがけ、氷上町の人たちが販売して
 いると思われる名産品を買ってきました
 丹波黒豆の枝豆。
 これって枝豆の中味も黒いの?という
 頓珍漢な質問をした私に、呆れもせず
 丁寧に説明して下さった、おじさん。
 枝豆はみんなグリーンなんですね(笑)
 この束ひとつで500円也。
 二束買って帰りました♪
 で、ひとつはもう胃袋に収まって・・・



瓶詰めのふきみそ。瓶から覗いている色合いはふきの色がそのまま、深緑色のペーストのようです。 もうひとつ買って来たのはこの
 ふき味噌。
 ほろ苦い味わいが最高ですね~
 これは日本酒でちびりちびりとやりたい
 気分にさせられます。
 食べたことがなかった旦那様は、ご飯に
 塗って食べて、さかんに「うまい!」を
 連発してました。
 そ、そんなに食べちゃ・・・・・・お酒の
 「あて」が・・・・・



コスモス畑を後にして、観光案内の看板を眺めて、疑いもせずに三方の栗の里へ車を向けた私たち。
目的地に着くも閉まっている様子。
え?日曜日なのにお休み??とか思って、やっと気がついた。もう終わってるじゃん!!
栗の時期は終了しちゃったんですよね~残念。
でも、この栗畑へ行く途中に素敵な古民家を発見。以前はレストランだったようですが、今は個人の
お宅のようです。人気は無くて、写真だけ勝手に撮らせて頂いてしまいました。

かやぶき屋根の古民家。庭の木が紅葉して、かやぶきの屋根の色に映えます。手入れがきちんとされているようで、小さな水車を模した車輪や、飾り付けが見えています。趣のある良い感じの家です。


別棟のやはりかやぶき屋根の古民家。こちらも丁寧に手が入っていて、住む方のセンスを感じます。かやぶきの高い屋根を後ろの木々の緑がくっきりしたシルエットにしてくれて、美しい光景です。



コスモスも栗も今月の上旬に来るべきでした。こんな「旬」も全く考えずに出かけてきたバカ夫婦。
ダメ押しがもうひとつありました。
先ほどのコスモス畑の休憩所に置いてあった、パンフレットの案内に、かたくりの里なる文字が・・
そこには綺麗なかたくりの花が描いてあるではないですか!地図を見たらコスモス畑のすぐそばの
ようです。栗には振られたけど、かたくりの花は見て帰ろう!と、車をまたコスモス畑のほうに向けて
発進。でもかたくりの畑なるものは発見できずに・・・?????
で、よくよくパンフレットを見たら、4月!?
大笑いしてしまった。訪れた人に知ってもらおうという為なのか、もうとっくに終わったかたくりの花の
時期のパンフレットを、置いておいただけのよう・・・。
それもね去年のでした(笑)
かたくりの花の時期さえ知らないバカ夫婦。この日の丹波探索はこれをもって終了。

気落ちした私たちは、せめて観光にと帰りは高速を使わずに、一般道をドライブ。
でも一般道で帰ろうと、勧めた旦那様には、ある隠蔽工作が・・・・。それはですね、休憩所でご飯を
販売していたんですが、ご飯ものはもう完売。残っていたのはドーナッツで、わんこのうんち君を
始末してきた私が、テントの中に入ったら、テーブルにはコーヒーとドーナッツが置いてありました。
気が利く旦那様に、思わずお礼を言って、ドーナッツにかぶりつき、コーヒーで喉を潤した私。
当然これは旦那様のお小遣いで買ってくれたのだろうと、思っていたのです。

が、行くときに先渡ししていた交通費。残りの金額がオカシイ!
あれ?とか声をあげたら、ああ、それ?ほら、さっきドーナッツとコーヒー食べたじゃん!
じゃん!?じゃんじゃねーーよ、こんな時だけ関東弁使ってんじゃねーーよ!!
唖然とする私に、ポケットに入ってたからさ、つい出しちゃった・・・・だと。
何かみやげ物を衝動買いして、お財布が空っぽになっても大丈夫なように、交通費だけ先に渡して
おいたのに、そんな事じゃ意味ないじゃんよ!!
と、ちょっと大きな声をあげる私に向かって、だからさこうやって下通れば、1750円も浮くだろ?と
暢気に答えている旦那様。そういう証拠隠滅を図っての一般道帰りコースだったのね・・・・・


途中三田を過ぎるあたりで、土産・松茸・丹波栗!の幟を発見して、車を止めました。
仮設の売店を覗いてみてビックリ!!上記で買って来た同じ束の枝豆が、なんと1500円!
そして栗も1500円。どう判断しても「ぼった栗」にしか見えない!!
時期の終わった残った栗を、きっと高値で販売しているに違いないと踏んで、そそくさとその場を後に
し、一路自宅へと車を飛ばしました。めでたし?
by mamicha2 | 2006-10-23 16:03 | 兵庫県内の紹介 | Comments(23)

ベーコン完成!!

昨日、午前中は自宅待機で動けない旦那様。せっせと障子張りなどしておりました。案の定一人では
手に余る部分は、あっちを持ての、こっちを持てのと大騒ぎ。
本当はこの日はお出かけしたかったんですけどね~。我が家の職人さんの面倒でお流れです。

で、午後からは早速のお出かけコール。
サンシャインワーフのフリマがあるのを思い出し、行くことを提案。すると芦屋浜まで足を伸ばして
ついでにベーコンを仕上げたらどうか?との提言。以前、ひと気の少ない釣り場を見つけたらしい。
そういうことならと、即決行!
大きめの川が流れていて、高速道の橋げたが遠くに見えています。川岸に作られた護岸岩のような上に、アウトドア用のコンロが置かれ、その上にダッチオーブンが乗せられています。 こんな川と海が交差する場所に陣取り
 コンロを設置。
 もうちょっと海側の方には家族連れが
 3組ほど釣竿を出していましたが
 そこから少し離れて、迷惑のかからない
 場所でスモーク開始です。







ダッチオーブンの蓋を取っているところ、中には大きなバラ肉の塊が入れられています。
これはスモーク前のお肉の塊。さてどう出来上がるか楽しみです!


ベージュ色の布製のパイプ椅子、その上に小型のわんこがちゃんとお座りして景色を眺めています。 我が家のわんこは、生意気で
 椅子を持参したら自分が陣取って
 動きません。
 椅子の上から旦那様の釣りの様子を
 高みの見物。
 何度か椅子から下ろすのですが
 また即乗っかって・・・・・






パイプ椅子の上にでれ~っと横たわっているわんこ。目がとろんとしています。椅子の向こうには何組かの家族連れが釣りを楽しんでいます。遠くに水平線が見えて、穏やかな海の風景が広がっています。
挙句に、ぽかぽかのお日様にもうたまりませんわ~とばかりに、ウトウトし始めてしまいました

舌先をちょこんと覗かせ、完全に目を閉じて寝ている様子のわんこの顔のアップ画像です。 次に振り向いてカメラを向けた時には
 舌をちょこんと出してぐっすり寝てました
 これには呆れた私たち。
 縁側でお昼寝してしまうお婆ちゃん
 みたいです。
 あ、雄だからおじいちゃんか・・・・・








竿の先から小あじがぶら下がっていて、それをおっかなびっくりの風体で眺めているわんこの様子。夕日に釣り手の影がながーーく伸びて、画像の大半はその影が占めています。
で、小さななアジを釣り上げて騒いでいたら起き出して、激しく動く魚に興味津々。
だけど、怖いのであまり顔を近づけることはしません。ビクッと動くたびに腰が引けて・・・・・
しばしこの様子に大笑いの私たちでした。

夕暮れ時の高速道路の風景。道路に灯りがともって、赤と黄色の蛍が飛んでいるようです。ゆったり流れる川と、赤く染まりかけてきた空の色が幻想的です。
高速道路に灯りがともって、ちょっと幻想的な雰囲気が。


川を挟んだ対岸の様子。レンガ色に染まってきつつある空と、真っ黒に浮かび上がるビルや工場のシルエット、手前にゆるやかに流れる川面の黒ずんできた色合いが、空の夕焼けを一層際立たせて見せています。
釣竿を垂れても、浮きが見難くなってきて、そろそろ釣りもお仕舞いです。日中は汗ばむ陽気ですが
さすがに夕方は風も冷たくなってきて・・・・・

焼きあがったばかりのベーコン。湯気が黙々と上がってあめ色のお肉を一層美味しそうに見せています。
完成したベーコンのお鍋も冷えてきて、帰宅時間となりました。今回は火加減に十分配慮
あまり高温になり過ぎないように、途中何度も蓋を開けて調整しました。さて出来栄えは・・・・?



スライスしたベーコンの切り口。ピンク色に仕上がったベーコンが美味しそうです!外側はスモークがしっかりいきわたっているようで、茶色に変色しています。肉汁もしっかり見えてジューシーに仕上がった様子。
端っこをちょっと切って口に入れて思わず「・・・・・・・絶句」家庭で出来るベーコンの最高峰?
とか思ってしまったくらいに、塩加減良し、スモーク度良し、そしてジューシーさと歯ごたえ完璧!
こうなったら、もうちゃんと食べてみたくて仕方がない。本当はスモークの落ち着く明日以降が
食べごろなんですけど・・・・あまりの美味しさにカルボナーラ作成!!


クリーミーなカルボナーラ、たっぷりのパルミジャーノレッジャーノが振りかけられています。黒い粒々は荒引コショウのようです。一番上にイタリアンパセリが乗ってます。艶やかなベーコンが美味しそう!
もうたまりません!というカルボナーラが完成しました!!
これの味見をしたい方、早めにおいでにならないとベーコンは完売でございますよ!!
現在、予約受付中!(笑)


で、余談ではございますが、念願のはばタントートバッグ、昨日手元に届きました!!

ブルー地の布製の小さめのトートバッグ。額縁の絵柄の中には、黄色い頭でっかちのヒヨコのようなアニメが、ムンクの叫びのように顔に両手ならぬ、両翼を押し当て、大きく口を開けて叫んでいる様子。ちょっとユーモラスな絵柄です。 一目惚れしてしまったはばタンの叫び
 買いに行ったらもう自販機が撤去され
 メーカーまでお問い合わせをしました
 直接発送してくれるとのことで
 注文、振込み、その日の発送をして
 下さったメーカーさん。
 迅速で丁寧な対応に感激の私。
 で、念願の「はばタンの叫び」を手にし
 またまた感激の私。

 あまり大きなバッグではありませんが
 この顔の愛らしさにノックダウン。

 ベーコンも完成度の高さと、トートバッグ
 妹が土産に買って来たヴィトンのバッグ
 (無事税関を通過し手元に・・・)(笑)
 そしてフリマでゲットした冷酒セット。
 何故か完璧の一日となりました。
 こういう日もあるんだな~♪
by mamicha2 | 2006-10-22 09:25 | グルメのお話 | Comments(34)

簡単 お粥と、チキンライス♪

昨日は朝から頭痛の発作に一日不調だった旦那様。
晩ご飯はお粥にしてとのメールが・・・。
新しくご飯を炊かないといけなかったので、米からお粥を炊かねばなりません。
そういう時には、簡単お粥作成開始です。

黒い竹を組んで出来た取っ手のついた台。少し大きめの蓋がお茶碗になる土鍋が乗っています。その隣には梅干が2つ入った小鉢が。同じ柄のレンゲも添えてあります。 まず、ミキサーに洗ったお米とお水を
 少々入れて、ジャーとやります。お米が
 小粒になってきたら多めのお水で
 炊くだけなんです。
 途中で鶏肉を投入、塩味をつけて完成

 一人用の土鍋に移して火を入れます。
 土鍋を暖めておけば、最後まで熱々
 ですからね。




上記の蓋を取った画像。トッピングに白髪ネギとシラスも顔を覗かせています。 トッピングにしらすと、白髪ネギを。
 梅干も添えて、あっさり夕ご飯です。

 で、このとき使った鶏肉はもも肉。
 皮の部分を綺麗に剥ぎ取って、脂肪分
 カットしています。
 その残ったのはどうするかというと・・

 私はいたって健康、普通食が食べたい
 ので、オムライスでもと考え



炊飯器に入ったままのチキンライス。ケチャップの赤い色がついて、見た目は普通のチキンライスのようです。 こういう時は裏技じゃなかった炊飯器
 使用のチキンライスをお粥と平行作成

 2合のご飯を普通の水加減で、上記で
 残った鳥皮を小さく切って、炊飯器へ
 勿論、普通のお肉の部分も一口大に
 カットしてお釜へ。
 玉葱1/2個のみじん切りも投入。
 塩コショウ、お醤油少々、ケチャップ
 そこそこ入れて、スイッチポン。
 炊き上がったら、バターを一片入れて
 混ぜるだけ。
お茶碗によそって、半熟の玉子を上に乗せて、ケッチャップをかけたら一人分のオムライス完成です
残りは、冷凍とかしておけば、お弁当に、おにぎりに、ただのチキンライスとして大活躍。
お子さんのお弁当に如何ですか?

あめ色の芋のかりんとう。透明の袋に黄色い名札、中には土佐名物「新芋」芋けんぴと書かれています。 でもね、折角作ったチキンライスだけど
 昨夜の私の晩ご飯はこれ!!
 なんとこの私がお菓子?にハマりに
 ハマったのがこれなんです。
 土佐名物・横山食品の芋けんぴ
 なんという歯ごたえ、そしてソフトな
 甘さ。
 一本食べたらもう手が止まらず
 晩ご飯はこれで終了です。
 で、あごが痛い!!(笑)
 こんだけ力を入れて噛んだら、絶対
 ダイエットに貢献してる・・・・はず♪
 また仕入れてこなくっちゃ!

という訳で、今朝の朝ごはんは、仲良くオムライスとなりました。この方法でピラフやパエリアだって
出来そうですね。今後も炊飯器調理、あれこれ試してみようと思いました。



で、洗面所の床のリフォームは、こんな感じに仕上がりました。トイレは現状のままで・・・。
模様のついたフローリング風の床。洗面台がちょこっと見えています。右隣の写真も同じ、こちらは洗濯機がちらりと見えています。d0017632_85715.jpg










かなり満足のいく結果に仕上がりました。床ひとつで洗面所が明るく感じられる気がします。
我が家のマンションは、フローリング禁止なんです。なので居間とか寝室とか全部絨毯。
板の間を素足で歩く感触っていうのは捨てがたいものがありますが、無理な話なので、今回台所と
洗面所のみ、フローリングの雰囲気を味わってみました♪このタイルだと汚れた部分だけ剥がして
新しいのに取り替えられるから便利ですね。それにハサミやカッターで簡単に切れて、女性でも実に
扱いやすいです。裏面に糊がついていて、シートを剥がして貼り付けるだけなんです。
一枚100円のタイルを、全部で110枚くらい使用しました。
柄合わせの不必要なタイルを使えば、もう少し枚数を減らすことも出来たはず。
金額以上の満足感と爽やかさを満喫しています♪
by mamicha2 | 2006-10-21 09:08 | うちご飯 | Comments(8)

やっぱり健気なわんこでした♪

昨日、すんなり交代劇が行えたというお話しをしましたが・・・・
やっぱり、すんなりではありませんでした。
今朝ほど、出勤前の旦那様に、「ラブラブ持っといで~」と声をかけられたら、目の前にあった新しい
のは完全無視で、家中をくまなく探し回ったわんこ。
あ、あのぬいぐるみは、あまりにも執着心を示すわんこの姿に、我が家では「ラブラブ」という名前が
つけられているのです。和室、寝室、物置小屋(旦那様の書斎)挙句は、出張で大連へ行っていない
妹の部屋まで、前足でカリカリ、開けて~の催促です。

くまなく探しても見つからない、切なげな顔のわんこに向かって、「なんだお前、あの古いのに未練
たっぷりなんか!? 前の奥さんはな、もう出て行って、いなくなったんや!  いいな~お前は、
新しいピチピチの奥さん貰えて、幸せだよな~。な、嬉しいだろ?男なら嬉しいに決まっとる~!」
「だからな、あんな古いバッチーやつのことなんか、もう忘れなあかんで~!」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・冷たい視線を感じ取った旦那様

「そ、そうか、やっぱりお前も俺と一緒で律儀な男なんだな~」
「○○ちゃん(自分の名前)と一緒やな~」
「古くても、ボロボロでも、ヨレヨレでも、スカタンでも、俺たちは馴染んだ古女房がいいんだよな~」
「お互い損な・・・・・もごもご・・・・・・・・お、俺たちは健気で律儀な男だよな~はぁ・・・・・」

この後、目線は合わせることなく、出かける支度をして、そそくさと家を出た旦那様でありました。

そんな訳で、我が家のわんこは、やっぱり一途で健気っぷりを証明してみせてくれrました。
喜んでばかりはいられないんですけどね、思い出すと、家の中をウロウロ、ウロウロ、徘徊犬に
成り下がるのでありました。困ったもんだわ。

話はころっと変わりますが、台所の床に貼るタイルを敷き詰めて、気分一新、ご機嫌になったついでに
洗面所にも取り掛かってしまいました。当然床材は無くなって、再度ムサシへ追加の買出しに。
で、ついでに三宮の東急ハンズにも寄って、「はばタンの叫び」をゲットと思ったのですが、お店の
前の自販機はもう撤去されておありました。案内の方に確認をしましたが、国体終了と同時にグッズも
全く取り扱っていないとこの事。
かな~りショック。
まあ、こうなりゃメーカーに直接問い合わせをしようと、メールを出してみました。
まだ返事は来ませんが、さてどうなることやら?

買おうと思ったものが買えないと、妙に欲求が溜まるものです。帰りがけに御影新生堂へ寄って
あれこれ買い込んでちょっとストレス発散。でも財布の中を見てまたストレスを溜め込んだ私なので
ありました。あ~ぁ、財布の中味が減らないお買い物がしたい!!


買い物から戻って、洗面所の床を全部張り替えました。なんかスッキリ!!
で、トイレの中もついでにやってしまおうとか思って、しばし眺めていましたが、ここはカーブが
やたら多い。几帳面な私は、このカーブにそって型紙を取らねば・・・・とか考えたら、やる気をすっかり
失って、今日はもう放置。ここはどうなるかな~。
現状のままの可能性が85%くらいかな~。


↓ はい、ちゃんと晩ご飯に続きます!

昨夜の晩ご飯
by mamicha2 | 2006-10-19 18:05 | ペットのお話 | Comments(23)

わんこのパートナー交代劇

我が家のわんこの大好きなというより、絶対に離せないオモチャ?(たぶん連れ合いだと思ってる)が
かなりボロボロ、くたくたになってきた。
で、昨日の昼に、全く同じものをネットで注文してみたら、本日午前中に届きました。
いやもうビックリ。迅速過ぎない?って感じ。時代は進んだね~としみじみ実感の日です。

白と黒のツートンカラーのぬいぐるみ。犬の顔になっていて、前足もついています。頭でっかちのこの胴体には、手を入れる事が出きるようになっていて、齧られても痛くないようにたっぷりの綿が入っています。まん丸の目が愛くるしいぬいぐるみです。 ボンビアルコンというメーカーの
 アニマルミトンです。
 送料がかかるので、2個まとめて
 注文しときました。
 これで暫くは安泰です。

 で、問題はここから、いつもは新品には
 全くの無関心。
 古女房を隠してしまって、新しいのを
 差し出しても、前のを家中探し回ります
 どうあっても馴染んだものが良いようで
 これを交代するには、一苦労なのです。

ところがです!今回はどうした訳か袋から取り出して、新しいの見せた途端に、食い付が良い(笑)
遊ぼう!とさそって、いつものごとくベッドへ誘導したら、ちゃんとその気になってついて来るではない
ですか!そして、ベッドの上でひとしきり、これを使って格闘大会が・・・。
いや~、てこずる事を覚悟していたので、これにはもうビックリ!
ま、まさか・・大人になった我が家のわんこ、女房と畳は新しいほうがいいって格言を知ってしまった?

ホッとしたり、ちょっとガッカリもしたり。
で気を抜いた途端に、急に古女房へまっしぐら。台所のゴミ箱にポイっとしたんですが・・・さすがに犬。
鼻が利くようで、台所前でキュイ~ン・キュイ~ン。
そうかそうか、やっぱり馴染んだ女房が一番なんだね~、ちょっとムチムチ~の若い子に、思わず
ふらふらっとしちゃっただけなんだよね~。
そか、そか・・・やっぱりお前は律儀ないい子だね~!どっかの誰かに爪の垢でも煎じて飲ませて
やりたいもんだわね~などと言いながら、古いのを取り出して与えてしまった私。

洗濯機のドラムの中に、よれよれになった上記のぬいぐるみが入っています。色も褪せていて、いかにも古ぼけている感じです。 ん?これじゃ意味が無い!
 で、隙を見計らってそうっと古いのを
 隠してみた。ここなら匂いはしないだろう
 と思われる場所へ。
 それはね、洗濯機のドラムの中です(笑)
 作戦は成功したようで、今回はあまり
 この古女房に執着することもなく
 新しいパートナーを受け入れたようです





白とグレーの毛並みの犬が、顔よりずっと大きなにぐるみを咥えて、ソファーの背もたれの上部に乗って寝そべっています。落ちそうだな~ ムチムチの若い奥さんを
 片時も離すことなく咥えて持って
 歩いています。

 複雑な心境の私は、時々それで
 いいのか?君は?
 などと、意味不明な言葉をわんこに
 かけたことは言うまでもありません





同じく、ソファーの背もたれの上部にお座りをしています、首をすくめて、ちょっと嫌がっているポーズ。しっかりぬいぐるみは咥えたままです。 ちょっとかまって、「ちょうだいな~」
 とか声をかけると、いつでも逃げられる
 体勢をとりはじめます。

 誰も盗らないって!








同じソファーの背の部分で、ぬいぐるみを離し、目がこれ欲しいの?と挑発している様子。 で、知らん顔をしていると、咥えてた
 オモチャをわざと放置して・・・・・
 かまって!の催促です。

 こうなったら、もう馴染んだ様子。
 今回は意外なほどにあっさりとした
 交代劇でありました。
 やっぱりお前も新しいのが良く
 なったのか・・・・・・

 後は、気づかれないように、古女房を
 始末するのみです。
 単なる犬のオモチャなのに、酷く心が
 痛む気がするのは何故でしょう??




台所のコーナーらしき床の画像。木目の格子柄。タイルを貼ったにしては、つなぎ目も見えなくて綺麗に仕上がっています。 こちらは、我が家の台所の床
 ひとりでコツコツ貼って完成!!
 素人仕事の割には、なかなかの
 出来栄えと、勝手に自画自賛

 妹が帰宅したとき、これをみて
 ゲームの中だけじゃなくて
 リアルでも内装するのか!?
 あのね~、ゲームの中ならせいぜい
 マウスの使いすぎで手首辺りが痛く
 なる程度だけど・・・・・
 これ月曜日にやって、昨日と今日と
 まだしっかり筋肉痛ですから!

 そんな妙な感心してるより、床を
 汚すなよ~!!

 新しいものがダメなわんこは、ビビッて
 台所に入らなくなりました♪



↓ 今日も続きがありますよ♪

昨夜の晩ご飯
by mamicha2 | 2006-10-18 17:07 | 些細な事・事件? | Comments(24)


神戸に暮らし始めて14年、馴染むまで一役も二役も買ってくれた愛犬ラッキー。この街で一緒に年齢を重ねて今年で14歳に。一年でも多く一緒に過ごそうね。


by mamicha2

プロフィールを見る
画像一覧

記事ランキング

検索

最新のコメント

ワンワン♪ なんていい..
by shallowsweed at 16:34
★umtさんへ 明けま..
by mamicha2 at 07:28
★まーやへ 和食だけの..
by mamicha2 at 07:23
★おおじさんへ 明けま..
by mamicha2 at 07:18
★marukosoltさ..
by mamicha2 at 07:13
★みーちゃさんへ 明け..
by mamicha2 at 07:09
あけましておめでとうござ..
by cyberumt3 at 07:29
お節いいね。来年はうちも..
by mahyah2 at 17:08
明けましておめでとうござ..
by おおじ at 11:10
あけましておめでとうござ..
by marukosolt at 06:47

最新の記事

飼い主を連れて初詣に行ったワン!
at 2018-01-06 11:32
元旦のディナーはお決まりのす..
at 2018-01-06 11:05
明けましておめでとうございます
at 2018-01-01 13:07
どうぞ良いお年をお迎えください
at 2017-12-31 23:02
買い出し、そして買い納め
at 2017-12-31 22:38
一度甘い顔をすると・・・
at 2017-12-29 10:01
わいわいと、今年も楽しいクリ..
at 2017-12-29 01:58
ラッキー君のカフェ納め?かな?
at 2017-12-26 18:43
メリケンパークに、わんこ連れ..
at 2017-12-26 03:29
桜の時期が待ち遠しいシーサイ..
at 2017-12-22 07:22

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ブログジャンル

近畿

フォロー中のブログ

ブーゲンビリアnote
おばば奇譚
結婚して西へ行くまで~西へ来た
毎日がバラ色? バラ色!
南横浜 潮風1丁目
気ままに。
南横浜 潮風3丁目
Cafe  すてきな時
マルコの気ままな日記
くま先生の滋賀が大好き!
NekoMinto
Lush Life
コモン・マーモセット(手...
おやぢふぁーむ菜園記
なのねこ夢気分
100yen*zakka
粉もん☆マニア
まるちゃんちの日常
革職人 TOSHI
My Dear Life...
そんなこんなで・・・
Life will be...
早蕨の京都暮らし
夫婦でIターン!漁・猟師...

エキサイト&他ブログ

うさオトン日記
テンと愉快な仲間たち
レイコさんの鹿児島日記
飛び出せ Kitchen ♪
MUSUCARI DAYS
新 残夢三昧
片手にピストル心に花束
Puuのぼちぼち
休日style
Poco・a・poco 的 花子ママ
甘いしあわせ
しっぽのつぶやき
ばーさんがじーさんに作る食卓
玲舫's Blog!
【匠のデジタル工房・玄人専科】


我が家のもう一匹のペット
コモン・マーモセット(手のひらサイズのお猿)の成長記録


旅行のクチコミ・価格比較はトリップアドバイザー


------------------------
勧誘・商用・アダルトサイト等のコメント・TBは内容の如何に係わらず即削除させて頂きます。


※通知無く、半年以上の更新が無い場合は、一旦リンクを外させて頂いております。再開されましたらご連絡いただければ幸いに存じます。


※当ブログに掲載のお店やスポットは、あくまでもその当時のものです。
営業時間の変更や休日、また閉店、閉館等につきましても、改めて訂正は行っておりませんので、ご自身でご連絡の上ご確認下さいますよう、宜しくお願い致します。

画像一覧

カテゴリ

全体
日帰りお出かけ
神戸市内の紹介
関西の謎
最高だね
グルメのお話
ペットのお話
あ~、無理
趣味の世界?
疑問に思うこと
うちご飯
カフェ&レストラン
些細な事・事件?
西国33箇所巡り
占いやら暇つぶしなど
旅行
新西国霊場巡り
ご挨拶
釣り・キャンプ
ドッグカフェ&犬同伴可
おもてなし?
兵庫県内の紹介
旦那様のウンチク物語
四国88箇所参り
箱物施設など
近場お散歩
京都・大阪・奈良
お知らせ・情報
海外旅行
体験・見学
なんちゃってお料理教室
リフォーム&DIY
面白ネタ?
コンパクトキャンプ
ダンナご飯
コモンマーモセット
お弁当
近畿三十六不動尊霊場会
外ご飯
未分類

タグ

(1116)
(783)
(707)
(600)
(591)
(581)
(524)
(521)
(418)
(354)
(348)
(327)
(292)
(188)
(181)
(170)
(90)
(45)
(32)
(29)
(25)
(8)
(7)
(5)
(4)
(4)
(4)
(3)
(2)
(2)

以前の記事

2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
more...