カテゴリ:京都・大阪・奈良( 81 )

お墓詣りのついでにイタリアン

毎年、お盆時期のお墓詣りは、旦那様の
お母さんを連れて、親子水入らずで行くの
ですが、今年はアッシー君不要との事で
私が同伴することに。
d0017632_23081250.jpg
どこかレストランでも探して置いたら?との
提案に、即乗ったワタクシ(笑)
目的地から車で10分程度のところにある
マガジーノというイタリアンを予約しました♪


d0017632_23152330.jpg
それも、ランチではなくディナーをね😄
今年は、お盆休みの特別なイベントを
何もしなかったので、ささやかな贅沢です♪


どうしてこちらを選んだかというと
d0017632_23212060.jpg
と言うことなので、ピザに期待して・・です。



d0017632_23201267.jpg
お店に入ってすぐのテーブル席と、奥に
このような広いスペースのテーブル席が。
運良くこちらの奥のスペースに通して貰って


d0017632_23245518.jpg
丸太をあしらった壁や



d0017632_23254677.jpg
天井などを観察?
いやね、奥の席へ通されたのはいいんだけど
お水もメニューもなかなかやって来ず
あまりにも暇なので眺めてるしかなかった訳
ちょっぴり頼んだコースの流れが心配になる。


d0017632_23280665.jpg
テーブルに座って、20分近く経ってやっと
乾杯。人が少なすぎるのかしらね?


d0017632_23295236.jpg
で、アルコール類を頼んでいないのに
なかなかコースが始まらない。
手持ち無沙汰に、ポリポリグリッシーニを
齧るも、これでお腹が満たされるわけもなく
余計にお腹が空いた!


d0017632_23492059.jpg
やっとサラダが来ましたよ。
鮮度は文句のつけようもなく新鮮!
こういう野菜は香りも強いのよね
ドレッシングが合ってないと思う。


d0017632_23520131.jpg
で、前菜の盛り合わせ。
これがね〜、次にピザとパスタが続くのに
量が多過ぎ!(笑)



d0017632_23541043.jpg
向こう側が見えてないけど、大きなブリカマの
塩焼きがどーん


d0017632_23545745.jpg
肉詰めピーマン、コッパ・ディ・テスタ
白バイ貝、ピクルス、生ハムメロン?
えぼ鯛(シズ)の唐揚げ、ブリカマ塩焼き


d0017632_00030173.jpg
メロンの上のハムはサラミハムだった。
でも、意外に美味しいと思ったのでいいかな。



d0017632_00041534.jpg
前菜からまたもやだいぶ経ってのピザ。
トマトソースにトマトのあっさりピザ。
土台の塩加減は凄くいいなと思う
けど、運ばれてくるタイミングも料理のうち


d0017632_00064086.jpg
生地が薄かったので何とか完食
チーズ三昧のピザも食べてみたいと思ったので
またもやのお墓詣りに今度はランチでピザ
のみにしてみよう!


d0017632_00083389.jpg
そしてまたもや、絶妙な間隔があってのパスタ。
サルシッチャのパスタ。
かなりオイリーで、この間隔があっての
ラストはかなりきつかった。


d0017632_00105664.jpg
旦那様はイチゴと桃のジェラート



d0017632_00114506.jpg
チーズをパイで包んで焼いたデザート



d0017632_00420831.jpg
そして食後のコーヒー

コースは2名で8000円(ドリンクは別)
内容と値段と釣り合ってないような?
期待して行ったので、やや残念感が。

アルコール無しの私たちには、2時間越えの
このコース料理はキツかった。
超満腹なお腹とは裏腹に満足感がイマイチ。
接客と料理の運ばれてくるタイミングの
悪さには閉口かな。


by mamicha2 | 2017-08-22 00:53 | 京都・大阪・奈良 | Comments(2)

大阪のディープな街、新世界をおっさんがハシゴしてみた?

土曜の夕方、珍しく友達に誘われて
新世界へ出向いた旦那様。
久々だったので、思わず通天閣の写真を。

d0017632_22110132.jpg
通天閣って、なんかこう見かけると写真を
撮ってしまうのよね。


d0017632_22111497.jpg
高速道路から、頭だけ見えるのだって
思わずパチリとしちゃうもの、目の前にドーンと
あったら、ついスマホ向けちゃうわよね。


d0017632_22115208.jpg
先ずは腹ごしらえって事で、お寿司を
つまんだそうだけど、不味くもないけど
美味しくもないと(笑)


d0017632_22130555.jpg
新世界で串を食べるなら、ここでしょ!という
有名店、てんぐ



d0017632_22120701.jpg
串かつと



d0017632_22121726.jpg
どて焼きが有名です。




d0017632_22123269.jpg
一杯飲んだら別のお店に



d0017632_22124324.jpg
射的屋さんが二軒出来てたそうで
将棋を指すお店がなくなってたとのこと。
あったら、今のブームに乗って・・だったろうにネ


d0017632_22132735.jpg
またもや別のお店で揚げ物を



d0017632_22133910.jpg
最後は居酒屋であっさりしたのを



d0017632_22142294.jpg
飲めない旦那様は、最後の締めに
こちらを所望



d0017632_22144653.jpg
大阪名物、ミックスジュース!



d0017632_22145987.jpg
おっさん2人向かい合って、ミックスジュースを
飲んでる姿はあまり想像したくないわね(笑)


この日の感想、ミックスジュースが美味い!

やっぱ飲めない人には新世界はディープ過ぎる
街だったようですね〜。

過去記事の新世界の様子はこちらを






by mamicha2 | 2017-07-04 22:52 | 京都・大阪・奈良 | Comments(2)

大人の修学旅行 奈良へ 竜田揚げランチと法隆寺

東大寺の後は法隆寺へ
その前に、法隆寺のすぐ近くのカフェ?
レストラン?でランチをと思っていたのですが
着いたら、本日のランチは終了しました
なる張り紙が・・・・・

竜田揚げで有名な場所なので、竜田揚げの
ランチをと思ってこちらへ。

でも、テレビで紹介されたばかりって事で
ランチは売り切れ、仕方なく、こちらで
紹介して頂いた別なお店へ。
d0017632_20122762.jpg
ちょっとレトロでお洒落な外観の「布穀薗」
d0017632_20115233.jpg
お庭も綺麗でした。



d0017632_20110596.jpg
庭を眺めながらのランチが良かっただろうと
思われるのですが、仕方ないですね〜
こちらを利用される場合は、予約がベストですね。



実際にランチを頂いたのは
雑貨やお土産物を売っているカフェこもどさん
駐車場が遠くにしかなく、その点がちょっと不便でした。
d0017632_20153291.jpg
でも、食事の方は
ボリューム満点だったし、美味しかったです。



d0017632_20144567.jpg
鶏の竜田揚げと、お麩の竜田揚げ
食感がいろいろあって楽しかった♪



d0017632_20164237.jpg
食べ終えて、こっちで良かったかなと。




で、法隆寺
d0017632_20102389.jpg
ここは結構歩くし時間もかかりそうなので
私は以前散策してるのでパス



d0017632_20100255.jpg
法隆寺前のカフェで、コーヒー飲んで
柿のソフトを食べて待ってました。
実はこの日、UV対策をいい加減にしてきて
紫外線アレルギーが出そうになっての離脱。
春の紫外線対策は怠ってはダメよね〜



帰りに通天閣が見えて、お友達大喜び
d0017632_20075285.jpg
これが好きなんですって!


出張でこちらに戻っていた妹は、この日の夜
東京へと戻って行きました。
早めの夕方、ラッキー君連れてお散歩&カフェで
ラッキー君孝行してくれていました。


何故かこの日の晩御飯は写真撮り忘れ
多分だけど、マッシュポテト入りの焼豚丼にしたはず。
味噌汁付きで・・・と思ったのは間違い(笑)
お弁当のおかずでこの日の晩御飯は
ハンバーグと判明
d0017632_13360632.jpg
写真は以前のもので
崩れたテールシチューをソースに使った
煮込みハンバーグ


d0017632_13362356.jpg
中にはモッツアレラチーズが入ってます。
お友達、これがえらく気に入ったようで
絶賛でした。

今回、ごはんの写真撮り忘れが忘れ多いです😢


by mamicha2 | 2017-05-04 06:04 | 京都・大阪・奈良 | Comments(0)

大人の修学旅行・奈良へ

奈良の大仏さんの記憶があまりないと
お友達の旦那様。なら記憶の再構築って事で
4月23日の日曜日は奈良の東大寺へ。

車は大仏前駐車場へ。ここが大仏殿に
一番近いと教わりまして。
d0017632_17183542.jpg
先ずはセントくんにご挨拶


d0017632_17292789.jpg
次は、鹿くんにご挨拶されました。
何も持ってない事をアピールして解放して貰う(笑)


d0017632_17315134.jpg
あっちでも、こっちでも、鹿くんと記念撮影を
している外国人の観光客がいっぱいでした。


d0017632_17350373.jpg




d0017632_17411292.jpg


d0017632_17373653.jpg


d0017632_17343373.jpg
大仏様とご対面
するとお友達の旦那様、記憶がないんじゃなくて
ここは来てないかも?なる珍発言。
やっぱ、来て良かったね〜


d0017632_17400719.jpg


d0017632_17392928.jpg


d0017632_17422044.jpg


d0017632_17432882.jpg
こちらは、大仏様のお背中であります。



d0017632_17442965.jpg
大仏殿で、瓦を寄進して安全祈願してました。
家内安全は、奥様のご機嫌を損ねないようにすれば
祈願しなくても、安全なのにね〜😄


d0017632_17441322.jpg
こうしておけば忘れないわよねと、お友達の旦那様の
記念撮影を。

この後、春日大社へと思っていたのですが
駐車場が満車との事なので、端折って次へ。

d0017632_17501011.jpg
駐車場を探すのが面倒なので、車は置いたまま
タクシーでこちらへ。
あの有名な餅つきのパフォーマンスを見せて
くれる中谷堂です。様子は動画でお楽しみ下さい。






つきたてのお餅を味見したら、次は法隆寺へと
続きます。


by mamicha2 | 2017-05-03 18:07 | 京都・大阪・奈良 | Comments(0)

想像と違った太秦映画村

仁和寺から嵐電に乗って、太秦映画村へ。

d0017632_21335394.jpg
嵐電とは、京福電気鉄道の嵐山本線と北野線の
通称で、本来の名前で呼ばれることは少なく
どちらの線も、嵐電(らんでん)で親しまれている。

d0017632_21340827.jpg
北野線で、撮影所前まで。
そこから徒歩2分で映画村です。


d0017632_22081984.jpg

入り口を入るとすぐの通路に顔出しパネルがずらり
d0017632_22095518.jpg



これが1番楽しそうだったけど、
d0017632_22120952.jpg
同じような状態にならないと顔が出せない。
女性にはちとキビシイね。
さすがの妹もこれには引いてた(笑)
これ、台があって、立ったまま顔を出せるような
工夫が必要だと思いました。


d0017632_22150294.jpg
昔の劇場?
寸劇やガマの油売りの口上などが行われていました。
チラッと中に入ってみたら


d0017632_22172639.jpg
何かやっていましたが、あまりにもなので
すぐに外へ。


ここって、実際に映画の撮影などが行われて
いるところなのかと勘違いしてました。
完全なお子ちゃま向けの場所だったのね(笑)

d0017632_22222954.jpg
ま、せめてもの・・・・・・
これで行けなかった池田屋に行った気分になっとこ



d0017632_22240327.jpg
こちらは本物!
実際に暴れん坊将軍に出た馬だそう。


d0017632_22241579.jpg
子供しか乗ってなかったのでスルー(笑)



d0017632_22264176.jpg
この辺は昔にタイムスリップした気分。



そして、今回この時期に来たかったのが
d0017632_22275150.jpg
ぐでたまフーズが味わえる事。
密かなぐでたまファンとしては見逃せない(笑)
たこ焼きやラーメンでお腹を満たし



d0017632_22323525.jpg
こんなにを眺めて大笑い



d0017632_22335103.jpg
入り口でめちゃめちゃ脅されて、どんなに
怖いんかと思ったら、真っ暗でよく見えず
通路をただ歩くのが怖かった。
意外に短いコースで終了、あらら?

その他アトラクションはあったけど、入場料とは
別料金がかかります。
払っても入ってみたいと思ったのはお化け屋敷のみ
後は、やっぱりお子ちゃま向けのだね。


ま、大人だけなら、一度来ればもういいかな。
ちょっと肩透かしを味わった映画村でした。


d0017632_22453078.jpg
京都駅、ホテルグランビア京都にて


d0017632_22444768.jpg
お茶をして、京都ワンデイ観光の締めくくり。

妹は京都で昔の職場の人と食事、私は
急に現実に戻って、旦那様のお粥などを仕入れて
帰宅となりました。
事故?家事?で電車がかなり遅れて、予定より
30分も遅れての帰宅となりました。疲れた!


by mamicha2 | 2017-01-18 22:40 | 京都・大阪・奈良

京都観光 世界遺産 仁和寺へ

二条城からタクシーで仁和寺へ。
乗ったタクシーが、大阪のタクシーでナビ無し。
本の地図を横目で目的地まで連れて行かれる?

気になった妹は、スマホで地図を表示して
道が遠回りじゃないかどうか確認してるっぽい。
同じことしようと思ってた私は、お腹の中で
クスッと笑ってしまった。
でも、問題なく目的地到着しました。
d0017632_19333859.jpg
仁王門の前には自転車がいっぱい停まっていて、
観光に自転車を利用している人が多いのかな?と。



d0017632_22252797.jpg
仁和寺は、仁和4年、先帝の遺志を受け継いだ
宇多天皇が完成し、退位後に出家、仁和寺を住房とし
真言密教の修行に励んだ事から以来、明治維新まで
皇子皇孫が仁和寺の門跡となられ、御室御所と呼ばれ
親しまれてきました。
現在は真言宗御室派の総本山で、平成6年に国連の
世界遺産に登録されました。

d0017632_21414037.jpg
仁王門には仁王像が、当然ですね。パチリ。
こちらのお寺さんは、写真OK、わんこOKでした。
※内覧は要キャリー

d0017632_22271401.jpg


d0017632_22282197.jpg
白書院



d0017632_22330380.jpg


d0017632_22360178.jpg
白書院より南庭を望む


d0017632_22291197.jpg
宸殿




d0017632_22335295.jpg
宸殿から北庭を
ここが1番有名かも。庭の向こうの五重塔を借景
にして奥行きを演出した見事な庭造り。
桜か紅葉の時期に再訪したいですね。


d0017632_22413812.jpg


d0017632_22415688.jpg
霊明殿より庭を望む


d0017632_22443878.jpg
霊明殿



d0017632_22455478.jpg
庭から見えた五重塔



d0017632_22463148.jpg


d0017632_22470161.jpg
金堂


d0017632_22475726.jpg
鐘楼


残念ながら観音堂は、平成30年春まで改修工事で
見学が出来ません。工事終了の頃にまた出向きたい。


d0017632_22540716.jpg
静かで落ち着いた良いお寺でした。

この後、最後の観光に選んだのは
嵐電に乗って、太秦映画村へ。
また後日につづく


by mamicha2 | 2017-01-16 22:56 | 京都・大阪・奈良

京都観光 世界遺産 二条城

京都観光の続きです。
壬生寺と八木邸立ち寄りの後は、世界遺産
二条城へと向かいました。

運良くこの日から、大政奉還150周年記念で
二の丸御殿の大広間障子開放と中庭の特別公開が
開始されていて、超ラッキー♪
障子の解放は今月一杯、中庭の公開は3月まで。

現在は改修工事が行われているために、
入り口が東大手門から、北大手門に変更に
なっています。
d0017632_22364080.jpg
入り口で、城主の募集に、即反応した妹。



d0017632_22361728.jpg
1000円で一口城主になりました。
記念のバッジが貰えます。
この後、砂利道をお城へ向かいながら、この砂利
一粒くらいは、自分のになった気分?との私の問に
うーん、粒は無理かなと、意外とまともな答え(笑)


d0017632_23063544.jpg
入り口から入って、最初に目に入ったのが
展示・収蔵館。築城400年を記念して、障壁画の
展示が行われていたので、鑑賞。

障壁画というのは、襖や衝立などに描かれた絵
などの事。

d0017632_23015998.jpg
この左手がお土産売り場とお食事どころ。
飲食はぐっと我慢。食べるものは目的場所が
あるので、横目で素通り


d0017632_23014685.jpg


d0017632_22354389.jpg
重要文化財の唐門


d0017632_23323954.jpg
2013年の修復工事で豪華絢爛な往時の
状態が蘇ったそうです。



d0017632_23312438.jpg
唐門の正面に二の丸御殿があります。
大きく口を開けているところが車寄せ。
牛舎がそのまま入れるように大きく高く

d0017632_23432023.jpg
でもって、欄間に施された彫刻は見事です。

中は撮影禁止のため↓をご参照下さい。

二条城は、大きくて絢爛豪華、来るまでは
こんなに凄いお城だって思っていませんでした。
トップに上り詰めたら、こういう暮らしが
出来たのね〜と、ため息が出たほど。
見学できて良かった!

d0017632_23443188.jpg
時間の都合もあり、中庭は廊下から眺めたのみ
機会があれば、旦那様もまだ二条城を見ていない
との事なので、再訪したいですね〜。

お堀の水は干上がっていて風情はゼロでした(笑)


この後、やはり世界遺産の仁和寺へ。


by mamicha2 | 2017-01-14 23:52 | 京都・大阪・奈良

京都観光 壬生寺と新選組壬生屯所旧跡・八木邸へ

京都に何年も務めていたくせに、妹は京都観光を
殆どしたことがない。何を思ったのか急に
京都観光しようよとのお誘いが。

観光タクシーで回れるだけ回ろうかなという
テキトーな案に対して、それはあまりにも
勿体無いので、移動はタクシーでするにしても
その場その場でタクシーを拾う事を提案をする。
d0017632_22575492.jpg
妹は行き当たりばったり派、出たとこ勝負で予定は
コロコロ変わる。自分の行きたい場所を1つだけ
言い渡して、あとは勝手に決めてもらうことにした。
が、京都の観光地には詳しくない妹なので
駅の観光案内所でお知恵を拝借するよう促す。


朝ごはんを食べてない、お腹が空いたと妹。
なので腹ごしらえが京都最初の予定消化。
d0017632_08165295.jpg
殆どのお店がオープン前で、リンプトンのカフェが
開いてたのでそこへ。
エッグベネディクトを見たら思わず注文しちゃった。
けど、ベースが粉っぽいマフィンで殆ど手を付けず残す。



さ、いざ、観光のスタート。
観光案内所にて、二条城までの間に壬生寺と
八木邸を勧められたのでその通りに
d0017632_23291363.jpg
京都は冬場はあれこれ集客のためのイベントが多いです。
壬生寺も特別公開がありますよと教えられて
何の下調べもなしに、いきなりの参拝。
後から、新撰組ファンには聖地のようなお寺さんだと
知りました。

d0017632_23323820.jpg



d0017632_08184808.jpg
門を入ってすぐに、一夜天神堂と言うのがありました。
学業上達と書いてある横に、遠方親族の安全祈願と
記載があったので、遠方ですぐ頭に浮かんだ
熱海のお友達夫婦の平穏を祈願。
親族では無いけど、そんなようなものなので♪
学業上達はボケ防止にもなるよね、きっと(笑)

d0017632_08320007.jpg
境内の東側の池の中に壬生塚と呼ばれる
新撰組関連の遺跡があります。
さして興味もなく、チラッと横目で通り過ぎ
これは後でちょっと後悔。

新撰組局長・近藤勇の胸像と遺髪塔、新撰組屯所で
暗殺された芹沢鴨と隊士・平山五郎の墓、
勘定方・河合耆三郎の墓、池田屋騒動で亡くなった
隊士3名を含む7名の合祀墓があります。

壬生寺境内は武芸の訓練に使われたそうで
新撰組にまつわる逸話が数多く残っているそう
ここが新撰組の聖地とされるのには、そういう
逸話に加え、毎年7月16日、池田屋騒動の日に
新撰組隊士等慰霊供養祭が行われているから
でしょうか。参加は自由だそうです。


d0017632_08492975.jpg
新撰組には殆ど興味のなかった私たちは
重要文化財が公開されている狂言堂へいそいそと。
ここを観覧して早々に外へ出てしまいました。
後で、もっとじっくり境内散策すれば良かったと・・・。


d0017632_08520757.jpg
その後悔は、こちら新撰組の屯所として利用
されていた八木邸を訪れ、そこで新撰組の
詳しい歴史などを聞いた後の事。
百聞は一見にしかず、やっぱり実際に足を運んで
どこも見てみるもんですよね〜。

d0017632_08545455.jpg
中は写真が撮れません。入り口だけパチリ。
詳しくは、下のリンク先をご覧ください。
d0017632_09054284.jpg
ここに、近藤勇や、土方歳三が寝泊まりしていて
芹沢鴨はここで暗殺されました。
つまり、殺人現場って事です、はい。

とにかく新撰組については、名前くらいしか知らず
その辺のゴロツキが時代の波に乗って、知名度を
あげた程度にしか思っておらず、詳しい事を
ここで初めて知りました。
芹沢鴨は、敵じゃなく同胞によって闇討ちに
あった事も。勿論その経緯も。

会津藩との関わりも、こちらの係員の
丁寧な説明により、初めて知った次第。
おかげで、新撰組に興味が持てるように。
次に何らかのドラマや映画があったら、今までとは
全く別な視点で観るに違いないです。
っていうより、今までは全く観てなかった(笑)

拝観に1000円も!と、お値段に引いてたけど
お勉強代としたら格安です。

d0017632_09062947.jpg
八木家は現在は和菓子屋さん、奥での説明が
終わると、お店でお抹茶とお菓子が振る舞われ
これも含まれてのお値段なんだなと納得!
新撰組に興味のある方には、超お勧めの場所です。


d0017632_09335318.jpg
和菓子の他に、新撰組グッズも売ってました。



d0017632_09345148.jpg
お店を後に近所をくるんと


d0017632_09352032.jpg

d0017632_09354294.jpg
こちらの屯所跡、旧前川邸
おみやげ物屋さんは敷地内にありましたが、普通の
住宅なので、中は見る事は出来ません。


d0017632_09361705.jpg
こんなゆかりの場所があちこちにありました。
ゆっくり徒歩で散策もいいかもですね。


↓ 参考までに

この後、二条城へと向かいました。
続く


by mamicha2 | 2017-01-12 09:45 | 京都・大阪・奈良

大神神社と三輪素麺、そして・・・・・

はい、先ずは昨日のクイズの答え
喜連瓜破=きれうりわり
杭全=くまた
放出=はなてん
立売堀=いたちぼり

これって、大阪の人以外ではよめないですよね。


で、奈良のあの低い山は
d0017632_21295130.jpeg
ナビにこう出ると、え?どれどれ?って
真剣に探してしまいます。目に入ったのが
どうやらこれらしいと納得すると、ガックリ(笑)

春過ぎて 夏来にけらし 白妙の
衣ほすてふ 天の香具山

勝手に、もっと大きな山だと思い込んでるんでね〜


d0017632_21362049.jpeg
はい、昨日の続きです。
のんびりしてると、素麺のお店が閉まっちゃうかもと
近くの寄り道スポットを後回しにして、大神神社へ。
これで、おおみわじんじゃと読みます。

日本最古の神社で、ご神体が、三輪山。
この地で発展したそうめんが三輪素麺なんですね。

入り口にペット禁止の看板があって、引き返そうと
したら、警備員さんにどうぞと。
お山には入れないけど、手前までならお目こぼし
良かった、良かった。
旦那様のリサーチ不足に喧嘩になるとこでした。

d0017632_21422315.jpeg
勿論、真っ直ぐ向かったのは、境内の中にある
茶店?


d0017632_21463546.jpeg



d0017632_21470654.jpeg
時間がずれていて、他にお客さんがいなかったので
ラッキー君も中へ入れて貰えました。
本来なら、こっちの外でだったんでしょうけどね。


d0017632_21502263.jpeg
歩いて疲れて、当然冷たい素麺を!
でも、旦那様は何故か暖かい煮麺005.gif



d0017632_21503686.jpeg
ラッキー君の為においなりさんもね♪



d0017632_21515370.jpeg
入り口に貼ってあったスッテカーで、情報の
仕入先は、ごぶごぶだと判明。
関西TV番組、ちちんぷいぷいもロケに来たのね。


d0017632_21573186.jpeg
太鼓の音に、本殿の方へ行ってみると



d0017632_21595757.jpeg
太鼓の演奏


d0017632_22005341.jpeg
写真をささっと撮って退散。
ラッキー君が太鼓の音にビビりまくり。
早く行こうよと。


d0017632_22015708.jpeg
結婚式があったようで、入り口にレクサスのリムジン
これは人目を引きますよね〜
自分じゃとても乗れない(笑) 写真だけで満足。

思いの外歩く距離があったので、旦那様は
車を取ってくると駐車場へ。
私とラッキー君は、ソフトクリームを頬張って
お迎えが来るのを待ってました。


d0017632_22092006.jpeg
旦那様が、寄りたいと騒いでいたスポットは
石舞台のある地区の外れの方。


d0017632_22075075.jpeg
行ってみて、やっぱ男ってアホやわと思った。



d0017632_22132319.jpeg



d0017632_22133966.jpeg


d0017632_22135687.jpeg
看板がなかったら、特に何も思わず通り過ぎてる
そんな程度の石でしたね(笑)



私としては、こんな石よりも
d0017632_22165155.jpeg
こっちの看板の方が面白かった!


d0017632_22174490.jpeg
パチンコ屋さんの看板。イイね!



d0017632_22182755.jpeg
帰りは湾岸を選択して、中島PAにて夕日鑑賞。


d0017632_22195658.jpeg
このPAにはこんなソファーも置かれていて
わざわざでも寄ったりしちゃいます。

これで我が家の長い連休のお話は終了。
のんびりアップしていたら、またもや週末が・・・・


by mamicha2 | 2016-05-13 22:22 | 京都・大阪・奈良 | Comments(0)

おんだ祭りで有名な飛鳥坐神社、そしてクイズなど

連休最終日 10日目

最終日は、家でのんびり過ごすのだろうと思って
いたら、昼近くなって突然、奈良へいこう!とか
言い出した。面白い神社があるのと、境内の中で
素麺が食べられる神社があるからと。

詳細は言わず、どうやら旦那様プレゼンツの
ミニツアーって事らしい。乗ってみることにした。

どこもそうなんでしょうが、地名ってのは
地元以外の人は読めない漢字っての多いですね。
ナビで、これ何て読むの!って聞いたら
あんたさ、それ聞くの3回目だって(笑)
そこでクイズです。

下の真ん中の「喜連瓜破」さて何て読む?
ついでに「杭全」は何て読む?
もう1つ「放出」は何て読む?
あ、「立売堀」ってのありますね。
d0017632_06273749.jpeg
全問正解の貴方は、間違いなく大阪人ですね(笑)

私はその場では感心して、インプットしたつもりに
なりますが、すぐに忘れちゃって、杭全以外は
いつも大騒ぎ、何て読むんだっけ?となるんです。
回答は、明日に。


クイズもうひとつ
奈良に入ってナビに名前が出てくると、思わず
え?あれが?マジで?ってなってしまう山
d0017632_06403983.jpeg


d0017632_06410910.jpeg
さて、知名度はかなり高いはずの山なんですが
判りますでしょうか?
やはり回答は、明日に。


連休最終日、じゃなくてもお天気の良い日曜日
道の駅はいっぱいで、買い食いも出来なかった
これに憮然としたのがラッキー君。
折角の道の駅だったのにね〜

神社への道のりを行く途中、見覚えのある通り
何と旦那様のお父さんのお墓の通りでした。
何も準備はしていなかったけど、寄って墓参り。
こーんな感じなのか〜と、大雑把な地図を
インプットした私。

すっごい田舎としか思っていなかったのだけど
主要な遺跡や史跡が思いの外近いことが判明。
まあね、奈良ってそういう場所だらけだけどね。

d0017632_06513860.jpeg
やっと目的地到着。
飛鳥坐神社(あすかにいます、あすかにます、じんじゃ)
ここに来て、中に入って初めて、あの珍妙な祭りで
有名な神社って事を知る。
その珍妙な祭りとは、おんだ祭り
TVで見て、驚いたのと同時に大笑いしてしまった。

なるほど、ここがその神社だったのか。
d0017632_09142556.jpeg


d0017632_09191396.jpeg
コンパクトな神社なんですが


d0017632_09201722.jpeg
2月に行われるおんだ祭りの時は
人で埋め尽くされ、大盛り上がり
来年はお尻を叩かれに来てみようか?(笑)


d0017632_09210136.jpeg
僕は静かなこの雰囲気の方がイイですと、ラッキー君。


d0017632_09213091.jpeg
またもや、私の財布からお賽銭をくすねて
律儀に参拝するおっさん。


d0017632_09215992.jpeg


d0017632_09223865.jpeg
これは女性と男性のシンボル石
あちこちこういうのだらけ(笑)

d0017632_09231136.jpeg


d0017632_09233457.jpeg


d0017632_09235742.jpeg


d0017632_09244559.jpeg


d0017632_09250706.jpeg
最後に力石で運だめし。
男性は左手、女性は右手で持ち上げられたら幸運が


d0017632_09252749.jpeg
私は柵を利用して何とか持ち上げ成功
旦那様は、なかなか上がらず、右指を添えてのズル。
きっと、幸はなくなって、ウンのみ掴むに違いない(笑)


d0017632_09270052.jpeg
で、妹にお守りを買わねばと選んだのがこれ
お顔を選んで買うことができます。


d0017632_09271507.jpeg
が、旦那様はちゃうちゃう!そんなまどろっこしい
事はすっ飛ばして、先に子宝でイイ!と。
神主さんに、順番が違いますって笑われながらも
確かに!と思ってこちらも購入。
順不同でも、嫁に行かねば!

神主さんからのアドバイス
選んじゃってるんでしょ、選んでちゃダメですよ〜って。
いや、選ばれないのが問題じゃないかと041.gif

はい、続きはまた明日♪


by mamicha2 | 2016-05-12 09:44 | 京都・大阪・奈良 | Comments(0)


神戸に暮らし始めて14年、馴染むまで一役も二役も買ってくれた愛犬ラッキー。この街で一緒に年齢を重ねて今年で14歳に。一年でも多く一緒に過ごそうね。


by mamicha2

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

記事ランキング

検索

最新のコメント

★shallowswee..
by mamicha2 at 20:35
★まーやへ そうだよね..
by mamicha2 at 20:29
私も同席しタイ!! 夏..
by shallowsweed at 00:27
私もクレームいれたー ..
by mahyah2 at 15:28
なるほど、普通のが売り切..
by mamicha2 at 10:25
関西に出店していないので..
by Hiro at 12:17
★shallowswee..
by mamicha2 at 13:53
その食べ方、私絶対気に入..
by shallowsweed at 23:35
★おおじさんへ はい、..
by mamicha2 at 10:07
10月は本当に雨が多かっ..
by おおじ at 02:09

最新の記事

サラベス にて朝食
at 2017-12-11 20:22
タイ料理 グリーンパッタイで..
at 2017-12-10 09:35
ホテルの庭が綺麗だった♪
at 2017-12-10 07:49
東京駅の美しさに感動した
at 2017-12-10 01:17
東京タワー
at 2017-12-09 09:05
東京、二階建てバスにて都内紅..
at 2017-12-07 16:53
ケンミンショーのインタビュー..
at 2017-12-06 18:57
兵庫県丹波市 高源寺
at 2017-12-06 15:19
27番 安曇山 葛川息障明王院
at 2017-12-04 01:10
滋賀県 メタセコイアの並木
at 2017-12-04 00:03

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ブログジャンル

近畿

フォロー中のブログ

ブーゲンビリアnote
おばば奇譚
結婚して西へ行くまで~西へ来た
毎日がバラ色? バラ色!
南横浜 潮風1丁目
気ままに。
南横浜 潮風3丁目
Cafe  すてきな時
マルコの気ままな日記
くま先生の滋賀が大好き!
NekoMinto
Lush Life
コモン・マーモセット(手...
おやぢふぁーむ菜園記
なのねこ夢気分
100yen*zakka
粉もん☆マニア
まるちゃんちの日常
革職人 TOSHI
My Dear Life...
そんなこんなで・・・
Life will be...
早蕨の京都暮らし
夫婦でIターン!漁・猟師...

エキサイト&他ブログ

うさオトン日記
テンと愉快な仲間たち
レイコさんの鹿児島日記
飛び出せ Kitchen ♪
MUSUCARI DAYS
新 残夢三昧
片手にピストル心に花束
Puuのぼちぼち
休日style
Poco・a・poco 的 花子ママ
甘いしあわせ
しっぽのつぶやき
ばーさんがじーさんに作る食卓
玲舫's Blog!
【匠のデジタル工房・玄人専科】


我が家のもう一匹のペット
コモン・マーモセット(手のひらサイズのお猿)の成長記録


旅行のクチコミ・価格比較はトリップアドバイザー


------------------------
勧誘・商用・アダルトサイト等のコメント・TBは内容の如何に係わらず即削除させて頂きます。


※通知無く、半年以上の更新が無い場合は、一旦リンクを外させて頂いております。再開されましたらご連絡いただければ幸いに存じます。


※当ブログに掲載のお店やスポットは、あくまでもその当時のものです。
営業時間の変更や休日、また閉店、閉館等につきましても、改めて訂正は行っておりませんので、ご自身でご連絡の上ご確認下さいますよう、宜しくお願い致します。

画像一覧

カテゴリ

全体
日帰りお出かけ
神戸市内の紹介
関西の謎
最高だね
グルメのお話
ペットのお話
あ~、無理
趣味の世界?
疑問に思うこと
うちご飯
カフェ&レストラン
些細な事・事件?
西国33箇所巡り
占いやら暇つぶしなど
旅行
新西国霊場巡り
ご挨拶
釣り・キャンプ
ドッグカフェ&犬同伴可
おもてなし?
兵庫県内の紹介
旦那様のウンチク物語
四国88箇所参り
箱物施設など
近場お散歩
京都・大阪・奈良
お知らせ・情報
海外旅行
体験・見学
なんちゃってお料理教室
リフォーム&DIY
面白ネタ?
コンパクトキャンプ
ダンナご飯
コモンマーモセット
お弁当
近畿三十六不動尊霊場会
外ご飯
未分類

タグ

(1111)
(782)
(702)
(598)
(590)
(573)
(523)
(519)
(417)
(353)
(345)
(326)
(290)
(188)
(181)
(170)
(90)
(45)
(32)
(29)
(24)
(8)
(5)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(2)
(2)

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
more...