カテゴリ:四国88箇所参り( 10 )

一気に残りを消化したおやぢのお遍路一人旅

さてさて、数日続いた雨と、胃腸の不具合の結果、早々と衣替えが終了、今朝ほどベッドルームの
カーテンやら布団カバーなどもブルー系の夏バージョンに変更し、完全終了となりました。
爽やかな色合いになった寝室を眺めながら、お腹の具合もほぼ復活し、週末の食べ歩きに
胸躍らせる懲りないおバカ主婦。

その前にこちらもスッキリ載せちゃおうと、おっちゃん一人旅のお遍路の様子などを・・・・?
ただし、順不同、名称省略につき悪しからず・・・。

d0017632_12163230.jpg



d0017632_12165968.jpg



d0017632_12171462.jpg



d0017632_12173858.jpg



d0017632_12181654.jpg
なんていうか・・・いかにも真面目にお遍路さんしてる雰囲気よね♪


d0017632_12232359.jpg
ちょっと変わった雰囲気のお堂


d0017632_12191098.jpg


d0017632_12192262.jpg
これは、入り口の参門が鐘撞堂と合体している珍しいパターン。


d0017632_1221988.jpg
凛々しいね~、



d0017632_12213310.jpg
ん?・・・・・なんか誰かに似てるような・・・・・名前が出てきません!(笑)


d0017632_12241811.jpgあ、写真は、困るのよね。
事務所通してくれる?













d0017632_12251528.jpgふふふっふ
4っつの顔を持つわたし
八方美人ならぬ、四方美人よ♪










d0017632_12272930.jpgd0017632_12274593.jpg


















d0017632_12283811.jpgd0017632_12285411.jpg


















ユニークですか??? 真面目に仏像やってるつもりなんですが・・・・


d0017632_12301348.jpgなんだこりゃ?
人の顔のような岩もしっかり
信仰の対象らしいです、はい。























d0017632_12312571.jpg迫力ありますね~
なんか怖いんですけど・・・・






















d0017632_12322382.jpgいや~
なんかどころか、はっきり怖いです!



















d0017632_12331865.jpgん?












d0017632_12341393.jpgあ、癒しのCM風ね。












d0017632_12355254.jpg
で、花なんか盛んに撮ってるので、芸風変わったの?と聞いたら・・・・・

d0017632_1237046.jpgちゃうちゃう!
狙ったのは蜂やで~とおっさん。

狙った割には、ピント合ってないし










d0017632_12391358.jpg狙って撮ってる仏像は
ほぼどれも変だし・・・・・























d0017632_12395964.jpg











d0017632_124014100.jpg











d0017632_12411767.jpg











d0017632_12413437.jpgお遍路さんとは関係ない
海の写真が多いし。
知らない人が釣りしてるとこまで
撮ってたし









d0017632_12434161.jpgきっと願かけてたのは
こんなことだろうし・・・・





















d0017632_12444569.jpg何これ??って聞いたら
ちゃんと説明も撮ってきてるっしょと
威張って答えるし・・・・











d0017632_12461885.jpgきっとおたのみなすにお頼みに
なられたのは、爆釣と大物ゲット
あたりだろうし・・・・・
満願成就したって金運とは縁がない
我が家だと悟ったのよね。








d0017632_12485122.jpg
で、何の写真なの?と最後の一枚に問いかけると、あ、これ住職の焚き火・・・・・だってさ。

d0017632_1250951.jpg
きっと焼き芋焼いてるに違いない・・・・・いや絶対そうだ!!

なんて思いながらこれらの写真見てたけど、結局うちの旦那様にはどのお寺巡りも、単なるスタンプ
ラリーに過ぎないんだわと、しみじみ。だものご利益貰おうって考えるのが不届きよね。
せめて、高野山への満願成就の報告には、しっかり私が行って願い事して来なくっちゃ。
何を願うのかって??そりゃあ、大きなつづら選んでも、中が宝物でありますようにってよ037.gif
by mamicha2 | 2011-05-13 12:55 | 四国88箇所参り | Comments(4)

78番から逆回りで67番まで(75番は省く)

題名の通り、78番から逆周りに67番まで回りました。75番の善通寺(ぜんつうじ)は、以前に近くへ
行った折に回っているので、飛ばして、全11箇所のお寺巡りをしました。(4月24日のこと)
本当は途中、うどん屋さんを何件か巡る予定で出かけたのですが、前出の通り、一軒目の1時間
街で完全にノックアウトあれて、うどん屋さん巡りは諦めた、真面目なお遍路となりました(笑)

回った順番にお寺さんの紹介は後回しにすることにして、今回は、出会った風景をランダムに乗せて
お遍路さんの別な楽しみをご紹介?しますね。
つまり、詳細を記するのが面倒なので、景色のみお楽しみ下さいませって事なんですね~037.gif

d0017632_192699.jpg


d0017632_1925179.jpg


d0017632_193184.jpg


d0017632_194446.jpg


d0017632_196859.jpg


d0017632_1952467.jpg


d0017632_1962632.jpg


d0017632_1964659.jpg


d0017632_1972579.jpg


d0017632_1982768.jpg


d0017632_19152928.jpg


d0017632_19161146.jpg


d0017632_1918449.jpg


d0017632_19195075.jpg
お寺さんは、木々と景色が綺麗なのでした。



↓ ちょっぴり続き

やっぱ、食べる事が入らないと・・・ね
by mamicha2 | 2010-05-01 19:21 | 四国88箇所参り | Comments(10)

12番から15番まで、徳島県はこれで終了

本来の目的地、12番焼山寺(しょうさんじ)までの行程の寄り道が多くて、そちらの紹介が先になって
しまいましたが、今日は、本来のコースのご紹介です。
今回回り終えて、やっと半分弱。6月から高速代が倍に値上げになりそうなことを言っている。
高速無料化はどうなった??ガソリン代値下げはどうした??誰も通らないような高速道路だけ
無料化して、やったじゃん!!と胸を張るのだろうか・・・・・と多くの疑問を抱えながら出発。

d0017632_10432981.jpg焼山寺までの道のりは、かなり
細い山道を通らねばならず、途中
対向車とすれ違う度に、ヒヤヒヤ
ドキドキ。なんせガードレールの
無いがけっぷちのところがいっぱい。

やっと駐車場へ着いたら、こんな像が
お出迎え。つい緊張感もほどけて
笑みがこぼれてきます。





d0017632_10455960.jpgこちら摩廬山正寿院焼山寺
(まろざんしょうじゅいんしょうさんじ)は
四国八十八箇所の中でも難所中の
難所で「遍路ころがし」と呼ばれる程の
お遍路さん泣かせのお寺さんでした。
現在は、かなり細い道はあるものの
境内の近くまで車で行く事が出来、
誰でもがお参り出来るようになりました

摩盧とは梵語で水輪の意味で
火を防ぐための名前です



d0017632_1172471.jpg途中、数人の徒歩のお遍路さんと
すれ違ったのですが、皆さん放心状態
のような目付きを・・・・納得ですね~











d0017632_10513931.jpg樹齢数百年の杉の木が圧巻でした。

役行者小角の開基、開山は弘法大師
巡錫中の大師は焼山寺の開山に訪れ
登山中、悪蛇の妨害を受けた。
寺伝によると、この山中の魔の毒蛇が
火を吐いて危害を与え、大師登山の
時も、全山火の海であったそう。
大師が垢取川で身を浄め、真言を唱え
摩盧(水の意)の印を結ぶと道が開け
前に進めるようになり、火は消えると
九合目の岩影から毒蛇が飛びかかり
襲ってきた。この時、虚空蔵菩薩が
現われ、毒蛇を岩窟に封じこめた。
大師は虚空蔵菩薩を刻んで本尊とし
寺号を火の山にちなんで「焼山寺」と
したという。

本尊・虚空蔵菩薩像四尺五寸を
はじめ三面大黒天、牛頭天王とも
大師の作。



d0017632_11132918.jpg本堂













d0017632_11165587.jpg本堂 鐘楼

蜂須賀公は釣り鐘二つを造り、
一つはこの寺に、一つは徳島城下に
納めたが、この寺の鐘の音は徳島
まで届くのに、ご城下の方の音は
どうもイマイチ
殿様は、この鐘の交換を希望し、
ご城下まで運ぶことになったが、
鐘が「いなーん、(いか~ん)」と
なって果たせなかったとのこと。

また第二次大戦中、武器を造る為
釣り鐘を供出することになり、馬車に
乗せて山を下ったが、途中で馬が
急に腹痛を起こして動かなくなり、
鐘は供出を免れた、と言うことです。






d0017632_1118977.jpg十二社神社
こちらも同じ境内に神社が・・・・。
かなり古い建物のようでした。











d0017632_11382932.jpg十二社神社、横から。
(入母屋造)












d0017632_16224760.jpgとにかく、杉の木々が立派です。
どこもそうだけど、神社仏閣の境内の
木々は、立派なものが多いですよね。
わざわざそれだけ眺めに行っても
良いくらいです。


















d0017632_1628415.jpgこ~んな山の上ですからね~
ここまで徒歩で来るのは大変ですね。
徒歩でしか参拝が出来ないなら
私はこれには同行してませんけどね

帰りも途中までは同じ道のり。
なので枝垂桜を再度堪能しつつ
次のお寺さんへ。









次に回ったのは、第13番、大栗山大日寺( おおぐりざん だいにちじ)
d0017632_1634034.jpg弘法大師巡錫の時、大日如来が現れ
「この地は霊地なれば、一宇を建立
すべし」とのお告げにより、お堂を建て
大日如来を刻まれたのが始まり。
昔は神仏混交、神様と仏様は一緒に
祀られていましたが、明治のはじめ、
神仏分離によって、お宮とお寺に
はっきり分れました。






d0017632_18595122.jpgこの大日寺は、昔は阿波一の宮の
別当職として一の宮を管理して
いました。今でも道を挟んでお宮と
お寺が向いあっており、昔の名残りを
とどめています。
神仏分離の時に、阿波一の宮神社の
十一面観世音菩薩(行基菩薩作)を
大日寺に移して本尊としたので、
大日如来は脇仏となっています。





d0017632_19183358.jpgd0017632_19193245.jpg





















大師堂のすぐそばに観音像があり、合掌しているその両手の中には、小さな観音像が入っている。
これは別名「しあわせ観音」と呼ばれ、幸せを祈願すると御利益があるといわれているそうですが、
この時は、そんな謂れを知らなかったので、幸せを祈ってきませんでした。・・・・・あぁ~008.gif

d0017632_19213798.jpgこちらの境内に、サルスベリの木
があって、実物を見るのは初めての私

確かに、つるつるしてて登りにくそう・・
なんてしげしげ観察してしまいました。
まるで皮をわざと剥いだ様になって
いるんですね~、不思議。
けど、猿なら登りますよね、こんくらい

















d0017632_20214831.jpgこちらが向かい側にある一宮神社
大麻比古神社(おおあさひこじんじゃ)

何故かこっちの方が気になって
私はさっさとこちらを散策。

神仏分離以前は、こちらが札所だった
そうですよ。






d0017632_2035678.jpg御祭神は「大麻比古大神」
(おおあさひこのおおかみ)
「猿田彦大神」(さるたひこのおおかみ)

「おわさはん」と呼ばれて親しまれて
いる神社です。








d0017632_2040767.jpgこっちは何を祀ってあるのか
未確認です。












d0017632_20594578.jpg本殿













d0017632_2131823.jpg


d0017632_2151436.jpg


d0017632_216923.jpg本殿から拝殿を望む。













d0017632_2115225.jpg拝殿。













d0017632_21173484.jpg境内の桜をパチリ。
さて、本筋から離れたとこばっかり
集中してはいられませんね~

はい、次です、次。












↓ 続きは14番ですね

神社からお寺さんに戻ります
by mamicha2 | 2010-04-06 23:04 | 四国88箇所参り | Comments(0)

88番から逆回りで79番までの10箇所回りました

やっと、四国八十八箇所巡りの登場です。よりにもよって、ホワイトデーに四国霊場巡りです・・・・・
でもって、数が多いだけに写真も多いんですよね。挙句に日にちが経ってどれがどれやら・・・008.gif
という訳で、どんどん更新が遅れたって訳です。お暇がありましたら飽きずに最後までお付き合いを

では、3月14日の日曜日、最初に訪れたのが、88番札所の「大窪寺」(おおくぼじ)
d0017632_22102975.jpg
本来は最後に訪れる「結願」(けちがん)のお寺さんです。
最後のお寺さんなので、相当賑わっているのかと思ったら、とっても静か、閑散としててビックリ。
でも、よくよく考えたら、ここは最後に回るお寺さん、朝の9時半頃に参拝してる人はいないよね~(笑)

無料駐車場なんてのに釣られて車を停めたら、売店の駐車場。何やら土産を買わずには帰れない
雰囲気。やっぱタダより高いものは無い(笑)
でも、目の前の売店の女将さんはとっても感じが良くて、気持ち良くお買い物して次へ。

お寺さんの詳細はリンク先を参照してくださいね。長くなるので説明は端折ります。



次は、第87番 長尾寺(ながおじ)
d0017632_22211780.jpg
写真はありませんが、静御前剃髪塚があり、ここは静御前得度の寺として親しまれているとのこと
源義経の愛妾、静御前は長尾町の東の方、現在の大内町小磯で生まれ、若い頃、京に上り白拍子
(遊女)となり、義経に見そめられたが、義経と別れてからは讃岐に帰り、長尾寺にも参詣し、髪を切り
得度し、この地で一生を終えたと伝えられる

また、長尾寺の珍らしい行事に「力餅」というのがあり、毎年正月7日の大法会に、160キロもある
大鏡餅を運ぶ競技が行われています。



次は 第86番 志度寺(しどじ)
d0017632_22403216.jpg
ここは、見所がいっぱいあったお寺さんなのですが、残念なことに大改修中で、見れないところや
入れないところがいっぱい。ちょっと惜しかったな~と思うお寺。

曲水式庭園・無染庭(むせんてい)があり、公開していれば200円の見学料で50年前の庭園を
観賞できたのですが、ここも改修中。脇からちょこっと覗いただけで退散。
また、海女の墓があり、海女の玉取り伝説があるのですが、そこもどこか特定できず・・・・
あちこち大きな穴があったりネットがかけられていたり・・・・・重ね重ね残念!!

海のすぐ側にあるお寺さんで、釣りキチ君は、海のチェック、チェック。ここで釣りが出来そうだな~と
涎モノの顔で海を眺めておりました。


そして次は・・・・第85番八栗寺(やぐりじ)
d0017632_22552785.jpg
今回のお目当ては、ここのケーブルなのでした!!ん?お寺さん??

d0017632_231267.jpgこちらが本堂です。
五つの峰が剣のようにそびえている
五剣山の中腹に位置し、天長六年、
弘法大師が開基した寺です。
山号は大師が入唐前にこの山で
求聞持法を修しているとき、 五柄の
剣が降ってきたことに由来しています







d0017632_23191229.jpg多宝塔
昭和59年10月建立された総桧造りの
建物で本尊は金剛界大日如来。

内部は四方の壁面に八祖大師と
十二天像、来迎壁の裏面に尊勝曼陀羅
四方の扉には八大菩薩が極彩色を
以って描かれています。
















d0017632_23222971.jpg
でもやっぱ、お寺さんより嬉しいケーブル♪なんたって乗り物フェチですからね~私。

d0017632_2323459.jpgケーブルの窓から見えた
なにやら美味しげな場所。
降りたら早速向かってみました。











d0017632_23331334.jpgこんな看板が立ってました。
なるほど、よもぎ餅のお店なのね
お餅があまり得意じゃない旦那様は
どうでもよさげ・・・・・・



















d0017632_2335113.jpg行ってみて正解!!
なんとここはその場でお餅を
包んでくれる、出来立てほやほやが
持ち帰れるお店なのでした♪

話に夢中で、作っているところの
写真を撮り忘れ・・・・007.gif
車でひとつ早速味見。
餡が上品でめちゃウマ!!
妹も絶賛のお味でした♪







まだまだ続きます!!

続きは、源平屋島古戦場から
by mamicha2 | 2010-03-26 23:56 | 四国88箇所参り | Comments(12)

82番札所 根香寺(ねごろじ)には、スターがいる!!

先週、日曜日は四国88ヶ所巡りをしてきたのですが、10箇所回って、特に印象深かったところを
まずご紹介。

それは、82番札所  青峰山 千手院 根香寺(ねごろじ)
d0017632_2124926.jpg
こちらは仁王門。ここが境内への入り口です。

20段ほどの下り階段があり、その先の階段をずずーっと登ると本堂があります。
仁王門には大きな草鞋が釣り下がっていて、これはどこのお寺さんにも同じようなものが・・・・
やっぱりお遍路さんには必需品ですからね~。

d0017632_2152029.jpg本堂は回廊式になっていて、
回廊には、信者が奉納した33,333体の
小観音像が並んでいます。

これがなかなか圧巻でした。








d0017632_21541270.jpg回廊の中は薄暗く、最初何が
あるのかさっぱりでした。
事前調査は皆無で出かけているので・・・

目が慣れてくると・・・・・・








d0017632_21562560.jpg
金網の向こう側が全部仏像なのに気がついた!!!物凄い数に・・・・・・


d0017632_21555662.jpg
ただただ驚くばかり。後で33,333体あることを知る。仏像は各地域ごとに分別されて
飾られておりました。神戸とか地名ごとに。


d0017632_2201549.jpg歩いて巡ってこられる方の
杖置場??
それぞれ持ち手が華やかに
マイ杖がちょっと欲しくなったり(笑)












さて、それではそろそろ根香寺のスターにご登場願いましょうかね~

d0017632_2233332.jpg
それはね、こんな姿をしているのです。


d0017632_225290.jpg
じゃーーん!!・・・・・なんじゃこりゃ??って。



d0017632_2254785.jpg
「うしおに」です。牛鬼。でもどうみても半漁人にしか見えないワタクシ(笑)

d0017632_2261218.jpg
牛鬼伝説
今から400年くらい昔、このあたりに「牛鬼」と呼ばれる怪獣が住んでいて村人を大変困らせて
いたのだそうです。そこでこの地方を納めていた殿様は、山田蔵人高清という弓の名人に牛鬼の
退治を命じました。高清は根香寺の本尊である千手観音に討伐祈願をし、そのおかげで牛鬼を
見つけ出し、見事に退治に成功したそうです。
そして怪獣の角を根香寺に奉納して、その菩提をとむらったと伝えられています。
その角は、いまでもここ根香寺に残っています。
また、牛鬼の絵姿は、不思議にも魔除けの効能があるといわれるようになりました。

d0017632_226239.jpg
どう??なんかちょっと可愛いらしく見えないですか??? キモカワイイの局地では??

この写真をデジカメのモニタ越しに妹に見せたら、カワイイ~と叫んでおりました。で、次のセリフ
「なにこれ?にしきのあきら??」  大受けで、大爆笑。
確かに、腕のフリフリがそれっぽいよね~

ワタクシ、これにはドツボでございました。
d0017632_229595.jpgなので思わず買ってしまいました。
シャレでおみくじを引く以外
信仰心の欠片も無い私は
グッズなど決して買わない主義
なのですが・・・・・

これが売店納経所にて
販売されているのを見るや
思わず、これ下さい!って(笑)













d0017632_22114820.jpgいや~、ほんとカワイイです。














d0017632_22245354.jpg
我が家の家宝にします(笑)


d0017632_22254892.jpgこちらは我が家の珍獣
階段フェチのラッキー君。
足が短いので、階段の段の角に
むこうずね?がぶつかるらしく
さかんに足元を気にしながらの
下り階段。
登りは、得意の片足ずつ登りで
軽快に・・・・。
回りの参拝者の方々の失笑を
買いながらせっせと登るのでした。














本日は、根香寺(ねごろじ)のうしおに特集でした♪
by mamicha2 | 2010-03-18 22:31 | 四国88箇所参り | Comments(8)

5番 地蔵寺 奥之院 五百羅漢

私が好んでしている88箇所巡りでは無いのですが、それでも付き合って回っていると、意外な
発見があったり、素敵なお店を見つけたり、これはこれでなかなか面白いのです。
問題は・・・・高速料金が安くなっても、相変わらずガソリンが高いことですけどね~
ボロ車のくせに、ハイオク仕様車・・・・鳩山さん、公約はどうした!?

と、ぼやきはこの位にして、早速五百羅漢の様子を。
この地蔵寺は、通称「羅漢さん」と呼ばれていて、羅漢さんというのは、お釈迦様の弟子であり、
仏道就業をして阿羅漢果という、人間として最高の位を得た人のことだそうです。
その羅漢さんを五百人集めたのが、五百羅漢であり、その姿は喜怒哀楽の表情を浮かべた
実に人間味のある仏様であります。

この五百羅漢というのは中国・日本各地に有名なお寺さんが存在します。
日本で五百羅漢の像で有名な寺院に、大分県中津(なかつ)市耶馬渓(やばけい)の羅漢寺、
埼玉県川越(かわごえ)市の喜多院(きたいん)、東京都目黒の羅漢寺などがありますね。
京都市の大徳寺や東福寺などには五百羅漢の画幅があるそうですが、まだ見てないです。



d0017632_101532.jpg
入り口で拝観料を200円支払って、中に入るのですが、その入り口に「お接待みかん」と張り紙
喉を潤して下さいと、書かれてありました。受付の方もどうぞと優しい声をかけてくれ、旦那様
早速頂いて、甘くて美味しい~とニッコリ。

なんかたったこれだけの事なのに、ほっこり心まで潤うようでした。


d0017632_12432443.jpg



d0017632_12424770.jpg



d0017632_12435975.jpg



d0017632_12535067.jpg



d0017632_12452971.jpg



d0017632_1245452.jpg



d0017632_1246140.jpg



d0017632_12471795.jpg



d0017632_12475122.jpg



d0017632_12482214.jpg



d0017632_1248456.jpg



d0017632_1249611.jpg



d0017632_12502620.jpg


結局500体も仏様はありませんでした。これで五百羅漢とはいかに??と思ったら、途中火事で
消失して、現在は200羅漢なのだそうです。それでもこちらの雰囲気はなかなか良くて、立ち寄り
して正解だったなと思いました。入り口のみかんのせいかな~~(笑)



今日はこれから一泊旅行です。行き先は・・・・・帰ってからのお楽しみ。では行って参ります。
by mamicha2 | 2010-02-07 12:55 | 四国88箇所参り | Comments(8)

1番から11番 そして16番、17番と・・・・(後編)

さてさて、間が空きっ放しになってしまった、四国88箇所巡りの続きです。8番からです。
こういうのって、自分が心底楽しくないと、記事にするのが億劫になってくるんですよね~
早くしないと、記憶の底を引っ掻き回しても、な~んも見つからなくなっちゃう(笑)


<8番>熊谷寺(くまだにじ)

d0017632_7593143.jpgお経の声をスピーカーで流すのは
ちょっとやめて欲しいなと思うのです。
きっと・・・・録音だと思われ・・(笑)

この塔のあるところは入り口
更に奥に本堂があって、私はパス
健気にわんこは同伴してました。
犬は文句言えないからな~カワイソ

私はこの多宝塔を眺めただけで満足
なかなか趣があって良い塔なのに
スピーカーからのお経が興ざめ。











d0017632_8653.jpg
下側の屋根下


d0017632_85831.jpg
上側の屋根下の模様。上下のギャップが面白いでしょ?




<9番>法輪寺(ほうりんじ)

d0017632_892837.jpg
真面目に、こちらが本堂。たまたま柱の両側でお経を唱える巡礼者が・・・・最初に目にした時は思わず
お人形さんが飾ってあるのかと思ってしまった・・・・・近づいて動いたのにビックリしました(笑)

d0017632_8124080.jpg昔、松葉杖なしでは歩けない人が
この寺に参拝に来たら、参道の真ん中
辺りで足が軽くなり、松葉杖なしでも
歩けるようになり、ついには足が完治
したという。
そのため現在でも本堂にはたくさんの
草鞋が奉納されている。
また、健脚祈願の願をかけた草鞋が
売られていて、 足腰の悪い人への
お守りとして購入して帰る人も多い
そうです。



d0017632_821561.jpg本堂の山のような草鞋は
全て奉納用のミニ草鞋です。
ミニ草鞋を買って、願い事を書いて
ここに奉納するんですね。










d0017632_8303786.jpg妹はここでペット用のお守りを
購入しましてました。
これも健脚祈願されてるのかな?

わんこのはさすがに草鞋ではなくて
肉球お守りでしたけどね♪
ラッキー君のリードに装着。
鈴がチリチリいうので迷惑そうですが
3回くらい、カワイイ~を連発したら
すっかりその気になって嫌がりません
「カワイイ」は最大級の褒め言葉と
しっかり認識しているヘタレ犬です。



d0017632_8345139.jpg


d0017632_8352233.jpg




ここらでお腹がペコペコに・・・・。うどんを食べよう!!と話は纏まって、名物のたらいうどん
しようか、普通のうどんにしようか相談の結果
d0017632_838156.jpgうどん亭 八幡に決定。
こちらは旅館と併設されたお店
ならきっと、味のほうも悪くは
ないだろうと踏んでの店選び。

だってね~、金比羅山で痛い目に
合ってますからね。
観光地は要注意です。






d0017632_942358.jpg旦那様は鍋焼きうどんを












d0017632_955039.jpg妹は何を血迷ったのか
お寿司を・・・・・。
うどん食べようって言い出したのは
お前だろうに・・・・・021.gif

でっかい椀は荒汁でした。
旦那様、一口味見して、家の方が
旨いねって(笑)





d0017632_983734.jpgとにかく、寿司には目の無い妹
連日寿司でもお構いなし

さすがに回りを海に囲まれた土地柄
ネタはなかなか新鮮で美味しかった
そうですけどね。

ここの近くの露店っぽいお店でも
格安の魚や野菜が売ってました。
勿論、でっかい大根、巨大白菜
菜の花に、でっかいキャベツ
たっぷりの椎茸を買って510円♪
わざわざここまで買出しに来ようか?
なんて話も飛び出す程の格安ぶり
魚もね、めっちゃ安かった!!

このお店の手前、9番寄りです
と、宣伝しとこ(笑)



d0017632_921433.jpgおっと、脱線、私は天ぷらうどんを
最初目の前に運ばれてきたのを見て
思わず凄い!!と歓声を上げちゃった
だって700円くらいですよ、これ。
それがこんなでっかい海老が2本も!
これ、凄いよね~って喜んでたけど








d0017632_9243296.jpg海老に齧りついて納得。
少々齧っても、身にはなかなか到達
しないのでした003.gif

ほらね、身はほっそいでしょう?
天ぷらうどんってのは名前どおりで
海老はおまけって感じですね。
でも、出汁とおうどんは美味しかった
なのでこれで満足です。






↓ お腹が満たされたら、はい続きです。

まだ回ってますよ~
by mamicha2 | 2010-02-02 10:26 | 四国88箇所参り | Comments(8)

1番から11番 そして16番、17番と・・・・(前編)

さて、やっと四国88箇所巡りの記事アップです。
突然妹が、自分も88箇所記帳して巡る!とか言い出して、1番から回ってくれと有り得ない発言。
が、いつも渋る私への対抗策と思ったのか、ふたつ返事で了承。はぁ~008.gif
たぶんだけど・・・・・考えたくもないけど・・・・きっと既に行ったところももう一度となる可能性大??

<1番>霊山寺(りょうぜんじ)

d0017632_11114942.jpg
当然のごとく、四国八十八ケ所霊場巡りの出発点であります。ここでお遍路さんの身支度を整えます。
で、大抵の方は、ここで墨書き・朱印を受け取るための「納経帳」を買い求めるのですが・・・・・
既に一番の記帳は済んでいて、オートメーション方式(笑) 挙句に納経帳のお値段も他で買うより
ずずっとお高い(記帳料を差し引いても)。地獄の沙汰も金次第・・・・仕方ないのでしょうね~037.gif


d0017632_11233379.jpgあれもこれもとお願いされる仏様も
そりゃあ大変だろうな~と。

なんせ年中無休、無理難題も多数と
思われ、お疲れ様です。
なので、自分の願い事はパスして
おきました。









<2番>極楽寺(ごくらくじ)

d0017632_17285499.jpgお寺さんの写真は他でたくさん見られる
と思うので、この長命杉のお話を。

この杉は、弘法大師がこの寺にて
二十一日間の修法を終えられたのち、
この木を自ら植えられて、行く末永く
この寺を守護するようにと祈願を
込められたものだそうです。

またこの木の肌に触れると、逞しい
生命力の感応によって長命を保ち、
天寿を全うすることができるという
信仰が永く伝えられ、長命杉の名が
生まれたとのこと。

千年の風雪に耐えたこの老杉の霊気を
受けると、長寿だけでなく病気平癒・
身体健全・諸願成就が叶うと言われて
いるそうです。


d0017632_18455341.jpg納経所と併設の土産物屋さん

お遍路さんのお人形は立ちっぱなしで
お疲れ気味のようでした。
壁にもたれかかっているのが印象的
まだ2番目なのにね~(笑)
と、車で回っている私が言うのは筋違い
ですよね・・・・・


















<3番>金泉寺(こんせんじ)

d0017632_18494135.jpg奈良時代、聖武天皇の勅願により、
行基菩薩が建てたお寺です。
当時は金光明寺と言われていたが
その後弘法大師が巡錫中に水不足で
悩む地元の住民の声を聞き、大師が
井戸を掘ると黄金色の霊水が湧き出た
ことから、金泉寺と改名されました。

今でも水が湧き出ていてこの井戸を
覗きこみ、姿がはっきり映れば長生き
出来るそうですよ。
ただ、映らないと・・・・・・

また、寺の裏側には弁慶が持ち上げた
とされる「弁慶の力石」が今も残って
います。








d0017632_2042975.jpg
となれば、やっぱり井戸を恐れも無く覗き込む、好奇心旺盛のワタクシ。カメラを持って・・・・・


d0017632_20432651.jpg
しっかり綺麗に映っておりました♪ カメラまでしっかりと・・・・。
映らないと3年以内に死んでしまうなんて、嫌な言い伝えもあったりするので、さすがにこの手の
ものは信じないワタクシも、少しばかり安心したのでした。まあ、憎まれっ子ははばかるようで(笑)

d0017632_20505723.jpgこちら、お遍路ツアーで多くの
参拝客が・・・・・
私とすれ違いに井戸の方へ
興味津々の方と、敬遠されてる方と

バスガイドさんがにこやかに、さあ
覗いたらどうなりますかね~って
声をかけていたけど、中には目が悪く
はっきり見えない方もいるんじゃ・・・
なんて思ったけど、無言で通り過ぎる






<4番>大日寺(だいにちじ)

d0017632_2121264.jpg
弘法大師の彫刻による大日如来が安置されていて、寺号を本尊名にちなんで大日寺と名付けられた。
山門を入ると正面に本堂があり、右手の大師堂とは、西国の三十三観音像を安置した週廊で
繋がっている。衰運、再興をくりかえしたこの寺も天和貞享年間に再建された。

小さな境内本堂とは裏腹に、目の前にゆったりした駐車場が、その脇で地元?のフルーツや
野菜などが売られていたが、どれも値段が高め、何も買わずに次を目指す。






<5番>地蔵寺(じぞうじ)

d0017632_2125564.jpg


d0017632_2113522.jpg
こちらも弘法大師お手植えのイチョウの巨木。斜めにしないと全景が収められず・・・・

d0017632_21155797.jpgさすがの巨木、根っこが凄い!
この根の張り具合に感動!

杉の木といい、イチョウの木といい
ここまで大きく育つには、それなりの
パワーが必要なはず
やっぱり、弘法大師ってただ者じゃ
なかったのよね~
なんてことを木を見て感じた空け者

感じるならもっと他にあるだろ!013.gif
ス、スンマセン・・・と独り言。


当然こちらは五百羅漢が有名
勿論立ち寄ってきました。
でも・・・それはまた後日に。










<6番>安楽寺(あんらくじ)

d0017632_212616.jpg


d0017632_212727100.jpg


d0017632_21273920.jpg
昔、この地方に温泉が湧き、諸病に特効があったので、弘法大師が留まって厄難や病気を救うために
薬師如来を刻み、堂宇を建立してそこに安置し、温泉山安楽寺と名づけられた。
こちらの宿坊は、400年以上の歴史があり、温泉のある宿坊としてお遍路さんに喜ばれています。

本堂より、別なものにばかり目がいって・・・・・・どちらもユニークな像でしょ?


d0017632_21351796.jpg10番まではわりと近い位置に
お寺さんが密集しています。
なので回るのもとっても簡単
でも、さすがにお寺さんばっかりで
ゲップが出そうになりました(笑)













<7番>十楽寺(じゅうらくじ)

d0017632_2139922.jpg
この地に巡錫された弘法大師は、阿弥陀如来を感得し、ご本尊とし刻まれ、安置したのが始まり。
人間の持つ八つの苦難(飢、渇、寒、暑、水、火、力、兵)を逃れ、極楽浄土の十の光明に輝く楽しみ
が得られるようにと、寺号を光明山十楽寺としました。
昔から目の治療に霊験ある寺として知られています。寺宝として、真田幸村の茶釜があります。

d0017632_21454925.jpg


d0017632_21461852.jpg
やっぱりわき道に逸れたものばかり撮影している大バカモノ(笑)


続きはまた明日に。
by mamicha2 | 2010-01-30 21:48 | 四国88箇所参り | Comments(2)

元旦から徳島へ初詣ならぬ、四国88箇所巡り 後編

早速昨日の続きからです。

4番目に回ったのは、第二十番 霊鷲山(りょうじゅざん) 鶴林寺(かくりんじ)
d0017632_165388.jpg
御詠歌 しげりつる鶴の林をしるべにて大師ぞゐます地蔵帝釈

延暦17年(798)桓武天皇は当山 を勅願寺として伽藍を建立しまし た。その後弘法大師がこの寺を
訪 れ修行していると、紫雲たなびく 中に2羽の白鶴が黄金の地蔵菩薩を 互いに守りながら老杉の
枝に舞い 降り、大師は高さ1m程の地蔵菩薩を刻ん で金の尊像をその胎内に納めて本 尊としました
山の形が印度の霊鷲山に 似ているとこから、山号を霊鷲 山、寺号を鶴に因んで鶴林寺と命名。


d0017632_16212855.jpg


d0017632_16242060.jpg
本堂の両脇に鶴の像があったのですが、何故か写真に収めず・・・・ハテ?
信仰心の篤い人には、本尊の姿から羽ばたく鶴の姿が見えるそうな・・・・でもそこにあっても
目に入らない大バカ者もいる訳で037.gif

d0017632_1641913.jpg
本堂の脇の護摩堂の彫り物の方が気になってしまったワタクシ、こちらの鶴をパチリ。


d0017632_16233843.jpg本堂の右手上にある三重塔

文政6年、1823年建立
江戸末期における代表的建築物
当時のまま現存する貴重な塔



















d0017632_1636439.jpg
チミ!何しに来たの?と犬にまで訝しげな目付きを投げかけられてる?



ラッキー君におバカにされながら、次に回ったのは・・・・・
第19番札所 立江寺(たつえじ)
d0017632_16493766.jpg
御詠歌 いつかさて西のすまいのわが立江 弘誓の舟に乗りていたらむ

d0017632_16531591.jpgこちらで面白かったのは
多宝塔前の大師像の足
ちゃんと足袋?脚絆?を
身にまとっておりました。





















d0017632_172203.jpgお寺さんが自らしているもの
なのか、奉納されたものなのかは
解りませんが、お餅も備えてありました

お遍路さんの気持ちなのかな・・・・・
これで雪道もちょっとは暖かいね。








d0017632_1771710.jpg最初のお寺さんで中吉だったおみくじ
欲を出してここでも購入。
が、同じ中吉、でもってビックリ
内容がほぼ一緒。

なので結わえず記念に持ち帰り
2枚揃えてお財布にでも入れておこう

最初のお寺さんで、凶をひいて、元旦に
凶って入れておくのかよー!!って
怒ってた参拝客がおりました。


確かに、最近は滅多に凶っての見かけませんよね、ましてや年の初めの元旦、縁起を担いで凶は
抜いておくお寺さんが多いとも聞いています。ただ、最初のお寺さんは厄落としで有名なお寺さん
凶を入れておいて、しっかり厄払いして帰ってもらおうって魂胆か??(笑)


はい、やっと最後のひとつです。でもこのお寺さんの入り口には、甘味屋さんがありまして、ネットで
検索して、絶対にそこに寄る!と言い張る妹、でも確かにそろそろ小腹が空いてきてるし・・・・・

d0017632_17151782.jpg旦那様は一目見て、赤飯を
食べる~と言い出す。
私はどこかのお店で、暖か~い
うどんでもと思っていたので
賛同しかね・・・・・・









d0017632_17175416.jpg蒸しパンを購入。
これが思いのほか美味しい♪











d0017632_1719847.jpgよもぎの蒸しパンが美味♪
これ近所だったら、また買いに
行ってるかもね~

蒸しパンの中には、それぞれのクリーム
あんこが入っているのです。
ここに詣でたらぜひ味わってみてね。
入り口近くなのですぐ解ると思います。








d0017632_17231979.jpgさて、今回の最後のお寺さんは・・・・
第十八番 恩山寺(おんざんじ) 

さすがに夕方遅くなると、山には
雪がチラつき、寒い、寒い。
前回のお寺さんですっかり冷えて
しまった私は、カメラを旦那様に渡し
車の中で待ってました。


ここは女人禁制のお寺だったそう。
古のルールを守ってみました(笑)









d0017632_1725731.jpg
御詠歌 子を産める その父母の 恩山寺 訪ふらひがたき ことはあらじな

聖武天皇の勅願により建立されましたが、当時は密厳寺と称し、女人禁制でありました。
後に、弘法大師が女人開禁とし、生母を招いて孝養を尽くしたと言われています。


d0017632_17285794.jpg帰りはすっかり暗くなり
車中からの月が綺麗で何度も
シャッターを切るも、動く車の中からは
どうしてもピントが合わず。
あれこれ弄り回してこれが限度。

全く使いこなせておりません・・・・・






d0017632_17305410.jpgPAにて軽くラーメンを半分こ
結局元旦は、閉まっているお店が多く
夕食は家でとなりました。
この辺りが、大吉じゃなく中吉なのかと
妙な実感(笑)











↓ 続きはやっぱり・・・・・・

元旦の晩ご飯
by mamicha2 | 2010-01-06 17:49 | 四国88箇所参り | Comments(12)

元旦から徳島へ初詣ならぬ、四国88箇所巡り

長い10日間のお休みが終わって、旦那様も妹も今日から出勤。
久々に、のびのび~、うだうだ~と、緩みきった午前中を過ごし、お昼寝もちょっぴり(笑)
あんまりうだうだしていると、お出かけの記憶も綺麗さっぱり消えそうなので、慌てて更新を・・・・。

腹が減ってはなんとやら、大晦日、年明けの音は神戸に来てからは、除夜の鐘ではなくて汽笛。
神戸は港町、午前0時には港にに停泊する船が揃って汽笛を鳴らすのです。ちょっとした船の
セッションみたいでなかなか風情があるんですよ。
それを窓を開けて毎年一人で聞いて、これが私の年越し行事なんです♪

私のと限定するのは旦那様はとっくに寝てるし、妹は自分の部屋に篭りっきりで興味なし、30分も
過ぎてから、いつの間にか年明けてたね~なんて、飲み物取りに部屋から出てくるやつです。
せっせとおにぎりを握って、玉子焼きも焼いて、準備万端整えて除夜の汽笛で就寝。

d0017632_1411521.jpgd0017632_14264061.jpg










d0017632_1427527.jpgd0017632_1427158.jpg










で、元旦、車に乗り込んで10分も経たないうちに、お弁当はいつ食べるの?と催促する2人。
せめて高速へ乗って、橋を越えて安定走行になってからにしようよと、引き伸ばす。こやつら・・・・
握り飯と玉子焼きが食べたくて、元旦から遠出を企てたんじゃ?と疑うワタクシ。


今年最初の88箇所巡り、そして我が家の初詣は、第23番札所、薬王寺 (やくおうじ)
d0017632_14442183.jpg
ご詠歌
みなひとの やみぬるとしの やくおうじ
るりのくすりを あたえましませ

お線香の煙が充満してて、息苦しく
感じるほど、煙から逃げてパチリ。

ここや厄除けで有名なお寺さん。
私の19歳の厄もここで落として・・・(笑)




d0017632_14464495.jpgラッキー君だって、しっかりお参りです。
西国、新西国、そして四国88箇所と
きっと全部回った犬は少ないと思われ
ラッキー君が文字が書けるなら、たぶん
本でも出してるかも知れませんね~

この階段は絶えずチャリン、チャリンと
お金の音が・・・・。
小銭を用意してきて厄落とししながら
登って行かれる参拝客。
さすがに拾う人がいないのは素晴らしい


d0017632_14535819.jpgd0017632_1454716.jpg


















d0017632_14543519.jpg


d0017632_14544727.jpg


d0017632_1457143.jpgd0017632_14572566.jpgd0017632_14573596.jpg












でっかいお握りを2個ずつ食べたので、さすがにお腹が一杯で、買い食い出来ず・・・・これから回る
お寺さんでいくらでも食べられるだろうと先を急いだのが失敗。ここが一番賑わっておりました(笑)



次に詣でたのは、第22番札所 平等寺 (びょうどうじ)
d0017632_1542192.jpg
ご詠歌 
平等にへだてのなきと 聞く時は、
あらたのもしき 仏とぞみる










d0017632_1616151.jpg延暦11年(792)に弘法大師が
母君の厄除け祈願をしている時に
空中に五色の雲があらわれ、その中に
金色の梵字があらわれ、しだいに薬師
如来の姿になったと言われる。
即、祈祷のための水を求め井戸を
掘ると、白い乳色をした水が湧き溢れ
その水で身を清めた大師は一百日の
修行の後、薬師如来像を刻み、
本尊として安置し、一切衆生を平等に
救済されるため、寺号を平等寺と称え
られたとのことです。

現在は無色透明の水が沸いていて
その水を飲むことが出来ますし、
持ち帰る方も多いのだそうです。
我が家はその事をすっかり忘れ
ポリ容器持参にも係わらず、水を汲み
忘れました。
要するに、信仰心の欠片も持ち合わせ
ないバカ家族の珍道中ってことで・・


d0017632_16272012.jpg信仰心は無いくせに、おみくじと
お守りをせっせと買う妹。
毎年大吉が出るまでおみくじを
買い続ける不届き者。
が、今年は一発で大吉をゲット。

ラッキー君におみくじ買ってる??






ふむふむ、口を控えて・・・・・・
そこをよく読めよーーーー!!
って、あたしもか?(笑)


d0017632_16294165.jpg


d0017632_16311410.jpg


d0017632_1637140.jpg


d0017632_16372543.jpgお賽銭を入れると1回鐘が
突けるので、当然気持ちよく一発
誰かさんの顔を思い描きながら?
渾身の一撃(笑)

すっきり爽やか、煩悩が払われた気が
致しました。
なかなか気持ちが良いもんです♪

こいういのはすかさず妹も・・・・・
きっと私の顔でも思い浮かべながら
突いていたに違いない・・・・・











d0017632_16463257.jpgこちらも階段には厄落としの
お賽銭が・・・・・
お日様に反射して綺麗でした。

落とせるもんなら、厄じゃなくて
脂肪を落として歩きたいもんだわ
なんて考えながら階段を眺めていた
のは、ナイショです037.gif

















↓ そして続きは・・・・・

第21番札所 太龍寺 (たいりゅうじ)
by mamicha2 | 2010-01-05 18:13 | 四国88箇所参り | Comments(24)


神戸に暮らし始めて14年、馴染むまで一役も二役も買ってくれた愛犬ラッキー。この街で一緒に年齢を重ねて今年で14歳に。一年でも多く一緒に過ごそうね。


by mamicha2

プロフィールを見る
画像一覧

記事ランキング

検索

最新のコメント

覚えてますよ、お友達と姫..
by empiK at 12:17
あ、そっか 訂正しとこ..
by mamicha2 at 18:59
阪神球場ってどこかとおも..
by まるちゃん嫁 at 10:56
★なおははさんへ 姫は..
by mamicha2 at 08:07
★早蕨さんへ イカ、ぷ..
by mamicha2 at 08:04
ひめちゃん、大人になった..
by なおはは at 20:09
お料理上手ですね! 美..
by sawarabi-3782 at 09:22
★まーやへ うんうん、..
by mamicha2 at 07:17
なんかちょっとあったけど..
by mahyah2 at 20:33
★鍵コメさんへ はい、..
by mamicha2 at 14:46

最新の記事

甲子園球場ナウ
at 2017-04-25 18:09
熱海のお友達夫婦がやってきた♪
at 2017-04-24 07:55
道の駅 神戸フルーツフラワー..
at 2017-04-23 08:30
泉佐野漁業協同組合 青空市場
at 2017-04-22 11:28
人生の息抜きは、やっぱり女同..
at 2017-04-21 23:07
去年お寺、線路でご質問頂いた..
at 2017-04-20 09:11
夫へのお弁当
at 2017-04-16 21:49
遅ればせながらのお花見は、生..
at 2017-04-15 16:46
沖縄へ行きそびれて、指を咥え..
at 2017-04-08 23:00
わんことフレンチレストランへ
at 2017-04-07 23:59

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ブログジャンル

近畿

フォロー中のブログ

ブーゲンビリアnote
おばば奇譚
結婚して西へ行くまで~西へ来た
毎日がバラ色? バラ色!
南横浜 潮風1丁目
気ままに。
善福寺日記
じろーの家
南横浜 潮風3丁目
Cafe  すてきな時
マルコの気ままな日記
忘れない日々 -再び日本...
くま先生の滋賀が大好き!
NekoMinto
Lush Life
コモン・マーモセット(手...
おやぢふぁーむ菜園記
なのねこ夢気分
100yen*zakka
粉もん☆マニア
まるちゃんちの日常
革職人 TOSHI
My Dear Life...
そんなこんなで・・・
Life will be...
早蕨の京都暮らし

エキサイト&他ブログ

hair & fashion shiomi H

うさオトン日記
テンと愉快な仲間たち
レイコさんの鹿児島日記
飛び出せ Kitchen ♪
MUSUCARI DAYS
新 残夢三昧
片手にピストル心に花束
Puuのぼちぼち
休日style
Poco・a・poco 的 花子ママ
甘いしあわせ
しっぽのつぶやき
ばーさんがじーさんに作る食卓
玲舫's Blog!
【匠のデジタル工房・玄人専科】


我が家のもう一匹のペット
コモン・マーモセット(手のひらサイズのお猿)の成長記録


旅行のクチコミ・価格比較はトリップアドバイザー


------------------------
勧誘・商用・アダルトサイト等のコメント・TBは内容の如何に係わらず即削除させて頂きます。


※通知無く、半年以上の更新が無い場合は、一旦リンクを外させて頂いております。再開されましたらご連絡いただければ幸いに存じます。


※当ブログに掲載のお店やスポットは、あくまでもその当時のものです。
営業時間の変更や休日、また閉店、閉館等につきましても、改めて訂正は行っておりませんので、ご自身でご連絡の上ご確認下さいますよう、宜しくお願い致します。

画像一覧

カテゴリ

全体
日帰りお出かけ
神戸市内の紹介
関西の謎
最高だね
グルメのお話
ペットのお話
あ~、無理
趣味の世界?
疑問に思うこと
うちご飯
カフェ&レストラン
些細な事・事件?
西国33箇所巡り
占いやら暇つぶしなど
旅行
新西国霊場巡り
ご挨拶
釣り・キャンプ
ドッグカフェ&犬同伴可
おもてなし?
兵庫県内の紹介
旦那様のウンチク物語
四国88箇所参り
箱物施設など
近場お散歩
京都・大阪・奈良
お知らせ・情報
海外旅行
体験・見学
なんちゃってお料理教室
リフォーム&DIY
面白ネタ?
コンパクトキャンプ
ダンナご飯
コモンマーモセット
お弁当
近畿三十六不動尊霊場会
未分類

タグ

(1099)
(763)
(663)
(581)
(563)
(536)
(516)
(501)
(401)
(336)
(325)
(307)
(289)
(183)
(181)
(169)
(88)
(45)
(32)
(29)
(22)
(9)
(4)
(4)
(4)
(3)
(2)
(1)
(1)
(1)

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
more...