小豆島でのキャンプ 3日目

キャンプも3日目、私たち夫婦は最後の夜をここで迎えます。そしておにぎりさんご夫妻は、夜の
フェリーで一足先に帰路につきます。
仕事の都合でもう一日休むことは出来ずに、後ろ髪を惹かれる気分での最終日です。

まずは朝ごはん、昨日の残りのローストビーフを、ピタパンに挟んでかぶりつく・・・予定だったのですが
なんと朝起きたら、ローストビーフが行方不明。寝る前にクーラーボックスに仕舞い忘れ、流し台の
上にアルミホイルに包んだまま放置してしまった。
でも、アルミホイルで厳重に包み込んであったし(最後は直火に放り込んで、ワイルドに焼いたので)
熱を持ったままだといけないと、そのまま置いてしまったのでした。
ホイルの包み紙は、破り捨てた様子も無く、そっくりしていたので、最初は旦那様が、暖めてでも
いるのだろうかと思ったのですが、確認すると「知らない」という返事。
ホイルだけか流し台の下に落ちていたそうなのである。

ベーコンに引き続き、ローストビーフまでか!?
「犯人」を想定するも、なかなかしっくりする「やつ」が思い浮かばない。
猫にしては、あまりにも常態が良すぎる。ホイルに牙の痕が全く見受けられない。それにかなりの量。
全部食べきるのは無理に違いないのだが・・・・。
では野良犬?それもやっぱりあまりにも綺麗にホイルを剥ぎ取りすぎ。考えられない。

そんなことを話し合っていると、おにぎりさんご夫妻の登場。
ローストビーフのサンドイッチを楽しみにしていたようで、無いのが解るとビックリ・ガックリ。
昨日と同じハムの挟んだピタパンを食べて、仕方なく釣り支度です。
女性陣は、昨日焼いておいた、はらすをご飯に乗っけて、出汁をかけたお茶漬けで朝ごはん!
これが美味しくて、消えたローストビーフのことは、すっかり頭から消え去りました。

青い海の向こうに、半島の先端が見えます。そして島の手前には小さなボートが漂って。個人用の漁船かも知れません。穏やかな静かな海です。 朝食後は、全員揃って釣りにGO!
 場所は、昨日うろついて見つけておいた
 観光客の全くいない小さな小さな港です

 海岸のすぐそばまで車で行くことが出来
 ここはちょっと穴場かもね。
 しばし釣りは忘れて景色を堪能です






紺碧の海に突き出した突堤。地元の方でしょうおじさんが二人釣竿を出しています。一人の方は、今釣れたようで、魚から針を外す作業をしているようです。海の向こうには山間が広がって、のどかな海の風景です。
私たちより先に地元の方が竿を出していました。このお二人は、サヨリを狙っての釣りのようです。
時折、キラキラッと光るサヨリを引き上げていました。


突堤に係留されている二艘のボート。穏やかな綺麗な海にその姿を映しています。向こう側が岸辺のようで、小さなビーチが見えます。ビーチのその向こうには小高い丘が見え、まるで絵葉書の中のようです。
小さな港?何艘かのボートが係留されていて、ひとつは私たちが釣りをしている最中に出港。
そこらに釣りに行くようです。これを「見ていた旦那様、しきりとボートの免許を取るか~とぼやく。
あのね、ボートの免許は簡単に取れるだろうけど、ボートの維持は無理よ!まあ夢見るだけなら
タダだから、まいっか♪
とにかく、海は最高に綺麗で、自前のボートを飛ばせたら・・・・なんてやっぱり考えちゃうわよね~

釣り上げられた魚。白っぽい背中に二本の黒いラインが入った魚です。 で、釣りです、釣り。
 ビギナーズラックというのは、まさに
 こういうものだ!!という見本。
 おにぎりさんお一人、入れ食い状態

 仕掛けをして、餌をつけ、投げてあげて
 はい、と持たせると「あーーー!!!」
 との叫び声。
 これにはおにぎり夫はもうてんてこ舞い
 で、自分の竿にはさっぱり(笑)
 「これじゃあ俺が釣りできないよー」と
 嘆く、嘆く。

コバルトブルーの海の色に映えるカワハギ。釣られて無念?そうに目を剥いています。ちょっと大き目のカワハギです。 挙句にやりましたよ、おにぎりさん!
 ずっとベラばっかり釣り上げてたけど
 やや大ぶりのカワハギをゲット!!

 私もキスの大ぶりなのとか、同じく
 ベラなどを釣って、男性陣は殆ど
 ボウズ(笑)
 これじゃあ、大名釣りの私たちは楽
 だけど、さすがに男だけにしてあげようと
 私たちは、先にテントに引き返す。

 でも、その後は何も釣れず・・・・ぷっ


結局釣果は女性の竿のみの獲物。こんなことってあるんだな~と、苦笑いの男性陣でした。
で、釣りが終わればお腹が空くというものですね。小豆島の名産品、そうめんを食べに、いざ出発。
大き目の桶に入った素麺。彩りにきゅうりとさくらんぼ、千切り玉子焼きが一緒に。その左隣に焼きおにぎりが二個と、素麺の漬け汁、薬味が添えられています。ブルーの丼に入ったこびきうどん。具は揚げとわかめ、ネギと紅葉の麩が乗ってます。やはり隣に焼きおにぎりが2個添えられています。

素麺を作る途中「小引(こびき)」という工程で乾燥させたものを「こびきうどん」、そうめんを干す時に
できる上と下のくるっとした部分を「ふし」といい、これもまた素麺とは一味違うおいしさ。ということで
私はそうめんセット、旦那様はこびきうどんセットを注文。
そして、このお店で販売していた、すもものソフトクリームも堪能。このソフトとっても美味しい!
このほかに、小豆島は佃煮も名産。そしてそうとくれば佃煮のソフトクリームなるものも。
私はこれは味見しませんでしたが、おにぎりさんはちゃんと味見したそうです。
名産といえば、一番の有名どころはやっぱりオリーブですね。
当然、オリーブのソフトクリームも味見完了。これはしっとりとしてなかなか美味しいソフトでした。

古ぼけた味のある板看板。上には二十四の瞳、下には岬の分教場と文字が貼り付けられています。 この後、二十四の瞳の校舎へ出向き
 観光客らしい一日を過ごす私たち。
 あまり大きな建物ではなくて、ほんとに
 こじんまりとした校舎です。

 入場料300円を支払って中に入ると







いかにも昔懐かしい教室という風景。木の二人用のくっついた机に、木の椅子。古い黒板の上側に木の三角定規などが吊るしてあります。教壇も端っこの先生の机も黒光りした木製です。窓も木枠でガラスも昔風のガラスが。 こんな教室が・・・・。
 なんかとっても懐かしい。
 私の卒業した小学校の校舎は、2年生
 のときに火事で消失。その後近代的な
 鉄筋コンクリートの校舎になってしまい
 ましたが、それまでは、かなり古い木造
 の校舎。
 こんな風景が記憶の片隅に残ってます
 すっかり忘れていた、1,2年生の担任
 の先生の顔まで思い出して・・・・



先生の机の壁側に、子供たちの描いた絵が貼ってあります。時計や小道具類も昔のままで、ふと時を遡ってしまいます。ピアノではなく、オルガン。椅子も古ぼけた箱型の椅子が置かれています。扉が開けてあって譜面が乗せられています 













教室の前の端にかけてあった黒板。中には・・・田浦分校さようなら<br />
しょうわ四十六年三月二十四日・分校とおわかれの日が来ました。わがままなわたしたちを、いつもあたたかく見まもってくださった校しゃ校てい、やさしく、つよく、みちびいてくれた先生方、らいひんのみなさま、おとうさん、おかあさん、ありがとうございました。と書かれています。
タイムスリップした気分を味わいました。黒板にかかれたお別れの言葉に、自分の小学生の頃を
思い出し・・・・え?そんな頃あったのかって?・・・・・ありましたのよ、私にも(笑)

小さな港の風景。道路のすぐ脇に港が隣接しています。小さな漁船が何艘が係留されています。入り江の向こうには、岬の先端が。キラキラ水面が光って海というよりは湖のようです。
外へでたら男性陣がおりません。どこに?と思ったら目の前の港チェック。全くもう釣りの事しか
考えてないんだから・・・・・
それにしても、島の周りはどこもこんな雰囲気。穏やかで綺麗な海。ほんとに静かで良いところです
おにぎりさんの旦那様曰く、俺はここで暮らす!となってしまうのも、うなずけますよね~

トラ猫が何かを咥えて、背中を向けて向こうへ足早に歩いていく様子。咥えた獲物の大きさに満足なのか、その姿は威厳さえ感じられ・・・。 で、思わぬところでお魚咥えたどら猫
 発見!!
 必死でカメラを取り出し、狙いを・・・・
 うう、殺気を感じ取ったようでそそくさ
 逃げていってしまいました。
 あじの干物を咥えていましたよ。
 これを見た旦那様、おおよくやった!
 ・・・・・・・・・・
 去っていく背中に、我が家のロースト
 ビーフを盗ったのは、お前の仲間か?
 聞くも当然返事は無し。
 ・・・・・当たり前か・・・

ちょっと長くなるので、後半はまた後日に。小豆島の素敵な風景をご紹介しますね。

で、飛ばして、この日の晩ご飯。
夕方遅く、おにぎりさんご夫婦は、名残惜しそうに小豆島を後にしました。
囲炉裏端の風景です。燃える炭火の上に釣りされられた網、その上に黒光りしたダッチオーブンが。さてさて中味は? でもって、我が家の旦那様はまたもや
 釣りへ。
 今度は日没の釣りを楽しまれ・・・

 おいてきぼりの私は、一人で火を起こし
 残り野菜と、チキンをお鍋に放り込んで
 カレーを作成にかかりました。
 さすがに明日は平日。キャンプ場にも
 殆ど人影は見当たらずに、管理人さん
 までも、帰るとのこと。
 管理棟は無人となりました。

 昨日までの喧騒は嘘のよう、虫の声が
 大きく響く静かな夜となりました。





囲炉裏端に並べられたカレーライスと、カワハギのお刺し身の乗った真っ赤なプラスチックのプレート。ちゃんと肝と和えた漬け醤油も一緒になっています。 朝、おにぎりさんの釣ったカワハギは
 こうして前菜となり・・・
 カレーとはちょっと不釣合いでしたが
 美味しい晩ご飯となりました。

 でかしたぞ!おにぎりさん!!







網の上で串焼きにされている魚。一見鮎の塩焼き風に見えます。こんがり焼かれあめ色の焼き色がついています。 で、この日のデザートは、やっぱり
 おにぎりさんが山のように釣ったベラ
 軽く塩をして、鮎の塩焼きならぬ
 ベラの塩焼きにして頂きました。
 マルキン醤油でかった、さしみ醤油
 これがとっても美味しかったので
 勿論お魚にもかけて食べました♪

 残った魚の残骸は、野良猫の餌に放置
 朝見たら無くなっていたので、しっかり
 ご賞味になられたようですね。


釣りキチ君の日没の釣りは釣果ゼロ。寂しいキャンプ場に愛妻?を放置した事だけが、ずずーっと
これから先尾を引いて、たぶん思わぬしっぺ返しを食らうことになるに違いない・・・・
そんな恐れを抱いた目をしながら、小心な釣りキチ君は、最後の夜を串焼きの魚に齧り付きつつ
終えるのであった。
by mamicha2 | 2006-10-14 17:26 | 釣り・キャンプ | Comments(7)
Commented by bakuga at 2006-10-14 21:48 x
小豆島っていいとこですよね。
昔、友達と2泊3日くらいで遊びにいって、少しだけ釣りしてあとは民宿で飲んだくれてたの思い出しました。
もっと色々観て回ればよかった・・・
Commented by cyberumt at 2006-10-15 01:09
小豆島もよいところですね。でも、
お肉がなくなるジンクスができてしまいましたね。
ネコは牛を食べるのでしょうか?
ライオンなら食べますね。
えっ、私のほっぺにローストビーフのタレが付いてるって?
Commented by siho306 at 2006-10-15 07:27
とっても楽しそうなキャンプ生活、涎を流しっぱなしで読んでます。イイナ、イイナ!!
Commented by mamicha2 at 2006-10-15 14:25
★bakugaさんへ
ほんとに、ここは良いところですね~
海と山と、どちらも堪能できる素敵な島です。何より海の綺麗さが
群を抜いていました。
3泊4日でも、もっとあちこち回れば良かったなぁと、そう思います。
また行かなくっちゃ!
Commented by mamicha2 at 2006-10-15 14:26
★umtさんへ
うむむ、犯人はumtさんだった!!??
ってことは・・・・・umtさんはひょっとしたら・・・・・ぷぷぷ
Commented by mamicha2 at 2006-10-15 14:31
★siho306さんへ
キャンプの疲れが後から出てきて・・・歳なんだわぁと実感。
画像の説明が後回しになってしまってますが、ちゃんと後でつけますね。

キャンプはとっても楽しかったですよ~。次回は仲間入りしませんか?
Commented by おにぎり at 2006-10-16 12:07 x
こんにちは!  おにぎり@入れ食い女王です。ぷぷぷ。
お魚くわえたドラ猫〜♪のリアル写真、笑ってしまいました。
今日び、「ありそうでないもの」のひとつですもんねー(笑
今度から小豆島でコレ見たら翌日は晴れる!ってことに…ならないか。

ところで、24の瞳の黒板ですが、、あれっこんなのありましたっけ? 
どこに????(;
名前
URL
削除用パスワード


神戸に暮らし始めて14年、馴染むまで一役も二役も買ってくれた愛犬ラッキー。この街で一緒に年齢を重ねて今年で14歳に。一年でも多く一緒に過ごそうね。


by mamicha2

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

記事ランキング

検索

最新のコメント

ワンワン♪ なんていい..
by shallowsweed at 16:34
★umtさんへ 明けま..
by mamicha2 at 07:28
★まーやへ 和食だけの..
by mamicha2 at 07:23
★おおじさんへ 明けま..
by mamicha2 at 07:18
★marukosoltさ..
by mamicha2 at 07:13
★みーちゃさんへ 明け..
by mamicha2 at 07:09
あけましておめでとうござ..
by cyberumt3 at 07:29
お節いいね。来年はうちも..
by mahyah2 at 17:08
明けましておめでとうござ..
by おおじ at 11:10
あけましておめでとうござ..
by marukosolt at 06:47

最新の記事

飼い主を連れて初詣に行ったワン!
at 2018-01-06 11:32
元旦のディナーはお決まりのす..
at 2018-01-06 11:05
明けましておめでとうございます
at 2018-01-01 13:07
どうぞ良いお年をお迎えください
at 2017-12-31 23:02
買い出し、そして買い納め
at 2017-12-31 22:38
一度甘い顔をすると・・・
at 2017-12-29 10:01
わいわいと、今年も楽しいクリ..
at 2017-12-29 01:58
ラッキー君のカフェ納め?かな?
at 2017-12-26 18:43
メリケンパークに、わんこ連れ..
at 2017-12-26 03:29
桜の時期が待ち遠しいシーサイ..
at 2017-12-22 07:22

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ブログジャンル

近畿

フォロー中のブログ

ブーゲンビリアnote
おばば奇譚
結婚して西へ行くまで~西へ来た
毎日がバラ色? バラ色!
南横浜 潮風1丁目
気ままに。
南横浜 潮風3丁目
Cafe  すてきな時
マルコの気ままな日記
くま先生の滋賀が大好き!
NekoMinto
Lush Life
コモン・マーモセット(手...
おやぢふぁーむ菜園記
なのねこ夢気分
100yen*zakka
粉もん☆マニア
まるちゃんちの日常
革職人 TOSHI
My Dear Life...
そんなこんなで・・・
Life will be...
早蕨の京都暮らし
夫婦でIターン!漁・猟師...

エキサイト&他ブログ

うさオトン日記
テンと愉快な仲間たち
レイコさんの鹿児島日記
飛び出せ Kitchen ♪
MUSUCARI DAYS
新 残夢三昧
片手にピストル心に花束
Puuのぼちぼち
休日style
Poco・a・poco 的 花子ママ
甘いしあわせ
しっぽのつぶやき
ばーさんがじーさんに作る食卓
玲舫's Blog!
【匠のデジタル工房・玄人専科】


我が家のもう一匹のペット
コモン・マーモセット(手のひらサイズのお猿)の成長記録


旅行のクチコミ・価格比較はトリップアドバイザー


------------------------
勧誘・商用・アダルトサイト等のコメント・TBは内容の如何に係わらず即削除させて頂きます。


※通知無く、半年以上の更新が無い場合は、一旦リンクを外させて頂いております。再開されましたらご連絡いただければ幸いに存じます。


※当ブログに掲載のお店やスポットは、あくまでもその当時のものです。
営業時間の変更や休日、また閉店、閉館等につきましても、改めて訂正は行っておりませんので、ご自身でご連絡の上ご確認下さいますよう、宜しくお願い致します。

画像一覧

カテゴリ

全体
日帰りお出かけ
神戸市内の紹介
関西の謎
最高だね
グルメのお話
ペットのお話
あ~、無理
趣味の世界?
疑問に思うこと
うちご飯
カフェ&レストラン
些細な事・事件?
西国33箇所巡り
占いやら暇つぶしなど
旅行
新西国霊場巡り
ご挨拶
釣り・キャンプ
ドッグカフェ&犬同伴可
おもてなし?
兵庫県内の紹介
旦那様のウンチク物語
四国88箇所参り
箱物施設など
近場お散歩
京都・大阪・奈良
お知らせ・情報
海外旅行
体験・見学
なんちゃってお料理教室
リフォーム&DIY
面白ネタ?
コンパクトキャンプ
ダンナご飯
コモンマーモセット
お弁当
近畿三十六不動尊霊場会
外ご飯
未分類

タグ

(1116)
(783)
(707)
(600)
(591)
(581)
(524)
(521)
(418)
(354)
(348)
(327)
(292)
(188)
(181)
(170)
(90)
(45)
(32)
(29)
(25)
(8)
(7)
(5)
(4)
(4)
(4)
(3)
(2)
(2)

以前の記事

2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
more...